聖闘士星矢 ハーデス編を改めて見る

星矢Ωの小西ソウマ見ながら、小西一輝もまた見たくなって、ちょっとレンタルし直してみました。

 星矢のアニメシリーズにはアニオリを含むいくつかのまとまったエピソードの流れがあって、
・ギャラクシアンウォーズから暗黒聖闘士戦。
・白銀聖闘士戦から聖域へ
・黄道十二宮編
・ポセイドン編
 原作でTVアニメになったのはここまで。原作はこのあとハーデス編の連載が続き、少年ジャンプでの連載はハーデス編までが区切りになった。ここまでは四半世紀前の話
 連載の最後の部分のハーデス編がOVAになったのは2000年代になってから、のようだ。私はこのころアニメから離れていたのでハーデス編の映像化は全然知らなかった(^_^;)
 担当声優が森田組に交代したのは2005年、ハーデス編の途中からだ。十二宮編までは古谷星矢。ハーデス冥界編から森田星矢。
 しかしこのハーデス冥界編って、タイトルの順番がわかりにくいんですけど、どうして通し番号でつけてくれなかったのだろう?
冥界編前章1、2,3
冥界編後章1、2、3
エリシオン編1,2,3
という流れになっている。こうしてみるとハーデス編は、ハーデス十二宮編と合わせて、ディスクも話数もけっこう続きましたね。完結して本当に良かった。

 レンタルとかamazonとかのレビューは私怨としか思えないの散見することもあるけど、配役についていえば、これが絶対正しいというものはない。なぜなら「原作のコミックには音はついてない」からだ。アニメ作る人やファンの解釈の問題だと思う。
 私はこの配役変わった事は、2008年になってから知った。え?変更したの?びっくりはしたけど、どっちかというと「もう四半世紀も経っていたのか(^_^;)」という時間の経過の方がショックだった。そして元星矢ファンの私よりもうんとわかーい声優さんになって、そう、元はみんな年上だったんだぜ(^_^;) すごい新鮮な気持ちになった。私は自分が歳取ったことを素直に認めましたよ。
 ただ古谷星矢のアニメからファンになった人には、全然違う森田星矢は受け入れがたいというのはわからないでもない。私は星矢は原作派だから、森田さんの声は星矢の絵柄には合ってると思うので、拒否感がなかっただけかもしれない。正直、別に文句いうほど悪くないし、と思ったし。でも私が配役決められるなら、星矢やってほしかった声優さんは他にもいたかなってのはあるけど、総じてまあこれおkと肯定的な意味で思っている。

 小西一輝が登場するのは、冥界編前章3と後章1、あとはどこだっけ?エリシオン編?(一輝は他のシリーズでも出ずっぱりというキャラではない)
 冥界編の途中でいきなり出てくる一輝だけど、ここ堀一輝の雰囲気にそっくりなので、最初見たときびっくりしました。
 一輝って実は、強いのか弱いのかびみょーなキャラ。連載で読んでると、いい場面で大見得切って登場してかっこよく敵をぶっとばす、次号につづく、となるのでなんとなく一輝って強い、というイメージがすりこまれているんだけど、全体の流れでみるとそうでもなかったりするかも(^_^;)

 さて、ハーデス冥界編+エリシオン編について、私はセル盤の方は知らないので、レンタル盤の映像特典について。
 冥界編の前章の3枚はスタッフインタビューが収録されています。あとバンダイの担当者も。
 冥界編後章には黄金聖衣のキャラ紹介。後章3でMarina del rayのインタビューを収録。
 エリシオン編には声優インタビューが収録されています。私はこのタイミングはちょっと遅いんじゃないか?あるいは収録順逆じゃない?って思ったりしたんだけど、2005年の当時ではみなさんどんな評価の声優さんだったのかしら。製品版ではどんな映像特典だったのかもちょっと気になるわね。
 エリシオン編1では、森田、三浦、粕谷の3人にそれぞれインタビュー。エリシオン編2と3は小西、櫻井を含めた5人が、作品について自分の役について、同僚の声優さんについて、それぞれに語っています。(座談会ではないです)このインタビューで粕谷瞬が新人だったことがわかります。このインタビューをもっと早くにお披露目した方が、アンチみたいな昔星矢ファンの見解も多少違ったんじゃないかと思います。まだ見てない人は、とりあえず声優インタビュー目的のためだけでも見ましょう。

 改めて見て一番思ったのは、車田の絵って華があるなあ。荒木伸吾のキャラデザも、車田の絵の特徴をうまくそのまま再現している。聖衣も硬質な質感をだすために線が多く(ほぼ原作どおり)、低予算だったわりには作画に負荷をかけた作品だったのね。
 ただハーデス編の話が面白いかというと、それはなかなか微妙に思う。途中でエピソードの断絶感があって、少年ジャンプの連載ってそういうところがあるけど、私はOVAで見るまで話をほとんど忘れていました(^_^;)
 小西一輝も見納めか…と思っていたら、PS3「聖闘士星矢戦記」で再び小西一輝様に会えたので、私はとても嬉しかったです。
 オメガには……小西ファンの勝手な言い分ですが、小西一輝じゃないなら出てこなくていいです(^_^;) まあファンなんてこんなものよ。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://birdscramble.blog116.fc2.com/tb.php/1493-4da89164
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

まとめtyaiました【聖闘士星矢 ハーデス編を改めて見る】

星矢Ωの小西ソウマ見ながら、小西一輝もまた見たくなって、ちょっとレンタルし直してみました。 星矢のアニメシリーズにはアニオリを含むいくつかのまとまったエピソードの流れがあって、・ギャラクシアンウォーズから暗黒聖闘士戦。・白銀聖闘士戦から聖域へ・黄道十二...

  • まとめwoネタ速neo
  • 2012.05.21 08:20

ブログ内検索

カテゴリー

プロフィール

正岡

Author:正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ。
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

おともだちリンク

ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © 正岡