ジョジョの奇妙な冒険

ジョジョ談義
 ジャンフェスで等身大の露伴を見てから、なんかもやもやが止まりません。
 何を隠そう、私はジョジョ連載第一回からジャンプで読んでいて、途中離れたりまた戻ったりしながら連載を読み続け、OVA版を買ってそのあと原作をイッキ買いして、荒木信者になったという、けっこう長い長いおつきあいの作品なのです。その自分の中の歴史が走馬灯のようにいろいろと湧き上がって、ちょっと変な気持ちになっていました。

 「ジョジョの奇妙な冒険」は週刊少年での長い連載で愛読者も老若男女年齢層も幅広く、独特の絵柄もあって、知名度は相当なものだと思います。しかし長い物語ゆえにちゃんと通しで原作を読んだことがある人は案外少ないかもしれない。というわけで、これ読もうかどうしようか迷ってる方にはぜひおすすめしておく。全部買えとは言わない。マンガ喫茶とかレンタルで読めばいいと思います。
「ジョジョの奇妙な冒険」のすごいところ
・荒木飛呂彦の絵が上手い
・ストーリーがおもしろい
 絵柄は、はっきりいって当世流行りの絵柄じゃないです。それと上手い下手は関係ない。上手いんですよ、この、なんだろ、動いているんですよ。同じ絵柄のマンガ家が二人といない!これもすごいところだと思います。
 そして、ジョジョを読むと、ストーリーマンガというのはこういうものだ!と感動すると思います。例えばもしジョジョが全然違う絵柄だったり、実写だったりしても、お話の面白さは変わらないと思います。ジョジョは格闘技マンガじゃあないです、絵柄で怖そうなイメージがあるかもしれないけど、お話が面白いんです!

一番人気?第3部連載中に私はハマりました
 たぶん商品展開を見るに、第3部が一番人気があるんじゃないかと思います。私は連載中にここでハマりました。
 当時、何か別の連載が目的で(星矢?スラダン?)毎週ジャンプを買っていたんです。ジョジョは第3部のエジプト行きのあたりをやっていて、女教皇のとこですね。承太郎があの仏頂面で「恋に落ちるかも」と答えたあれ。あのシーンで、このマンガはただものでわない(^_^;)と感じて、この世界にドドドドドドドとハマって行きました。
 私は花京院が好きでしたね。トーン貼りの長髪、会話がですます体、非力だけど特殊技に特化、少年ジャンプの美形キャラのテンプレどおりのキャラなので、そりゃハマります(^_^;) だから花京院が死んだときはけっこう悲しかった記憶があります。
 このシリーズのお話の面白いところは、修行して強い方が勝つ、というお話じゃないところです。スタンドで一番強いのは多分スタープラチナやザワールドだと思うんですが、力の激突で決着をつけたのはこの両者だけじゃないだろうか。他の戦いは騙したり見破ったり策にはめたり、裏の読み合いみたいなお話でそこはしびれました。印象に残ってるのはオインゴとボインゴ。デスサーティーン。あとあれなんだっけ影ふむと子供になっちゃうやつ、あれ面白かったですねオチも。

私はここが一番好きです第4部
 それで第3部でディオというラスボスを倒して、これでジョジョ終わったなと思ったんです。あれ以上の盛り上がりはもうないと思ったんです。第4部の主役の子って、承太郎以上にかっこいいとは思えなくて……とか思っていたら、これが超面白いですよ第4部! お話が面白い!というのはこういうことなんだわと思いました。シリーズ開始早々にはまってしまいましたよ。映画にするなら絶対第4部だわ。
 岸辺露伴に惚れたのは、もちろん「だが断る」ここですね! この連載はしびれたな~。ここ何回も読み返したわ。これで主人公と仲良くなるかと思ったら、根性曲がりなので無理でしたね(^_^;)
 第4部は、日本のいたってふつーの平凡な小さな町が舞台で、非情にリアリティがあって面白かったです。台所、自販機、レストランといった日常的かつ生活感のあるものが物語に深く組み込まれていて、ファンタジーであってファンタジーじゃない。だからお話の怖さも、マンガの中のお話では終わらない怖さがあるんです。
 私、最近の露伴ものはまだ買ってないので、そのうちそろえようと思っています。

ジョジョアニメのこと
 ちょうどスラムダンクのTVアニメ化と同時だったのでよく覚えていますが、ジョジョの最初の映像化はLDのOVAでした。第3部のエジプトシリーズのあたり。ンドールからディオまで。LDでまだ持ってます(^_^;) 今となっては再生できないんですが。音響とか音楽がアメリカのスタッフで、これなかなか良かったんです。エンディングテーマがなぜか「誰も寝てはならぬ」で、私はついでにオペラとかにも一時期はまっていたりしました。
 その後、ジョジョ何周年かで第3部がOVAのシリーズになって、今レンタルにあるのはそれかな。だから後半のエジプト部分は実は先に作られたんですね。
 その後、劇場版ジョジョで第1部が作られたのですが、これが小西さんがジョナサンやってるやつですね。先にゲームがあって、その時ジョナサンは田中秀幸さんだったんです。アニメ化で小西さんになったんです。でもこれDVD化されていません。当時はまだ小西ファンじゃなかったのですが、あの時どんな不評でも映画館に行っておけばよかった……と今でも後悔しています。
 第1部は劇場版1本におさまるようなお話じゃないのですが……。たぶんOVA企画が二転三転してこういう形になったのだと思います。次に第一部が映像化される機会があったら、リメイクしてもらいたいです。

ジョジョ映像化について私は思う
 ジョジョの第4部とか映画化されないかなあ、などと思ったことはある。日本で映画撮るなら第4部だと思う。「岸辺露伴の冒険」とかちょうど映画一本分くらいの内容だし。などと夢見たこともありました。でもでも、気に入らない俳優だったら、イメージに合ってない俳優だったら、脚本監督が原作の良さをわかってなかったら……(^_^;)と考えるとちょっとやだな。
 だいたいにおいてコミック原作の映画化って、プロデューサーちょっと出てこい!と言いたくなるようなものになる。そもそもキャスティングからして、まあ大人の事情?とかあるのかもしれないけど、監督やプロデューサーの思惑どおりにならないものも多いんだろうけど、あの原作がどうしてこんな映画になるの?的なのはよくあることだ。
 でも実写は原作とは別物という割り切りができるから、期待半分みたいなものはあるです。
 アニメ化が一番怖いです。ジョジョ絵がどうやったらアニメ絵になるかってあたりでまずハードルが高い。ここまでのアニメ化は羽山淳一さんの絵で、原作とは似ても似つかないけどマッチョでかっこいいから私は違和感なかったです。問題はキャストかな……だいたいまあ上手ければいいやとは思ってるけど、私にも地雷に相当する声優とか役者はあるので、それが当たってしまったら終了になってしまうから、アニメ化はやっぱり怖いです(^_^;) アニメだと一度キャストが決まると20年くらいはそのままだから、気に入らなかったらずーっと気に入らないことになるんです。この点、実写なら10年後再映像化の時には違う役者になってるから、その方が後腐れなくていいような気もするなあ……

もし動画になったら岸辺露伴はどんな声か?
 原作には声だけはついてない。どんな声なのかは解釈や趣味の問題なので、絶対これが正解というものはない。それはわかっているが、自分の中ではこういうのだなあというのはある。いやあった。
 私は連載読んでいる時、露伴の声は難波圭一になってしました。脳内ボイスでこれが聞こえてくるんです。私、難波圭一目当てでアニメを見るほど好きだったわけではないはずだけど、今思い返すとけっこうファンだったのかもしれない。
 まあそれはだいぶ昔の話なので、今はどうなのかというと、この間試しに読み返してみたけどどうしてもこの声優さんに!というこだわりは特にないかな。上手ければ誰でもいいや。気に入らなかったら見ないだけのことだし(^_^;) しいていえば、福山潤とか特徴がある個性的で私好みの声だったらいいなと思う。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://birdscramble.blog116.fc2.com/tb.php/1417-669f8331
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

ブログ内検索

カテゴリー

プロフィール

正岡

Author:正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ。
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

おともだちリンク

ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © 正岡