ぬらりひょんの孫 -百鬼繚乱大戦- その2

1111242.jpg
1111243.jpg
ストーリーモードのエンディングスクロール
奴良組からのエントリーが少ないので
花開院は名前順が繰り上がり
 いやあ~他にもやりたいゲーム、まだ途中のケーム、あとちょっとというゲーム、いろいろあるのに、なんかこれはまってしまったよ(^_^;)
 序盤、とことんモードは一人バトルでさみしかったのですが、アイコン枠が全部子分妖怪で埋まるころになると、なんだかにぎやかで楽しいゲームに! なんか妖怪の主となった気分。よくできたシステムだと思う。

 バトルは
総大将(自分)
側近(原則ストーリーモードのあるキャラは側近に設定できる。常に画面上にいて○ボタンで攻撃。攻撃&防御時ボイスあり)
子分(バトル画面での左下アイコンに格納。ゲージがたまると自由に発動できる。弱い妖怪ほど簡単に発動できて、強い妖怪は出す機会が限られる。ボイスなし)
の3つのキャラを駆使して戦うのですが、これが楽しい。だってキャラゲーですよ。好きなキャラを組み合わせてチーム作れるわけなんですよ。
 花開院家を例にとれば、各モードで選択操作できるのはゆら、竜二、秋房の3人。マミル、秋元、おじいちゃんなど他の面子は子分カード扱い。
 キャラによって多少有利不利はあるかもしれない。でもドラゴンボールほどキャラの能力差はないと思います(^_^;) 私はもちろん竜二ひいき(^_^;)
 
 ストリーモードは、どのキャラもけっこう面白いです。それぞれのキャラ選択でストーリーが違うので、同じ話を視点を変えてやるわけではないです。意外な人の意外な活躍や対戦などが見られる。基本的にちょっとおちゃめ。ストーリーモードをクリアすると、御褒美に大物妖怪を子分にできるのでがんばるぞo(^-^)o
 とことんモード、○○を3回発動しろ、とか、側近を使って勝て、とか、の条件バトル。けっこうむずかしいです(^_^;)
 つづく。
1111244.jpg
初登場。イタク、淡島の人間モード。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://birdscramble.blog116.fc2.com/tb.php/1400-57dc8d45
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

ブログ内検索

カテゴリー

プロフィール

正岡

Author:正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ。
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

おともだちリンク

ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © 正岡