バードスクランブル
正岡

おたくな奥様快楽通信

訃報 山口健

2011年11月11日
やおい&おたく談義 0
 昨日聞かされて、ぐぐってみたら事実でした。
 え?山口健て私よりちょっと年上程度、亡くなるなんて、まだそんな歳じゃないはず……
 検索したら、役者をやっている息子さんのブログやツイッターが出てきて、経緯などを語っていらっしゃいます。私、山口健さんにはお会いして長々とお話したことが一度だけあるのですが、ちょうどその今の息子さんくらいのお歳だったです。お顔よく似てらっしゃいます。お父上よりもハンサムかも。

 四半世紀も前のことなので、もう時効ですよね。そのころのことなどをφ(。_。)メモメモ



 声優さんにプライベートでお目にかかる機会なんてなかなかあるものじゃあないです。今のようにアニメイベントなんてなかった時代だし、声優さん を生で見る機会も滅多になかったです。だから私も別に山口健に会いたいとか思っていたわけではなく、アニメ「魁!男塾」を毎週見て、腐ったお友達と一緒に 同人誌作って、勝手に盛り上っていたのでした。男塾キャラ中で一番魅力に感じていたのは富樫でした。実際に原作でもアニメでも大事にされているキャラだと 思います。私も同人誌で富樫特集とかやったりしました。舞い上がっている時というのは怖いもので「そうだ、富樫の中の人にもファンレターとかも買いちゃ お、ついでに同人誌も一緒に送っちゃえ」
(よいこは真似しないように(-_-;))
 当時、声優とかよく知らないので、山口健?だれ?
 キャプつばの劇場版のエンディングクレジットで名前発見。
ゴンザレス 山口健
(え?富樫と声ちがくない?)
ブラックドラゴン 山口健
(やっぱり別の人だと思う…)
 NHKで放送したチャップリンの半生を描いたドラマの吹替に名前発見。え?どこに出てた? チャップリンのお兄さんの役?え?でもあれって少年役だったような…
 それでファンレター送り付けたのは、なんていうか富樫源次と山口健をごっちゃにしていたようなところもあるので(アニメ&声優ファンにはよくあること)、富樫ファンの思いをそのまま山口健あてのファンレターにしてしまったようなところはありました。
 もう時効だからいいですよね。お返事いただいたんです。同人誌面白かったよって。やおい同人誌のようなものは御存知で、それについては寛容な方だったです。
 それでですね、お会いできることになったんですよ。私は若い女の子ばかり10人近く誘って連れていって、山口健ファンのつどいのようなお茶会になりました。

 山口健さんは、たいへん背が高い人だったです。
 お酒がお好きで、しかも強い。最初に喫茶店のようなところで集まったときからビール飲み始めて、そのあと同業者が集まる居酒屋さんのようなところへ移動したのですが、そこでもしっかり飲んでいました。
  それでいろいろお話を聞かせていただいた時の印象なのですが、私たちはファンなので、好き嫌いの領域でアニメを見ているんです。でも声優さんはもっとドラ イ。あくまで仕事。ファンがアニメキャラクターに抱くような思い入れみたいなのはない。長年同じ役をやりつづけていればそれはまた違うのでしょうが、一度 やったきりの役は覚えてなかったりします。というのも、一日に3本収録とかいうこともあるわけで、違う役を続けて3つやるとなると、今やった役をすぐ自分 の中から追い出して、次の台本読まなければいけない。声優はそういう仕事なのだ、という話でした。だからなんていうか、職人、なんですね声優というのは、 という印象を持ちました。声優という仕事そのものは好きでやっていることなんでしょうけど、与えられた役を演じるのは仕事だから、そこに好き嫌いみたいな ことを考えながらやってるわけじゃないのね
 家庭のお話も聞きました。当時すでに結婚されていて、お子さんが二人?とか言っていたと思います。こ ういう仕事だからなかなか家にいない(仕事のあと付き合いで飲んだりとか)から家庭サービスもしなくちゃ、とおっしゃってしましたが、そのとき話題に出た息子さんが、今役者をやっている山口清裕さんなんでしょうか。

 声優など同業者が集まっている居酒屋さんは、場所どこだったかまったく思い出せな いです。だって行った事がない路地を入って、道わかんなかったし。この時お見かけしたのは松本保典さん、大塚芳忠さん鈴置洋孝さんもいたような気がするんだけど、なにぶん四半世紀前のことなので記憶が風化している。大事なことなのに思い出せない。


 この時思ったのは、アニメキャラと声優は別物、ということ。もちろん理屈でわかっていたはずなのですが、実際に中の人に会ってみると、無意識に声優にアニメキャラのイメージを重ねていた自分に気付かされた。
 私は何度か経験があるのですが、キャラクターのイメージとか思い入れを大事にしたいなら、中の人には会わない方がいいと思います。キャラクターに抱いていた思い込みのようなものは絶対否定される。偶像はリアルには勝てないです。中の人が良い人だったらなおさらです。キャラファンじゃなくて、その声優ファンになってしまうからです。


気に入ったらシェア!

正岡
この記事を書いた人: 正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。蒼井翔太
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

コメント0件

コメントはまだありません