戦国無双談義

http://www.gamecity.ne.jp/sengoku3/emp/enquete/index.html
戦国無双3のキャラクター人気投票結果発表
 これはゲームショー前に戦国無双3公式で投票イベントがあって、それの結果です。
 結果について私の印象は「へ~そうなんだ?」。私がほとんどいじったことのないキャラクターばかり上位に来ているのはなぜなんだろう?(^_^;)12位までほとんどいじってないもん(^_^;) 私ってやっぱり少数派なのか?B型だしな(^_^;)
 まあ、ゲームの実際のところ、「キャラ性能」「使用率」「キャラ人気」「歴史上人物としての人気」と、投票行動はつながらないものがあるだろうか、一概には言えないものがあるので、人の評価はどうあれ自分が好きならそれでいい。ああ、でも、利家とか戦国無双3のWiiでは一度ははぶられているから、この先々心配だな(^_^;) 日参して投票し続ければよかったのかしら?私一票しか入れてないし。

最初の戦国無双
 私が初めて戦国無双というゲームに出会ったのは、無印戦国無双、PS2でしたっけ? それの発売当時です。先に三國無双が評判になっていて、でも私は三国志はそこまで興味なかったのですが、それの戦国史版が出ると聞いて喜び勇んで……記憶がはっきりしないですが、新品で買ったような気がします。最初の戦国無双は、MAP上に同時にふたつのミッションが現れてどのどちらを選択するか、あるいは結末どうなるかで、その次のステージシナリオが変化するゲームでした。つまり歴史のたらればを戦場でやっていたのです。具体的に言えば本能寺ステージ、信長が生き残るか討たれるかで、そのあとのお話が変化するんです。難易度はけっこうあったんじゃないかと思います。私途中で挫折して、全部クリアできませんでした(^_^;)
 この作品で一番違和感あったのは、くのいちでした。ほかの人物は全員歴史上実在した人なのに、くのいちだけななしです。しかもOPムービーにも登場したりして扱いは大きいんです。しかも!言葉遣いが微妙(^_^;) これ作ったスタッフはこれかわいいとか思ってるのか?表へ出ろ。とか思ってました。ひょっとして、元々は猿飛佐助かなんかのつもりだったのかもね。くのいちちゃんは結局戦国無双3では、ふつうに乙女ゲーに出てくるような女の子になってるので、歴ヲタ諸兄にはいまいち受けなかったのでしょう。
 猛将伝は買わなかったと思います。だってクリアできなかったんですから。

戦国無双2
 それからだいぶたって、何かのきっかけで「そういえば戦国無双の続編て出てるの?」と探したら、戦国無双2が出たあとだったと思います。中古でもあまり安くなってなくて、それで安かった戦国無双2Empiresを買ったところ……はまってしまいました(>_<) これは戦国無双2本家も買うしかない。それで戦国無双2+猛将伝パックを買いました。これはがりがり遊び倒しました。この時はまだ小西ファンになる前なので、戦国無双の世界のどのキャラが好きという思い入れはなかったのですが、私はそれ以前に「国盗り物語」の明智光秀が好き(^_^)なので、光秀をいっしょうけんめいやりました。

戦国無双3
 戦国無双3の前に、OROCHIZの時すでに小西ボイス症候群だったので、ここで利家ばかりがりがりとやりまくっていました。それで再び戦国無双2の世界に戻って利家で遊び倒し、戦国無双3に至ります。

信玄謙信信長秀吉家康
 誰でも知ってる歴史上の有名人なのに、今回の投票では人気出なかったですが。
 私は元々三河者なので、信長秀吉家康が、ついでにいえば利家も、郷土の誉れであり、身近な歴史上の偉人です。私は若い時はもちろん信長が好きでしたが、歳をとった今になると家康にもシンパシーを感じるようになりました。長い内乱の時代を終わらせて新しい秩序を作ることがどれだけ大変なことか。
 戦国無双は史実を意外にしっかりとベースにしているので、特に信玄謙信信長秀吉家康は、たとえば謙信の寡黙さ、信玄の食えないおっさんな感じも、日本史わかってないと共感できないかもしれないです。ついでにいうと、三国志に比べて戦国時代の人物は資料も伝承もはっきりとあるので、史実に基づいてどうしても曲げられない人物のイメージがあると思います。信玄謙信信長秀吉家康はゲームに登場したときから、外見の印象がほとんど変わってないですが、それはコーエーのスタッフのこだわりを感じるところです。小学校の社会の教科書や偉人の伝記にでてくるような信玄謙信信長秀吉家康像は大事だと思います。

前田利家について
 今度レンタルで「利家とまつ」の総集編を見直してみようと思います。
 利家は、登場時とずいぶん印象が変わりました。ゆくゆくは大名になる男ですからね。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://birdscramble.blog116.fc2.com/tb.php/1358-2056efa0
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

ブログ内検索

カテゴリー

プロフィール

正岡

Author:正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ。
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

おともだちリンク

ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © 正岡