バードスクランブル
正岡

おたくな奥様快楽通信

戦国無双3Empires

2011年08月28日
↑戦国無双 0
ばっかやろー!一日来るのがおせーじゃねーか!amazon!
トレージャーボックスみたいな高額商品注文したのに、しかもamazonが受付開始した直後にすぐ予約したのに、発売日よりも着くの一日遅いってどういうこと? 戦国無双Z3の時は発売日に来たのに今回は来ないってどういうこと?
amazonのばかばかばかばかばか!他の物はともかく、小西物件については延着は許せない(>_<)

 というわけで(^_^;) 8月25日発売「戦国無双3Empires」。26日に到着していたのですが、いきなりどっぷり(^_^;)で更新遅れました。
1108280.jpg
はじまりはじまり
戦国無双3Empiresとは
 はい、まずこのゲームのご紹介。歴史シミュレーションでコーエーを有名にした「信長の野望全国版」。あれの合戦部分が「戦国無双」スタイルのアクションゲームになっている。つまり領国経営をシミュレーションゲーム、戦争を無双アクションゲーム、という取り合わせの歴史ゲームである。
 「戦国無双3Empirs」と3の数字がついているのは、「戦国無双3」のアクションやキャラクターを使っているという意味。もちろんシミュレーションも前作「戦国無双2Empires」とはいろいろ違いがある。

戦史演武と争覇演武
 今回から、2つのモードに分かれた。
 争覇演武は従来のEmpirs。好きな国を選んでそこからスタート、全国制覇を目指す。
 戦史演武は、特定の大名家を選んで、史実に則して展開していく。選べる大名は10家。前田家はないんだな…

戦史演武ちょっとプレイ
 初めて戦国無双Empiresをやる人には、私はこれはわかりやすくていいモードだと思う。
 史実に則して、という縛りがあるので「何年までに何処へ進攻する」のようなミッションが発生する。それを目標に内政や軍備を整える。
 シミュレーションゲームは自由度が高ければ高いほど、何をすればいいのかわからない、選択肢が多過ぎる、という曖昧さがある。その選択肢があらかじめ少し絞ってあるので、日本史に詳しくなくてもその時代の気分になれるのではないだろうか。
箱庭スタイルの領国経営
1108282.jpg
戦史演武の領国経営画面。右下にミッションが表示されている
箱庭が楽しい領国経営
 今回シミュレーション部分での一番の売りはこれ。
 シーズンごとに、使える経営コマンド回数が決まっていて、軍事、農政、商業、インフラなどに予算を割り振るのは、実はファミコン時代から変わらないスタイル。それをビジュアル化して、見た目にわかりやすく華やかに楽しく遊べるようになった。
 これがめちゃくちゃハマる。レゴでマイタウンを構成するようで楽しい。設置した施設は配置によって成長するので、これをこっちにおいてあっちにおいて、いや見た目は大事だからこっちはこうして……。ちなみに移動や配置替えはコマンドに入らないので、何度でもできるので、いじり放題(^_^;)
 戦争ゲームになんで経営シミュレーションがあるというと、戦国大名はつまるところ領国経営のエキスパートだからだ。戦国大名というのは軍人じゃない。戦さが強いだけでは生き残れない。お金がなければ武器兵糧を準備できないし、そして動員する兵隊は領民だ。めんどくさい経営を部下任せにするようなバカ殿は、あっというまに家臣に国をとられてしまいます。そういう時代なのです。
1108281.jpg
桶狭間前夜
イベントはフルボイス
 これはネオロマ以上かもよ(^_^;) キャラファン、声優ファンは買いです!
 戦史演武はたぶんイベントは固定。争霸演武は登用した大名や武将などによって、変化すると思います。
 それと領国経営モード、セーブ画面の上に「おきにいり」というのがありますが、ここを自分の好きなキャラを指定しておくと、領国経営中のご注進ボイスが好きなキャラの声になります。私はもちろん前田利家様です! キャラゲーさいこーヽ(^。^)ノ

 さて、私はこれから争覇演武に行きます。利家様に会いに……
 しばらく旅に出ます。探さないでください。

戦国無双3 Empires(通常版)戦国無双3 Empires(通常版)
(2011/08/25)
PlayStation 3

商品詳細を見る

気に入ったらシェア!

正岡
この記事を書いた人: 正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。蒼井翔太
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

コメント0件

コメントはまだありません