バードスクランブル
正岡

おたくな奥様快楽通信

セイクリッドセブン

2011年10月28日
↑小西克幸/アニメ 0
TVアニメ「セイクリッドセブン」2011年放送
 
110721.jpg
小西@研美悠士
 だいぶ前に公式サイトが開いてから情報がないままで、いったいどういう内容なのか全く想像がつかなかった。男の子が変身するらしいけど、メイド隊とかなんだ?女の子がやたら多いぞ?萌えアニメなのか?いやこの絵柄はちょっと違うよな?
 まったくの期待値0。でも小西さんが出演することはわかっていたので、どうせなら第1話からと思って見ました。
 これは当たりかも!
 まず主題歌がストライク。設定も話も面白そう。戦うメイド隊、なんか予想に反して萌えアニメとは違うようだった。全12話。

#12 セイクリッドセブン(2011.10.28)
 お話。研美悠二最後の戦い。セイクリッドのパワーを次々取り込んで融合していく研美は、元の形をとどめないモンスターと化していく。しかしアルマとの一騎打ちに破れた研美は死ぬ間際、すべての悪意の集めたパワーをフェイに埋め込んでしまう。暴走するフェイの巨大な力…
 感想とか。更新遅くなりました。最終回は普通の放送だったら二話分くらいのボリュームをぎゅっと圧縮してて、最終回にふさわしくアクションの多い回でした。だんだんモンスター化していく研美は、説明しながら笑いながら吠えながら、迫力満点でした。小西さんは多分こういう根っからの明快な悪役は初めて? 大人っぽいお兄様ボイスが持ち味なので、こういう役をやるのは珍しいので、本当に見てて楽しみでした。
 それにしても1クールに詰め込むにはもったいないような内容だったと思います。鎌倉観光やコミックやキャラソンなども出したのに、1クールはいくらなんでも短過ぎると思います。鎌倉観光。……設定も凝っていたし、この設定で仮面ライダーだったら1年やったんでしょうね。
 続き?が作られるらしいです。ナイトバージョンとか。また研美さんに会えるんでしょうか? 来年を待ちます。

1109153.jpg
#11 研がれたヤイバ(2011.9.15)
 お話。いきなりルリの身辺に警察の捜査が。ルリはケンミの手に落ち…
 いきなりの急展開。警察来たと思ったらいきなりお嬢様つかまってるし、居所みんなわかってるしケンミ黒幕ってわかってるし、ナイトはすでに動いているし。一週見逃したか?と思ったぞ(^_^;)
 このアニメって、元々は2クールで企画されていたのではないだろうか。それも一度は26話の台本に書かれたのを圧縮した、見ていてそういう印象がある。過去の出来事やセイクリッドの設定、アルマとルリのデート、オニ、メイド隊などの細かい作り込みなど見るに、1クールでは本当に出てきただけという感じでこんな使われ方はもったいなくて残念でならない。メイド隊など名前も顔も覚える暇なかった。
 今週は、ついに本性を現したケンミの陰謀と野望がすべて明らかに。小西ファン的には絶対にはずせない1本。録画3回くらいつづけて見ちゃったわ。小西さんの悪役ってあまり見たことないんですが、ようやくその望みがかないました。いい人そうに登場して、実は悪だった。生まれついての悪の大王ではなく、姑息で卑怯で卑劣、バトルスーツによって小者から成り上がった感がありあり。そんなかんじの悪。来週どうなる?いよいよ最終回。


(↓前の週までのお話はこちら)


#10 アオイ記憶
 アルマの戦う波動を受けて、アオイを包んでいた石が砕けた。石の中で時間が止まったままのアオイ。あの日の出来事とは…
 ルリの回想から始まるのですが、ルリだけでなくカガミの回想も同時に挟まれていて、またルリやカガミの与り知らないことまで、当時のことが天の視点で語られる。番組を見ている我々はここではっきりと確信する。ケンミは最初からすべてクロだったのだ。

#9 転石するイシ
 アルマの学園生活回。石部や教室の仲間、ルリやカガミたちとの人間関係が進み、みんなを守りたいという戦う強い動機につながっていく。アルマの別フォーム登場回。
 今週はアルマはピンチに陥るほどの凶悪なアシ二体出現。なんかすげー伝統アートなアシなんですが。どっかで見たことがあるなあ……たしかテントウキ……
http://www.kohfukuji.com/property/cultural/104.html
↑これですね。鎌倉時代の作だそうです。。

#8 マゴコロを込めて(2011.8.23)
 アルマとルリの噛み合わない気持ちと会話。鬼瓦が一計を案じ、二人きりで鎌倉を巡ることに。そこはアルマが子供の頃の一時期を過ごした町だった…
 という、アルマとルリのデート回。二人ともどっちも受けwみたいな人なので、手を繋ぐの繋がないのが中々進展しない。公式サイトにはアニメの中のデートコースが紹介されているので、鎌倉観光で行って見るべし。
  私も久々に鎌倉行ってみようかという気になっている。鶴岡八幡宮と鎌倉大仏は絶対行く。予習はした方がいいです。え?ここにあの有名な○○の墓が?これが 日本史の教科書に出てくるあれ?みたいな史跡が、目立たずにそこかしこにあったりするので。鶴岡八幡は上杉謙信は越後からここまで来ているんですね。
  ところで!本編中、ちらっと女SPのあの人が買い物を……いやそれじゃなくて、研美の執事のあの人、敵情視察もやっていた。やはり研美はクロなのか?先週 は新たなカードを切るとか行っていたし、やはりラスボス確定なのだろうか?(これもフェイクってことはもうないよな…)
 
#7 真実のヨシアシ(2011.8.23)
#6 ワンモアナイト
 ナイトと研美再登場回。物語が一気に動き出す。
 暴走するアシの力をコントロールするためには血清が必要なナイトは、やむなくルリを誘拐拉致する。研美の協力を得てナイトを捜索するアルマに、意外にも自ら接触して来たナイトは、あっさりとルリに引き合わせて告げる。研美研究所の実態を。
  いったいこれはどういうことなのか? ナイトが研美を憎んでいる理由はわかった。彼の言う自由のための戦いというのはそういう意味だったのか。では、視聴 者は今まで研美にミスリードされていたということなのか? あれ?それでは第一話からナイトが悪事をしていた思い込んでいたけど?あれ?
 しかし研美も女SPも本気のバトルで毎回まじでケガしている状況。彼らは一体何が目的なのか? 体を鍛え、バトル用のスーツを開発し、自ら戦う研美は、まるで自らが実験体のようですらある。謎はまだ尽きない。

#5 心のカガミ
#4 学園祭のオニ
  アルマ、ルリ、そして執事の鏡の学園生活を描く回。セイクリッドとしての戦いだけでなく、こうした日常生活の場がわざわざあるのは、アルマの過去や学校で の人間関係がきちんと描かれているからなのだ。アルマのちょっとオクテで無口な性格は、ここまでの人生の出来事に理由がある。ついでいうと、セイクリッド の力がコントロールできるようになって、たぶんアルマの心境の変化もあるのにちがいない。

#3 クレイジーナイト(2011.7.21)
 小西@研美悠士登場回。同時に謎の敵悪石・ナイトの素姓も明らかに。
  非常にきっちり組まれたシナリオで、様々な設定や人物関係などが細々とあちらこちらに織り込まれているのは、第2話と同じく。今週はアルマが変身する原理 の一端が垣間見えるが、変身する時使う宝石は消耗品なのね。先週「形見の宝石を使ってしまった」というのはそういう意味だったのね。(私、飲み込み悪いや つ(^_^;))変身するときにルリがあなたの記憶を私に…云々はどういう意味だろうなあ。
 そしてナイトの事情も出てきたが、しかしまだすべてが明らかになったわけではない。なぜ彼は悪石なのか?なぜ研美を殺そうとするのか?アルマとは同じ石の力を持った同士だが、彼は本当に悪なのか?
  研美悠士は……あやしい(^_^;) 服装もしゃべり方も、なんかいい人そうには見えない。変身後はこの人工的なコンバットスーツが一番かっこいいと思う けど。でも本当に信用するに足る人物なのか?なんか妖しいし、うさんくさい。執事?も女SPもなんかみんな妖しい(^_^;) ひょっとしてラスボス?  あまりに妖しいのは実はフェイクで正義の味方? つづく。
 公式サイトにお願い。ロケ地情報などをのせてほしいわ。涼しくなったら行ってみたい。OPにでてくる塔やトンネルはどのあたりなの? 鬼瓦グッズはどこで売ってるのかしら?

#2 ルリ色の絆
 細かいカット割りで30分がぎゅーぎゅー詰め。今週はアルマの過去と戦う決意、そして能力などがわかる。

#1 イシの目覚め(2011.7.6)
 いろいろ謎をはらんだまま強引にバトルに突入。セオリーどうりの第1話だ。しかし絵も良かったし、つかみはばっちりだろう。第1話を見た人はまちがいなく来週も見ると思う。
  謎や設定は来週以降少しずつ明かされるんだろう。なぜ主人公はあんな力を潜在的に持っているのか。ヒロインのお嬢様は何と戦っているのか?なぜ彼女の力で 主人公が変身するのか? アシとは何なのか?鬼瓦は何者? 第1話ではまったく説明がなかったが、場所と人物関係だけははっきりした。このお嬢様は超お金 持ちなのだ(^_^;)

気に入ったらシェア!

正岡
この記事を書いた人: 正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。蒼井翔太
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

コメント0件

コメントはまだありません