バードスクランブル
正岡

おたくな奥様快楽通信

ゴーカイジャーゴセイジャースーパー戦隊199ヒーロー大決戦

2011年06月12日
↑小西克幸/アニメ 0
映画「ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦」2011年公開
http://www.sentai199.com/

0609.png

 6/11封切り、スーパー戦隊35周年記念作品のこれ、さっそく行ってきました!

 お話。略!

 感想。おなかいっぱいです。あとからあとからあれもこれも詰め込んで、これ映画館の1時間半ではとても消化しきれない。あとでDVDでもう一回見ましょう(^_^;)
 年明けに公開された「ゴセイジャーvsシンケンジャー」あれはお話のまとまり感があって非常に面白かったのですが、あれにさらに人数増しの戦隊ヒーローとロボをがっつり上乗せした感じで、途中でストーリーはどうでもよくなるのはこの間見たライダー記念映画と印象は似ている。そうです、お祭りなんです、全員出てこい!わらわら。そういう映画です。

 みどころ。
・ゴセイジャーvsゴーカイジャー
・戦隊といえば名乗り&格闘アクション
・まだ終わらんぞロボ戦!
・映画館のよいこたち

ネタバレありなのでつづきはこちら↓




ゴセイジャーvsゴーカイジャー
 この部分は面白かったですね~お話。真正面から激突!と思いきや、意外になんでもありのゴセイジャー(^_^;) 共通の敵に向って、いつのまにか仲よくなってるイエロー同士とか、まともに話が通じる青ピンクとか、セリフは全部変化球の赤同士とか。面白かったです。
 でもここまでがっつり組み合って、冬のゴセイジャーvsゴーカイジャーの映画(Vシネ)はどうするんでしょうね。まあ、また撮ればいいか(^_^;)

戦隊といえば名乗り&格闘アクション
 雑魚兵相手のバトルの後は、今度は歴代ヒーローたち相手に、ゴセイジャー、ゴーカイジャーが戦う。
 まずは名乗り。そして色別に分かれて戦う。これが意外にボリュームがあって、もちろん見せ場の連続で見ごたえがあった。この映画の一番の見せ場だと思う。
 ちなみにゴセイナイト様は、序盤はキーチェンジャーが取り戻せなくてヘッダのままですが、この名乗りからのバトルには参加して、シルバー軍団をごぞっと倒します。

ロボ戦!
 まだまだ終わりじゃないぞ~。今までの戦隊ロボ全部出てきます。でもさすがに歴代ロボは着ぐるみでもCGでもなく、当時の映像のアプコン画像。そんなに気になるほどの画質ではなかった。でも1カットごとが短いので、どれがどれかわからない(^_^;) まあ、私は確実にわかるロボは、ダイデンジンとサンバルカンロボだけです。あとはどれがなんだかわかんない。ええもちろんゴセイナイトロボもわかりません(^_^;)

なつかしのゲスト出演

 最近の出演者はともかく、小さいお友達には顔がわからない俳優さん。あれはデンジブルーじゃなくてギャバン隊長、おひさしぶりです。春田さん、あの時代は変身前もアクションやったんですよね。みんなお歳を召してましたが、でも久々にお顔拝見できてうれしかったです。

映画館のよいこたち
 この映画、長いし、知らないのがいっぱい出てきてバトルばっかりだし、小さいお友達にはちょっとつらいんじゃないかと思うんですが、ですよね、途中で立って見てる子とか、もうちょっとで終わるからがまんできるね?とかお父さんに言われている子とかいたなあ。でもそういうもんだと思います。気にしないで映画館デビューすればいいと思います。

ついでに私の戦隊歴
 もちろん!ゴレンジャーから見てますが、チェンジマンあたりで見なくなって……毎年一応今年はこんな戦隊なんだふーんくらいはチェックしていたのですが、本編はほとんど見てません。それがガオレンジャーの劇場版をきっかけにまた復帰しましたのです。
 一番はまったのは「デンジマン」「サンバルカン」。サンバルカンのときは、わざわざサンバルカンショー見に後楽園遊園地まで行きました。
 復帰後にハマッたのは「デカレンジャー」「シンケンジャー」でした。「ゴセイジャー」はちょっと特別ね。

気に入ったらシェア!

正岡
この記事を書いた人: 正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。蒼井翔太
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

コメント0件

コメントはまだありません