バードスクランブル
正岡

おたくな奥様快楽通信

戦国無双3Z 濃姫の章

2011年03月18日
↑戦国無双 0
110318n.jpg
 濃姫の章です。
 やっとクリア(^_^;)(ふつうレベルで)これはきつかったなあ……途中何度も死んだし~最後の本能寺は何度もやり直す羽目に……。というのも本能寺ステージは時間制限が厳しく、もたもたしていると時間切れで負けてしまう。たしか階級21か2くらいで本能寺にたどりついたような気がするんだけど、最後の光秀が倒せない(>_<) どうしても倒す前に時間切れで。とにかく濃姫はちまちまちまちま威力がないのと、光秀の強さがやばい(^_^;) やり直ししながら相当経験値をかせいで、階級が24くらいになったら途中の武将も無傷で倒せるようになって、ようやく…ようやく……光秀とタイマン勝負に全力を注いで終わらせることができました。

 さて濃姫の章のお話。前に濃姫のお話があったのは、なんかもう忘れてしまいましたが、たしか最初の戦国無双では信長と濃姫は最初からオシドリ夫婦のような印象で登場していたと思います。信長の人生=濃姫もシンクロみたいな感じで。詳しい流れは全然覚えてないですが(^_^;)そういう印象だったと思う。
 今回はちょっと違うのね。ムービーシーンが断片的なのですが、台詞と合わせて読むに、政略結婚で織田家に嫁いできた濃姫には自分というものがなかった。派手な外見とはうらはらに。自分が何をしたいのか、どう生きたいのか、自分の意思で決めて嫁いできたわけではないし。しかし信長と共に進んできた戦いの中で自分が変わる。旅は本能寺で終わりではない。この先の地獄へも共に…
 そういうお話だったと思います。
 人物事典に濃姫の謎の生涯についても言及されていますが、やはり燃える本能寺が伝統的にかっこいいシチュエーションではあると思います。山岡荘八も司馬遼太郎も本能寺ですからね。

 次は森蘭丸。織田家ゆかりの人物からやっていきます。
 蘭丸、衣装がかわりました。下は短パンじゃなくて、西洋風のちょうちんブルマ。和洋折衷な衣装です。
110318r.jpg
 無双演武と平行して、創史演武始めました。もちろん前田利家様で。詳細はまた後日。

気に入ったらシェア!

正岡
この記事を書いた人: 正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。蒼井翔太
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

コメント0件

コメントはまだありません