バードスクランブル
正岡

おたくな奥様快楽通信

空に響くは竜の歌声

2011年01月02日
↑小西克幸/BLCD 2
BLCD「空に響くは竜の歌声」2010年
 ファンタジー☆☆☆
 恐竜ボイス?☆☆☆☆
 産卵の期待☆
 声優 小西克幸×遊佐浩二/近藤隆×遊佐浩二/安元洋貴×平川大輔(設定上は)

 お話。先祖が交わした盟約により、竜王の妃となるべく異世界に誘われた龍聖。彼を取り巻く王宮の人々、そして夫となる王・フェイワン。様々な出会いや事件を経て、龍聖はこの世界で生きていくことを決意する…

 新年最初の感想文はこちら。コミケ会場で聞くつもりだったけど、結局年が明けてからになってしまいました。
 さて、このタイトルはAtisレーベル初の試みで、商業誌でなく同人原作から起こした作品。かなり以前から制作がアナウンスされていたもので、キャラクターのカットとか見ながら「配役は誰かなあ」と予想したりして、実は小西ファン的には「これ、この役小西さんに来るんじゃないかな」と期待もしていた。(当たったけど。)
 キャスト予想としては、やはり新しいビジネスモデルとして失敗はしたくないだろう、だから鉄板キャストで来る、と私は思ったんです。もちろん失うものがないから実験的な試みとして冒険キャストもありうるとは思ったけど、二枚組だからそれはないかな。原作の知名度からいって、キャスト買い頼みになるんだろうなと思ったわけなんです。
 それで私のキャスト予想は、フェイワン小西とシュレイ平川は当てました。
 正直いって龍聖遊佐は、予想外な配役だったです。
 さて感想は……
・産卵がない!(^_^;)
・二枚組で話がきっちきち。だいぶ原作はしょっているんだろうけど。脚本の問題かな。
・近藤+小西で王様一人前。
・遊佐さんはやっぱり違うような気もする。いやいいんですけど。

 噂に聞く産卵と子育てはなかったです(^_^;) ナレーションひとつで、生まれたとか解説されたときは、iPodを握りしめる手が力入ってしまいました。期待していたのに……こういう難しい役をやってもらうための遊佐浩二じゃなかったの?

 物語はどこがヤマとは分かりにくい。龍聖と王のラブロマンスが平易な展開で、登場人物も多く、シュレイやタンレンの話に意外に時間裂いているし、BL寄りのファンタジー作品と思って聞く方がなじみやすかも。長い原作をはしょりはしょりエピソードをチョイスしながらの展開なので、脚本が苦労したのはわかるんだけど、モノローグが説明くさく長いのと、ここ説明要らないし…というところのナレーションは気になった。ことに、BL慣れしている出演者の面子なので、今何してるか息遣いだけで出せてしまうのね。例えばキスシーンなんか絶対説明モノローグいらんのにと思いました。
 近藤さんと小西さんではまったく別の人なのに同じ人格を演じる。でもそこが狙いか。近藤さんは口跡を何気に小西さんに似せてる感じ。小西さんは竜王、つまり人間じゃない役で、あまりにかっこよく人間離れしている感じがよく出てます。この超二枚目ボイスで卵の話など大真面目に語るたりが、異次元な感じがします(^_^;) 小西さんの登場はディスク2から。登場は半分だけかよ…とか言いながら、声聞いてすっかり竜王の花嫁の気分(^_^;) やっぱり私は今年も小西さんのBLCDを買い続ける運命なのだと思いました。小西さんのBLCDがなかったら心が枯れて死んでしまうと思います。(1枚目つらかった…近藤ファンごめんね)
 それで遊佐さんの龍聖。長い長い説明モノローグ、たくさんのセリフ、いろんな人との会話と気持ちの流れ。もちろんラブシーンも、何も問題なくどこが気に入らないということはないけど、でもこれは役違いという感じがする。「法医学者と刑事2」が待たれる(^_^;)

 龍の棲む異世界ファンタジーとうことで、音響がけっこうがんばったと思います。音楽、風などの風景の音、それと竜の声。竜の声はどんな風に入れるんだろう?と、私の想像ではゴジラvsキングギドラなイメージだったのですが(^_^;)(昭和ゴジラ世代)、なるほどこういう音できたか~。たぶん恐竜のドキュメンタリーとかで、こんな音を使っていたと思います。恐竜の声というのはよくわかっていないのですが、形や大きさなどで想像するとこういうものかもしれないです。

http://www.atis.cc/itemcatalog/atis062/

気に入ったらシェア!

正岡
この記事を書いた人: 正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。蒼井翔太
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

コメント2件

コメントはまだありません

みなみ遊  

今年もよろしくお願い致します。

待ってました!!(笑)

自分のブログではあくまで遊佐ファンとして、遊佐さんを褒めちぎって書いてるつもりなので(そうでもない時もある・苦笑)ここでちょっと本音を。

ごめんなさい。私も遊佐さんの龍聖はちょっと違うと思いました。
声質もそうだけどまさかあのトーンでくるとも思ってなかった。
結果としては高音で作ってくるより良かったと思いますけど、でも何かキャラ絵とも違うような・・。
でもって産卵シーンがない!!
そうなんですよ、これをはしょってベテランを使った意味はどこにあるんだ?
激しく同感です。

せっかく新しいレーベルですごい題材を使ったのにパンチ不足でした。そこは本当に心残り。

今年もお互いたくさんBLCDに貢いいきましょう!!
私も結局、BLCDだけは我慢できないわけです。はい。

2011年01月02日 (日) 12:06

正岡  

今年もよろしくお願い致します。

きゃぴきゃぴのぶりっこ遊佐ボイスじゃなくて、ナチュラルボイスなのは良かったとは思うんですが。
産卵なかったのは産む産む詐欺だと思いました(^_^;) なかなかない設定と展開だったのに。

今年は緊縮財政…とか思ったのですが、新年早々目標が崩れました(^_^;)
やっぱりBLCDがないと生きていけないです。今年もよろしくおつきあいくださいませ。

2011年01月02日 (日) 13:25