バードスクランブル
正岡

おたくな奥様快楽通信

リングにかけろ!

2010年09月18日
アニメ・特撮・邦画 0
リングにかけろ1 影道編 1 [DVD]リングにかけろ1 影道編 1 [DVD]
(2010/07/23)
森田成一置鮎龍太郎

商品詳細を見る


 本日のレンタルアニメの感想は、「リングにかけろ! 影道編」

 おせーよ!アニメ化。待ちくたびれたぞ。まさか日米決戦で終わっちゃうんか?(>_<)と、泣きながら待ってたのに、放送直に見られなくてレンタル待ち(>_<)
 わたくし「リンかけ」は、歳がばれますけど、ジャンプ誌の連載がどストライクの車田ファン世代です(^_^;) 少年マンガに胸を熱くする腐女子は私の世代から始まったのです。毎週ジャンプの発売日にそわそわしながら書店に突撃、当時はいい歳をした大人の女が人前でマンガを読むのは非常に恥ずかしいことだったのですが、周囲の目などどうでもよかった。あの熱い熱い思いをアニメ映像で再確認。それがこの「リングにかけろ」シリーズです。

 私がこのアニメを最初に見たのは……よく覚えていませんが、テレビ朝日の深夜放送の「リングにかけろ」。最初のやつですね。この番組を見つけたのが遅れたので途中からだったのですが、再放送でもう一度見ることができたです。
 翌年、日米決戦シリーズも放送され、スコリピオンやナポレオンも顔出ししていたので、ああ、これはやっぱりギャラクティカマグナムまで見られるのではないかo(^-^)oと大いに期待したものの、その後こんなに待たされることになるとは……!(>_<) ひどいよお。

 私、この原作が大好きでした。お嫁にくるとき実家に原作本置いてきてしまったので、今手元にコミックスがないのですが、あの場面、この場面、はっきりと原作絵を思い出せます。シャドウ編の玄武の間のブーメランフック!の絵もよく覚えています。はっきりいってこのシャドウ編、オープニング絵は悪くないですが、本編はちょっと絵に癖があって、キャラの顔が微妙。絵はしっかり動いているけど、止め絵があまり美しくないのが……いやいやいや、こうやってアニメで見られるだけでも嬉しいんだけど、でもやっぱり原作絵の迫力には何か及ばないのは、やっぱり私が今でも車田の信徒だからなのでしょう。私は今でも、日の丸に高嶺竜児、剣崎順……と名前を寄せ書きした絵を見ると、胸がじーんとします。
 でも、ものがボクシングだけにアクションはしっかりしてる印象はある。壁に当たって、床に叩きつけられるのとか、がっちりと重量感があって好みだわ。

 改めてシャドウ編のお話のことなど。
 この作品は今からざっと30年くらい前の少年ジャンプの連載です。日米決戦からのお話の流れを見るに、今に連なる少年ジャンプ格闘技マンガの原型であり、完成形だと思います。チャンピオンカーニバルで戦ったライバルたちが、全日本チームを結成し、さらに強い外の敵と戦う。戦う動機は善悪にはなくて、強敵と書いてトモと呼ぶ、強い者同士だけがわかりあえる関係。強い男は必ず人間ができているのである。またシャドウ編ではボクシングのリングという枠を取り払って、何か仕掛けがある闘技場をいくつも設定し、命がけで突破していく、というスタイルを作った。後の星矢は、リンかけで完成した型や要素を踏襲したものなので、星矢ファンでまだ見てない人はぜひぜひ見ておくべき作品だと思う。もちろん世界大会、さらにギリシア十二神戦までやってくれれば、なのだが(^_^;)

 キャストのことなど。
 おおむね、こんなもんでしょうと思います。最初にこの放送を見たときは、90年代半ばからアニメをほとんど見てなかったので、知ってる名前の声優さんは置鮎さん草尾さんくらいだったです(^_^;) 一番ストライクに来たのはシナトラさんだったです。外国チームのキャストもぼちぼち出ていますが、ああ、そうだ、ギリシアチームはまだ影も形もないですよね。誰がくるんだろうか? リンかけの制作がスタートした時点では、森田さんはまだまだ若手だったのですが、だんだん出世してきたわけで、ギリシアチームにはそれなりの格の声優さんが来るわけですよね。アポロとかゼウスとか。それも楽しみです。
 早く続き作ってね。

 シリーズ絶賛レンタル中。ぜひぜひ。

リングにかけろ1 日米決戦編 Round.1 [DVD]リングにかけろ1 日米決戦編 Round.1 [DVD]
(2006/07/26)
森田成一田中理恵

商品詳細を見る

リングにかけろ1 Round.1 [DVD]リングにかけろ1 Round.1 [DVD]
(2005/01/26)
森田成一田中理恵

商品詳細を見る

気に入ったらシェア!

正岡
この記事を書いた人: 正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。蒼井翔太
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

コメント0件

コメントはまだありません