バードスクランブル
正岡

おたくな奥様快楽通信

ファイヤーエムブレム20周年

2010年08月29日
ゲーム 0
20th Anniversary ファイアーエムブレム大全 (ワンダーライフスペシャル)20th Anniversary ファイアーエムブレム大全 (ワンダーライフスペシャル)
(2010/06/30)
不明

商品詳細を見る

 これ、買いそびれたっ(>_<)と焦ったけど、再版かかってようやくゲット。ファイヤーエムブレム20周年本、ということで、過去の全タイトルの全キャラ網羅の記念の一冊です。歴代のファイヤーエムブレムのファンでなければあまり意味のない本かも。

 わたくし、ファイヤーエムブレムはもちろんファミコン時代の初代マルスから。といっても発売直後には買わなかったのは、パッケージががっかりイラストだったので(^_^;) 4月発売からだいぶ遅れて、その年の年末あたりに複数の友人からの口コミで勧められて。「つまらなかったら買値で引き取ってもいい」とまでいうので、友人らを信用して購入決定。すでに密かにブームだったのかこの間まで新品中古で投げ売りになっていたはずなのに全然見つからない、市内の中古屋をかけまわってようやくゲットしたんですね。オグマとナバールがやおいだというので、期待にみちみちて電源入れました。……やおいの期待は裏切られたけど(^_^;)、速攻はまってしまいました。

 というわけで、ディスクシステムとかうちにないハード以外は、ファイアーエムブレムシリーズは全部買いました。息子は全部やってるはずですが、私はゲームボーイアドバンス以降はやったり途中までだったり。タイトルそれぞれについていろいろあるんですが、私が一番はまった時期はスーパーファミコン版マルスですね。あれは何度繰り返しやったことか。
 というわけで一番思い入れのあるキャラはオグマ。だから、このゲームをやるとき、脳内ボイスはオグマにいつも好き声優の声が聞こえます。今もしかしてフルボイスのゲームになるなら、絶対オグマは小西ボイスだわ(^_^;) おいおい、この新オグマのグラフィック、地味すぎね? SFC時代はもっといい男だったです!

 かようにファイアーエムブレムは20年続いた立派なタイトルというのに、不遇の時代もあった。
 任天堂におけるFFのようなタイトルだ、とファンは思っていたのに、新ハードに移行してもなかなか新作が作られず、はぶられていたタイトルだったのだ。だって64では移植も新作もありませんでしたよね、GCも最後の最後でようやく出た、おせーよ! 新作ファイヤーエムブレム出るならハードと一緒に買います的な信者のいるタイトルで、同人誌もずっとオンリーイベントとか続いていたんだから、任天堂はもっとこのタイトルを大事に育てていくべきだったのだ。ティアリングサーガの件では「訴えるくらいならなんで新作作らんのか」と思ったファンも多かったはずだ。
 しかし、今や押しも押されるビッグタイトルとなった。
 私はじっくり腰をすえてやりたいので、お話そのものよりも、戦略性の多彩なマップを作ってほしい、そして据置機でやりたいです。それと、今のユニットは男も女もほぼ平等に職業を割り振られているけれど、それは縛りプレイをやるときもえないから嬉しくない(^_^;) 野郎パーティにしたばかりに何かしら不利になる、そういう条件プレイが楽しいのであって萌えるのだ。
 これからも新作楽しみにしております。

気に入ったらシェア!

正岡
この記事を書いた人: 正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。蒼井翔太
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

コメント0件

コメントはまだありません