天装戦隊ゴセイジャー

「天装戦隊ゴセイジャー」2010年放送

 小西さんは特撮番組のレギュラーはおそらく初めて?
 epic17「新たな敵!幽魔獣」(2010.6.6放送)からゴセイナイトの声で登場。
(↑DVDチェックの時重要なのでmemo)
1006060.jpg
↓拡大
1006061.jpg
 昨夜は楽しみすぎてよく寝られなくて(^_^;) 早起きして見てからもう一度寝直しました(^_^;)。いつもは夜になってから録画で見てるんですけどね。
 戦隊とライダーは毎週見ている番組だから、ここで小西ボイスが聴けるなんて貴腐人の本懐です。今週から幸せが続くんだわ。

今週のゴセイジャーの感想
 なんか先週までと全然違う番組みたいだったぞ(^_^;)
 17話でゴセイナイトを投入することは最初から決まっていたことだと思うのね。オモチャやグッズときちんと連携してお話組むのが、戦隊とライダーの番組制作の決まりだから。でも番組の雰囲気まで変えてしまうのは、これは最初からの計画どおりだったのだろうか? 敵組織がまず入れ替わったし、それからピンクとイエローの女の子二人の髪形が変わりましたよね。やっぱり番組のカラーをここで意図的に変えたんだと思います。
 そして上半期の目玉・ゴセイナイト登場。
 正直いって私はこのシリーズのロボットを含め、かっこいいのか悪いのかよくわかっていません(^_^;) このゴタゴタして尖ってる感が良い子にはかっこよく強い形なんだろうと思います。おそろしく機動性に欠ける戦士ですが、頑丈な上に火力が半端なく、接近戦は剣、長距離では銃、そして自らも変形してライオンヘッダになるという……あれ?人間じゃないのね(^_^;) この謎の戦士の正体は来週明らかになるらしいです。
1006062.jpg
 そして小西@ゴセイナイトはどんな声かというと……なんか意外なクールボイス。今まであまり聴いたことがないようなかんじ。ああ、こんな声も出るのね。まず年齢がわからない。強そう。かっこいい。クール。ゴッチマンとは全然声違うですね。「このかっこいい声は誰?」ってまたファンが増えそうです(^_^;) この時間帯は実はよい子のおかあさんたちが見てますからね(^_^;)、奥様な同志が増えるでしょう。
 東映公式のあらすじepic18に小西さんの話題が載っています。
http://www.toei.co.jp/tv/gosei/story/1191856_1703.html
 出たかったんですね、特撮。私も出て欲しかった作品のひとつです。「独特のアフレコ現場」とありますが、アニメのアフレコとどこがちがうのかしら。「渋く語りかけるゴセイナイトのセクシーボイス」ですって(〃▽〃) 来週も早起きして見るぞ。

今年の戦隊について
 私は正直、今年の戦隊はいまいちかなと思っていた。
 去年のシンケンジャーは面白かったんですよ。設定もドラマも見所が多かった。時代劇という縛りもこれまでにない個性になった。
 今年のゴセイジャーは、設定がファンタジーで5人とも人間じゃなかったり、レッドに指揮権がないのは別にいいと思うんだけど、
・5人が元々いる天界?と地上の関係(つまり世界観)がよくわからない。彼らが戦っているところって、私たち現代の地球だよね?敵は宇宙人だよね?精霊と宇宙人が戦うの?このへんもなんだかよくわからない。
・5人はアクシデントで地上にとどまっている、いわば見習い兵士である。そのわりには使命感とか目的意識に欠けていて、幼稚園児でもそんなわがままは言わんと思うぞみたいな話で1クールはちょっと長くひっぱりすぎ。ここまでなんだか燃えなかった。
 でも、これでもう来週からしっかり見ちゃうわね、などと言ってる私はやっぱりただの小西ファンでしかなかった(^_^;)

 ゴセイナイトもいろいろ謎があるんだけど、これはもうちょっと設定が語られてから。来週につづくのだ。

Comment

2010.06.07 Mon 15:38  |  幸せをつかもう

「根源の波動」を含む「君が代」を聞き続けて、人生を好転させましょう。
 http://kimigayo.jimdo.com/

2010.06.07 Mon 21:08  |  私も同感ですね

  作家さんの力不足かプロデューサーのまとめ上げが
甘かったのかわからないけど、ゴセイジャーはシンケンジャーと
比較して作品基準に関わる部分が何か緩やかで
少し物足りなさを感じていました。
  まあこれは作品性とか観客である私自身との齟齬みたいなものだと
思って楽しんだのですが、アラタの性格が3クール目以降のものに
変わってしまったり、ウォースターの有力幹部候補が怪人として
一話で倒される展開から、打ち切りか路線変更が
あったのではないと思います。
  悪なのに≪毒性物≫を使用しないというのは気に入ってたのになー。
  ところで現時点ではありえないけど
小西克幸さんがプリキュアに出演するようになったら当然見ますよね。

  • #-
  • 6:30に早起きが必要になった555
  • URL

2010.06.08 Tue 04:24  |  謎ですね

そうなんですよ。主人公キャラを去年と違うものしたのはわかるんですが、敵も味方も何をしようとしているのか、あまり明確じゃなかったです。急遽何か変更があって台本を差し替えたりとか、そんな事情でもあったのかしらとかんぐってしまいます。

>   ところで現時点ではありえないけど
> 小西克幸さんがプリキュアに出演するようになったら当然見ますよね。

幼稚園児でもわかる宇宙の真理です(^_^;)
プリキュアといわず、男性向けの成人向けアニメでも見ますよ。

  • #-
  • 正岡
  • URL

2017.08.05 Sat 21:07  |  

初めまして、小西さんはデビュー作の勇者王ガオガイガーで忍者ロボのボルフォッグやってますし芸術科アートデザインクラスでも、魚住という学生やってます。はっきり言いますがシンケンはオタクの過剰評価にうんざりさせられて逆にゴセイを当時楽しんで見てました。実際丈瑠に関しては、甘ったれてんじゃねえクソガキがと怒ってましたね。

  • #-
  • 光になれ
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://birdscramble.blog116.fc2.com/tb.php/1069-cb187a68
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

ブログ内検索

カテゴリー

プロフィール

正岡

Author:正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ。
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

おともだちリンク

ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © 正岡