バードスクランブル

正岡

おたくな奥様快楽通信

やおい&おたく談義 0

本を捨てるな

 ああ、もう、どうしようもないくらい物がいっぱいいっぱいで片づかないよう(>_<)  数十年来の友と電話してるときに、「片づかない。山のような本をどうすれば」という話を私がしてて、すると友はそこできっぱりと断言&忠告するのだった。「本は捨てちゃだめ。私たちオタクは本のコレクターなのよ。読む読まないは関係ない。コレクターが一度手に入れたモノを捨てるなんてありえない。捨てたら絶対後悔するから。死ぬま...

おもちゃ・お道具 0

カバン談義

 長年悩んでいた、……お気に入りのカバンになかなか出会えない。 どんなカバンを持つか気にするようになったのは、まあいわゆる「天命を知る」歳になってから。いくら傍若無人の私も、年寄りになってくると、「私、なんか世間とズレてる!」とさすがに気付くのであった(^_^;) 世の中のおばさんたちはもっとおしゃれなの。歌舞伎座とか行くとわかる(^_^;) それまでどんなカバンを愛用していたのか、実は深く考えて買っていたわけ...

海外の映画とドラマ 0

少林寺への道 の感想

「少林寺への道」の感想 急に思い立ってレンタル映画鑑賞。 昔のカンフー映画を見たい。チャンバラも好きだけど、カンフー映画も大好き。思い出探索の旅に出ます。少林寺への道原題「少林寺十八銅人」香港/台湾 1981年(日本公開1983年) レンタル視聴。 これは、うちのダンナと結婚前に見た映画です。なんでもいいから映画見るかになって、特に見たい映画もやってなく、適当に入った映画館で二本立てで見た。記憶が正しけれ...

0

総特集 木原敏江 エレガンスの女王

総特集 木原敏江 エレガンスの女王河出書房 2017年11月発売 1944円A5/192ページ 長いおたく人生において、つまずいたり転んだりのその時々、しっかり手に握っていたマンガ本がいくつかある。自分の中で何かが動く、そういう時に出会う作品もしくは作家の。 木原敏江は、私にとって間違いなくそのひとりだ。 だが、今も愛読者として継続中かというと、実は私が少女マンガから離脱したのはだいぶ昔で、それ以来追いかけていない...

TVドラマ「ワイルド7」1972年放送 レンタル視聴です。 この間、原作者が亡くなって、弔文代わりにドラマワイルド7を見ます。 この作品は、私はTVでリアルタイムで見ました。再放送は見たことがないはずなので、何十年ぶりかの再会です。 一行感想。飛葉・小野進也がかっこいい(〃▽〃) #1〜#5まで見た感想(2017.8.30)〜#15まで見た感想(2017.9.12)最終回#25まで見た感想(2017.11.1)※下に記事を追加...