鉄拳7

 ようやく始めます(^_^;)
 なんかもう、私も歳だし、格ゲーやりたおして勝つ!みたいな気力体力はないけど、長年楽しんできた鉄拳ごっこくらいはまだやりますよ。

 私の「鉄拳」歴は、初代プレイステーションからで、同時にやおい同人もやっていて、当時はゲーマーのお友達もいて、鉄拳4あたりまではゲーセンにも行っていた。鉄拳同人を離脱後はおうちゲーマーなので、実は鉄拳5〜6のあたりは設定もお話もまったく覚えていない、つまりあまりやってない? 4以降の新キャラもあまりさわってなくて、今では名前も知らないキャラもいるわけです。
 そんな私が今更鉄拳とか、でもそういう通りすがりのライトゲーマーにも間口を広げてこそ、よいゲームだと思うので。

鉄拳7の物語
 このシリーズは、前作をひきついで物語が存在する。なんらかの事情で鉄拳トーナメントが開催され、それにファイターが集うのは、それは物語じゃなくて舞台設定です。鉄拳のお話は、キャラクターごとに大会参加の動機や事情があり、前作品からそれが継続しているのと、その一方で三島一族内の確執が世界観の軸であり、毎回何がしか語られて行く。
 今なっては、だいぶ設定とか様変わりしてるですね。
 しかし、鉄拳はそもそも物語を読ませるためのゲームではないから、シリーズが下るうちに出たり引っ込んだり行方不明になったり疑問もある。はっきりいってこんな後付け設定とか余計なものを(^_^;)とか思ったりもするけど、そもそも格ゲーはやるものなので(^_^;) キャラ造形や設定はアクセアリーくらいに思うようにしてる。気に入らなかったらそこはスキップして、知らなかったことに(^_^;) それで格ゲーやることにおいて支障ないから。

 今回鉄拳7もストーリーモードがある。
 過去の鉄拳の物語をおさらいしつつ、鉄拳7の世界を旅する?構成か。感想はもうちょっとやりこんでからね。
 あと、過去鉄拳のOPムービーがギャラリーに収録されているので、これを見て記憶の回復とか。

キャラクターのこととか
 もちろん昔からいるキャラには思い入れはあるけど、新顔にも注目。
 あれ?レイブン女体化してる?(^_^;)
 風間仁は相変わらずかっこいい。もちろんシリーズごとに多少顔かわったりしてるけど、演出とか総じてかっこいい。下手くそでごめん、でもこれからも使うわ。
 イケメン枠が増えましたな。ついつい蒼井翔太似はいないのかと探してしまったけど、はっきりいっていない! 仁をカスタマイズしてしょーたんにならんかな(無理)。レオを蒼井翔太風衣装とか髪形とかできないだろうか。
 シャ…なんとかというオリエンタル服のキャラかっこいいですな。見た目の話。
 女性キャラは相変わらず見分けがつかないが、カタリーナはちょっと気になったのは、iPad版だともっと太めでむっちりセクシーに見えたけど、PS4だとそうでもないのね。
 FFのノクトのお迎えはどうしたものか。あいつ武器もってるじゃん。それよりも北斗神拳や聖闘士や仮面ライダーが参戦するのはいつになるんだろうか?(๑╹ω╹๑ )

カスタマイズ
 すっかり恒例になったカスタマイズ。鉄拳のそれは、キャラの造形から組み立てるやつではなくて、鉄拳キャラの着せ替え。プレイしているうちにコインやアイテムが稼げる仕組みなので、しばらくやりまくる必要がある。

 それで、起動するたびに思うんだけど、このホーム画面の平八柄は変更できないだろうか。
 起動するたびにじーさんとにらめっこ、とか全然気分的に萌えん。
 人動かすものは煩悩だからのう。よーし!鉄拳今日もやるぜ!ヽ(^。^)ノ 自分の押しキャラとかにできないだろうか? 鉄拳7における平八の立ち位置はともかく、プレイヤーそれぞれに自分の主人公がいるでしょ?
1804150.jpg
↑iPadで画面を撮影したらこんな色に…

徒花の契り(その3)浅葱ルート

1611280.jpg
↑天井に灯があるのは江戸時代じゃないよな…

 浅葱は、このゲームの看板キャラ。キャラ紹介で最初に紹介される。すなわち男花魁を置く牡丹屋のトップ。ひいきの客もいて、人気の花魁。主人公は一目で夢中になり、同時にさまざまな雑念、嫉妬と不安にさいなまれる……。
 こと葉ルートと設定は同じで、浅葱ルートでも、こと葉は浅葱付の見習い。主人公は浅葱からこと葉の稽古につきあってあってくれと頼まれ、それが毎日浅葱に会いにくる口実になっている。

 浅葱は、表情の変化が多く、その落差が大きいのが特徴だ。怒ったり笑ったり、目がそっぽを向いてシカトしたり、はっきりと顔に出る。
 浅葱は、思ってること考えていることは、言葉にも態度にも表情にもはっきりと出す。しかし、その骨っぽい言動の裏には、複雑な内面も……

 好感度の選択肢は、なんかよくわかんなかったです。正直に誠実にが基本だと思うけど、でもけっこう外れちゃったりもしたし(^_^;)浅葱は扱いの難しいヤツなのね。私は極上ルールに入るのに、好感度upアイテム(匂い袋?)を2つ使いました。デイリーボーナスでもらえるものはちゃんととっておくじゃよ。



(↓ここからお話の結末に関するネタバレがあります)(追記あり)





[More...]

ムーガチャ

1702010.jpg
「ムーガチャ」(スマホアプリ)2017年配信

 さまざまなムー的事案を記したカードを集める。
 無料ですが、課金すると(400円くらいだったかな?)広告なし、ガチャ開放、各カードの解説文が読めるようになります。この画面は課金後です。解説文は長くないですが、400円でムー辞典を買ったと思えば。
1702011.jpg
↑この画面までが無料閲覧。400円?の課金で「特典ファイル」解説文の続きが読める。

 それで、この解説などを読みながら思ったのですが、一口にムー的なといっても、いろんなジャンルがある。このムーガチャで取り扱っている案件は、
・古代史、遺跡、オーパーツ。
・UFO、宇宙人、地球外。
・幽霊、超能力、超常現象、魔術、異次元、宗教の神秘。
・UMA、妖怪、伝承。
などなど、かなり手広くフォローしてるので、このアプリであらゆるムー的議題を網羅できているわけではない。

 私は、数あるムーカテゴリーの中で、古代文明のシリーズが好きで、古代遺跡がテーマのときはしばしば月刊ムーを買っていた。なにしろ私は、子供の時なりたかった職業は考古学者だった。でも読者はどうだろう?UFOとか、テレパシーとか超能力みたいなテーマの方が人気があったかもしれない。
 そんなわけで、オカルトっぽい記事を読むことは最近なかった私。すっかり忘れていたが、ムーガチャで久しぶりに超能力者の紹介記事など読んで、いろいろ思い出した。ここだけの話だけど、私も家で超能力の練習とかしたっけ(^_^;) カードの模様あてるやつ。中学生くらいのころかな。自分にそういう力が備わっていたらいいのに、とか思っていたのかも(^_^;)
 私が超能力とか異次元みたいな単語を知ったのは、もちろんマンガから。石ノ森章太郎とか横山光輝とか。マンガの主人公なりきり!みたいな時代が私にもあったのね(^_^;)

 ムーには、テーマを絞った書籍版があって、そういうものちょいちょい買ってる。いずれそれの紹介とかする。
 

徒花の契り(その4)松風ルート

 1612190.jpg
徒花の契り
 松風ルート

 無線ルータからの通信がちょっと滞って、こんな絵が撮れた……(^_^;)
 この立絵は、人物の輪郭と目鼻口パーツは別々のデータだったのね。

 松風は、戦国無双に出てくる馬の名前、ではござらぬ。
 牡丹屋の高級花魁。ゲームでは二番目に紹介されるキャラ。女と見まごうばかりに美しく、たおやか。男だけど、ほとんど美女として登場し、会話も行動も美女花魁。主人公はそんな松風にひとめぼれ。声をかけられるだけで、見るだけでのぼせてしまうほど。
 そんな主人公が店の前をうろうろしているのを、松風は自分の友人だと言って座敷に上げてくれて、いったいこれはどういうことなのか。

 選択肢は、なんだかあまりよく分からなかった(^_^;)。自分に正直には当然として、とりあえず松風のいうとおりにしておけばいいのかな。

↓(ねたばれ感想)(追記あり)



[More...]

徒花の契り(その2)こと葉ルート

1610140.jpg
*かわいいこと葉*

 こと葉ルートを探索中です。

BLゲームは自分を写す鏡なのか
 「徒花の契り」で真っ先に「こと葉」をチョイスしてみて改めて思ったんですが、私はこういうBLが好きなのね(^_^;)
 物語が「攻め視点」「受け視点」どちらで書かれているかについては、問題ではない。
 「受けはお人形のような子」がどうも私的萌えポイントのようだ。
 外見は、細面で目が横に長い、いわゆる狐面。表情に乏しく愛嬌がないという意味でかわいげがない。精神的にも未熟で、攻め様が手を差し伸べてやらないとだめな子。
 私の場合、自分の持ってるスーパードルフィーの趣味が、そのままBLに現れている。 
 私にとって人形は、表情のない子。笑っていたり、幸せそうだったり、ピースとかポージングしちゃったりしてる子は人形じゃない。無表情か、ちょっと陰気なくらいがちょうどいい。手に取ったとき、持ち主だけにわかるような、ふっと表情が灯るような。
 人形趣味というのは、持ち主(攻め)×人形(受け)という関係なのである。

 「徒花の契り」の遊廓設定と「こと葉」は、つまり私の人形趣味そのものなのだ。
 浅葱と松風は表情の変化も多く、口も達者で客あしらいも上手く、主人公はそれにふりまわされるのがみどころか。(まだ本編やってないけど、番外とか限定ストーリーではそんな印象。)しかし私はよりによって、見世に出る前のこと葉はすなわち「新品箱入り」を選択した。そして遊廓設定とは、不幸せな境遇を意味する記号だ。立場的に受け身で、自分では好きな相手を選べない。ドールオーナーが手に取って幸せにしてくれるのを、じっと待ってるだけの商品である。
 ずばり、それこそが人形趣味なのだ。
 前にも遊廓もののBLゲームやってハマったけど、それはこういうところに理由があったのだ。


(!物語の結末のネタバレあり!)
※この記事は下に新しい記事が追加されます。


こと葉ルートの攻略と感想



[More...]

詰みゲー崩し2016〜2017(^_^;)

積みゲー崩し2016〜2017

 このあとやり倒す予定のゲーム(未購入を含む)は以下の通りです。
・タイトル順はプレイ予定順。
は熱血プレイ中。
下線はプレイ途中or中断中(^_^;)。
抹消線は終了もしくは投了(^_^;)
薄文字は脱落するかもタイトル。

<一般作>
PS4
バイオハザード0HD」「戦国無双4-ll」「海賊無双3」「龍が如く0」「鉄拳7」「KOF14」「コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア」「戦国無双4Empires」
PS3
テイルズオブシンフォニアユニゾナント」「アサシンクリードリベレイションズ」「戦国無双4」「真北斗無双」「Jスターズビクトリー」「ガンダムブレイカー2」「聖闘士星矢ブレイブソルジャーズ」「戦国無双2 with 猛将伝 & Empires HD」「DIABLO lll」「ぬらりひょんの孫」「聖闘士星矢戦記」「鉄拳レボリューション」「鉄拳タッグトーナメント2」「KOF13」「ルーンファクトリーオーシャンズ「鉄拳ハイブリッド」「ジルオールトリニティ」
PS2
「少年陰陽師」「ジルオール」幕末恋華」「そして僕らは」
PSP
金色のコルダ3神南」「金色のコルダ3フルボイスspecial」「フロンティアゲート ブースト+」「スト☆マニ」「戦国無双3zスペシャル」「Solomon's Ring ~火の章~」「アラビアンズ・ダウト」「ガチトラ」「第2次スーパーアロボット大戦Z」「ジルオール」
PSVita
戦国無双chronicle 3」「帝国海軍恋慕情」「LOVE QUIZ」「金色のコルダ4」「学園ヘヴン BOY'S LOVE SCRAMBLE!」「ヴァルハラナイツ3GOLD」「DIABOLIK LOVERS VANDEAD CARNIVAL」「DIABOLIK LOVERS LIMITED V EDITION」「DIABOLIK LOVERS MORE,BLOOD LIMITED V EDITION」「DIABOLIK LOVERS DARKFATE」
Wii
「FE蒼炎の軌跡」
「FE暁の女神」「SDガンダムGジェネレーションワールド」「零」「SDガンダムGジェネレーションウォーズ「アークライズファンタジア」
3DS
FEif暗夜王国」「ガイストクラッシャー ゴッド」「戦国無双chronicle 2nd」「真女神転生IVファイナル」「喧嘩番長6」「デビルサバイバーオーバークロック」「メタルマックス4」
DS
「FE新暗黒竜と光の剣」
PS
「バスタード!」


<スマホ>
聖闘士星矢ゾディアックブレイブ」「徒花の契り」「チギリバコ」「戦魂」「メタル戦記」「BLEACHブレイブソルジャーズ」「王宮のトリップテーラー」「夢王国と100人の王子様」「怪盗夜想曲」「白猫プロジェクト」「恋の乱」「ミラプリ」「テイルズオブリンク」「テイルズオブアスタリア」「刀剣乱舞」「バンドやろうぜ」「ビースト×ライト」

<PC18禁>
赤ずきんと迷いの森「S-TRIPPER」「サイレントムーン」「シルバカオス」「修業旅行」「それが僕らの恋愛生活」「Love Drops ~みらくる同居物語~」「星の誕生日」「星の王女~星空散歩~」「星の王女星の王女2」

----------------------------------------------------------------------
(10.8)毎日続けられるゲームはひとつかふたつ…
 おはようございます。詰みゲリストです(^_^;)
 いやあ、なんかもうなかなかゲーム機起動することがなくて、お部屋改造が終わるまでは何もできない。PS3とPS4のゲームは事実上の冬眠状態です。そのうちばしっと集中してやりたおすからちょっと待ってて。
 最近は、iPadでスマホゲームをちまちまやってます。コニタンのボイスの入っているやつを片っ端からダウンロードしたんですが、意外とタイトル数あります(^_^;) しかも課金勧誘キャラだったりとか(^_^;)

 スマホゲームは、一日に遊べる量に制限がかかっているものが大半なんだけど、じゃあじちゃちゃっとすませられるかというと、それなりに時間をとられるわけで毎日取り組めるのは1つか2つかな。他のは毎日ログインするだけ。
 また配信終了になったタイトルもあって、私はそれは、金返せとまでは思わないけど、課金した自分が馬鹿だった……虚しい…とか思ってしまいます。だって思い出って形にしてとっておきたいでしょ。うちには今でも古いFCやSFCのカセットとってあるけど、もちろんゲームはできないけど、それが確かにそのゲームをやった、どんなクソゲだったか、それを見ると思い出せる。でもスマホの画面から消えてしまったら、それは多分近いうちに私の記憶から消えていくと思います……。
 やっぱり課金ゲームはやっちゃだめだな。と改めて思った。何も残らないんだから、お布施程度にしかおぜぜは投げてはいけません。
 それで意外に長く続いていて、お金も落としてしまったのは星矢ZB。コニタンの一輝様サイコー。それとBLのお話ゲーム。チギリバコは1キャラにつき2〜3周してるし、課金の誘惑に勝てる強い自分になったと思います(^_^;) 乙女ものは意外に課金とかハードル厳しいですね。腐女子の私には内容も響くものがないので、どこまでついていけるか…


徒花の契り

161005.jpg

徒花の契り(2016年配信)
Ameba/mixi/GREE/BLobby/App Store/Google Play
で配信中だそうですが、内容は同じなのかな?

 これ、始めました。
 App Store からダウンロードできるアプリで、BLノベルゲーム。
 無料BL作品てけっこうあるかと思います。Twitterとかで広告でみかける。これも多分それで見かけたんだと思います。それでこの作品を選んだ動機は……絵かな……

 上の画像はiPad版。iPhone版とちょっと配置とか印象が違うかも。
 レーティングは17+になっている。文章の表現上はHあり。でも直接的な、あるいは下品な表現はないので、印象として、成人向け表記はなしでいい。


第一次感想(10.5)
・絵きれい。
・BGM、効果音擬音、ボイス一切なし。
・攻め視点のお話。←ここ大事!


[More...]

嫁コレ 追記

 あまり使うことが無かった写真機能を最後にお披露目。
 それぞれのカードごとに写真機能があって、スマホやタブレットPCのカメラを使って、かわいい合成写真が撮れた。
 2011年のアプリなので?、写真サイズは900×600px?くらい。これはは元画像を縮小してアップロードしたやつの、サムネイル表示です。
 被写体は、MacBookのデスクトップ画面の人魚のしょーた姫です。

1608310.jpg
 これは元のカード絵にはパンダママはいなくて、写真機能でひらいてびっくり(^_^;)

1608311.jpg
 かわいいパンダくん。

1608312.jpg
 

嫁コレ

スマホゲーム「嫁コレ」
 明日(2016.8.31)サービス終了で、パンダくんともお別れです(´・ω・`)

 「嫁コレ」は資料を見ると2011年スタートで、けっこう歴史のあるアプリだったのですね。
 内容は、ボイス付のキャラクターカードを集めていくもの。キャラクターは主にアニメキャラ。ボイスは全部録り下ろし。無料でも楽しめるけれど、収集にはガチャが必須で、獲得条件はけっこう厳しかったです。
 私は「パンダくん」「如月律」「如月響也」しかもってなかったですが、このうち進めたのは「パンダくん」だけ。私がiPad miniを買ったのは去年の6月だけど、それ以前にiPod touchでスマホゲームやってたので、2013年11月のパンダくん配信時からのんびりじっくりしつこく集めていたんです。ほとんど無課金で集めました。がんばったよ私。律、響也はそのうち……と思っているうちに、サービス終了となってしまいます……。

 では、私のパンダくんの愛の記録を…
1608300.jpg
1608301.jpg
1608302.jpg
1608303.jpg
1608304.jpg
1608305.jpg
(実際のゲーム画像を縮小してアップロードしています)

 最後の一枠「プレゼント特典」はガチャで「パンダポシェット」をゲットしないと開かない。1500円くらい課金したかな。でもパンダポシェットはとうとう出ませんでした。昨日最後の無料コインでガチャ回したけど、やっぱりでなかったです。
 他のプレゼント特典枠は、フレンドになった人にアイテム交換してもらって、開くことができましたけど。
 イベント特典は最初からあきらめて、この下に5枠くらいあるんですが、これを全部開いた人いるのかな。

 それで、今日、嫁コレのパンダくんボイスを全部録音しました。
 iPadとウォークマンを直つなぎして(ウオークマン用の録音ケーブルがソニーから出てるのだ)マニュアル録音。これをバックアップコピーをとって、これでいつまでもパンダくんと一緒さ。



ブログ内検索

カテゴリー

プロフィール

正岡

Author:正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。蒼井翔太
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

おともだちリンク

ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © 正岡