訃報デビッド・ボウイはスターマンになった

1601130.jpg
Boys Keep Swinging

行った
 2004年来日公演の武道館行きました。たしかその頃すでに心臓とか悪いんじゃなかったっけ。それで来日公演はこれが最後だなと思って行ったんです。それまであまりよく覚えてないですが、何度か日本公演来てたですよね、でもそもそも私はニジコンだったので、ライブとかコンサートに金を使うという欲望がなくて、実は1983年「Serious Moonlight」の時に一度行ったきりでした。長年ファンだったのにね……
 武道館で聴いたデビッド・ボウイは、お歳を召してもかっこよかったです。
 歌を聴きに行ったので、席はどこでもよかった、ぴあの先行でチケット確保して行きました。
 アンコール何歌ったっけな。え?これ歌うの?でも高い声は出ないだろうと思ったけど、出てた。
 これで思い残すことはもうない、と思い切った。

 1983年は横浜球場で見た。ステージ遠かったわ。でも初めて生で聴いたボウイの声。その時の印象は、レコードと声が同じ(〃▽〃) こんな音がばっこんばっこん反響するような会場で、演奏も歌も全然ずれてない。
 「レッツダンス」ですごい若いファンがいっぱいいた。高校生か大学生くらいのわっかい男の子たちが、ボウイの顔写真の感バッジをじゃらじゃらつけたようなのがごろごろいて、びっくり。この時、ボウイは36歳くらいなので、アイドルみたいな歳じゃないけど。でもこうして新しいレコード出すたびにファンをつけていくのね。席となりあった女の子とちょっと話したんだけど、やっぱり最近ファンになったとかで、60年代70年代の歌は知らないとか言ってた。

聴いた
 私はグラムロック時代のデビッド・ボウイはあとからレコードで聴いたわけで、自分のお小遣いで初めて買ったとき、ヤングアメリカンとかステイションのころだった。正直いって、引かれる気持ちとわけわからない感触と両方だった。買うたびに全然違うレコードなので、なんだかわからないまま聴いてた。別にこういう曲が好きとか思って買っていたわけじゃないけど、次は何だろう?え〜?( ゚д゚)が動機だったかもしれない。そして買ったレコードに毎回満足していたんじゃないかと思う。
 だからたぶん、ボウイファンに代表曲とか好きな曲とあげてもらうと、全員違う曲をあげるんじゃないかと思う、芸歴が長いのと、どこでファンになったのかにもよるだろうし。
 私は何が好きかって、うーん。実はミーハーなので、アルバムは「レッツダンス」が好き。←これが出たときはびっくりしたわ。曲を選べと言われると本当に難しいなあ。とりあえずミーハーだからミュージックビデオがかっこいい「Boys Keep Swinging」かなあ。
 初めてボウイさんを聴く人は、とりあえずベスト盤を買えばいいと思います。アルバムは数が多いし、傾向もそれぞれに違うので、何をおすすめしていいかわかんないし(^_^;)

TVで見た
 私は、多分初めて聴いたデビッドボウイは、ヤングアメリカン、フェイムあたりじゃないかな。TVでソウルトレインとかやってて。あまりに昔でよく覚えてないです。

 それとこれも。動いてる歌ってるボウイをTVで見たのは、ソウルトレインよりもこっちが先だったかな。何を歌ってもすてき(〃▽〃) これ、いつごろの収録かなあ。ビング・クロスビーは今調べたら77年に亡くなってるので、それより前ということに。
 今と違って、洋楽って映像で見られる機会、極端に少なかった時代だったから、なんかすごい飢餓感があったな。
 ミュージッククリップなるものが、日常的にTVで見られるようになったのは、マイケルジャクソンのスリラーあたりからだろうか。ボウイのはファッションとかボイズキーピン〜あたりからよく見かけたわ。

 それで、私はティンマシーンあたりで止ってしまった。何か他に関心が向いていたのかな。プロ野球?ゲーム? いずれにしても、私が特撮アニソン以外で買ってたのはボウイだけだったわけで、元々音楽買う趣味がなかっただけかもしれない。
 そこからの曲はMTVで見たやつしか知らない。これを機会に全部そろえようかしらね。それと昔のやつは全部LPで持ってるので、CDで全部そろえ直したい。ベストアルバムもいいんですが、これの選曲にもれている好きな曲もあるだろうから。

映画を見た
(この項目は後日に)つづく。

パンダくんを描けるようになるんだぞ

 パンダくんを描く練習をします。
 冬コミケの同人誌でパンダくんを描こうと思っているんですが、実は意外にむずかしい。しろくまカフェの絵は、少ない線と黒ベタで表現されているわけですが、こういうのは意外に難しいんです。キティやドラえもんと同じようなもので、ちょっとした目鼻の位置で印象が変わってしまう。目で見て、鼻と口はここらへんで目はこのへんと正確に模写できればいいんですが、私、実は模写スキルないんです(^_^;)
 というわけで、コミケまで日がないので手っ取り早くトレスして練習して、手に覚えさせて描けるようにします。
 実は私、C翼も星矢も男塾もドラゴンボールもスラムダンクも、この方法で絵を覚えて同人誌やってました。やっぱりある程度似てないとだめなんですよね、二次創作って。

121106p0.jpg
教材を用意する
 手近なところで、グッズなんかのパッケージ、あるいはCDやDVDのジャケットなどを拡大コピー。拡大の拡大などして、サイズは大小用意。アニメと原作があったら、多分アニメのキャラ表の方が真似しやすいと思います。なぜならアニメのキャラ表というのは、いろんな作画さんがそれを元に絵を起すためのものなので。原作絵をコピーする方が難しいと思う。しろくまカフェはアニメの方を使う。

↓つづき

[More...]

Kシロウ習作

100317.jpg
 描いた絵は恥ずかしくても人に見せる。見られると思うと次をがんばらなくちゃと思う。これが表現活動というものなのだ。
 私は模写ということができないので、最初から原先生の真似をして描くつもりは全然なくて(^_^;)先生ごめんなさい。男塾とか鉄拳の時、私どうやって描いていたっけ……(-_-;)と思い出しながら、ああそうだ、男塾のアニメのキャラ表トレスするのだけは超簡単だった。あれを思い出してやってみればいいかな……しゃしゃしゃ。それまで5カットくらい失敗して破り捨てていたのですが、A4のクロッキーノートいっぱいの大きな絵を描いてみたら、なんだか思い出してきたような気がする。
 絵柄的にBL仕様と言われても私は文句はない。小西ボイスがマッチすればそれでいいのだ。

レッスン中

100222k.jpg

さっきまで北斗の練習してたのに(^_^;)
私は模写ということができないので、絵柄を変えるつもりはないですよ。つまり同じ絵で北斗もコルダも学ヘヴも描きますのです(^_^;) うわあ…
とにかく自分の絵になるまで練習あるのみ。

楽器の資料がない!
管楽器は学生時代、ブラスバンド部の友人を油絵に描いたことあるし、写真あれば描けると思う。でも弦楽器は構えとかよくわからないですね。何より形が複雑で……。実物は無理としても、ドールサイズのミニチュアとか必要かしらね。(人形にコスプレして持たせる)

学園救世主伝説

学園救世主伝説 ヘヴンの拳

 冬コミケになんか変なもの描いてしまいそうで自分が怖い……。まじめに王啓本作るつもりなのに…。(↓絵大きいですよ(^_^;))
091017hev.jpg 
合体とか…(-_-;)

 さあ、北斗とか鉄拳の絵を練習するぞヽ(^。^)ノ
 ちがうわ。冬は王啓でやおい本作るんだから。まさかこの絵柄でやっちゃだめだろ。

学園ヘヴン王啓論+

「学園ヘヴン王啓論」中表紙
(画像大きいですよ(^_^;)ご注意)
0907220.jpg 下書きの下書き
 手近にあったレポート用紙にしゃしゃしゃと描いた状態。少ない線で意外にすんなり描けた。こういう時は調子が良いわけで、同じような絵が何枚でも描けてしまうし、失敗もほとんどしないので、この状態にペン入れもできるけど、これレポート用紙だし…

0907221.jpg 下書き
 上の絵を原稿用紙にトレス。トレス台を使ってます。上の絵の、丹羽の体の傾きを変えています。
 この状態が私のペン入れ前の原稿です。顔はこの上からトレスするだけのつもりでていねいに描いてるけど、髪と服はペンで描きながら手直しします。
 ペン入れしたら、印刷に出す前にスキャンしてとっておいて、後で色つけてみようと思います。
(ここまで090722)

(090724追記)
09072300.jpg ペン仕上げ
 中表紙用で、ベタやトーンなし、右下に題字を入れる予定なので、これで完成です。
 のちのち、これにフォトショで色をつけようかと思ってます。

おK習作3

おk習作(画像でかいですよご注意)
 0906270.jpg
イエスノーパジャマ。もちろんこれはノーの日(^_^;)
ええーい。こんなことしてないで原稿やれ(>_<)

英雄伝説のための習作-2

(画像大きいですのでご注意)
0906060pa.jpg
 上が最初のラフ。下がそれをトレスしたものです。
0906061pa.jpg
 実はこれはペン入れ前の下書き状態なのですが、ペンはいずれまた。
 ペンを入れると全然表情が変わってしまうのもよくあることで、だからほんとはそれも練習しないといけないんだけど。最初のラフを残しておけば、何度でも書き直せるし。

 この絵は、ちょっともやもやと落ち込むような気分で描いた。自分では解決できないような、そういうもやもや。しかもそれは人には言えない。こういう時、しょうがないから絵を描く。気持ちが良くても悪くても、とにかく感情が動いてるときが絵を描くべき時なのだ。情念のようなものが描いた顔に出る。
 ウツな気分の時、ウツな絵になるかというとそうでもない。描きながら自分の気持ちを癒しているようなところがあるので、案外繊細なやさしいものを描くと思う。自分の中のもやもやとかイライラとかゴゴゴゴとかそういうものが、描いているうちに別のものに変わって紙の上にのる。シャーペンの芯の減るの一緒に、自分の中のもやもやがだんだんなくなっていく。
 この絵は、たぶん左の男の子(男の子なんです)が自分だと思う。私は女の子や男の子をかわいく描こうとするとどうしても白痴顔になってしまうのだが、なんだろう、傷つくような人格を与えたくないのかもしれない。これって自己防衛? この時なんで画面にもう一人描いたのかはわからないけど、そう考えるとこれは自分を守ってくれる壁のようなものかな。だから思いきり無表情なのか。

o様習作-2

(ご注意。画像大きいですよ)
090606o.jpg
 少し顔変わったかな? 自分の顔になってきたかな。
 シャーペンでさささっと描いたやつに、筆ペンでちょちょっと主線を入れただけです。練習ですから。
 この間久々にPS2学園ヘヴンの王様ルートを読んで聞いて、なんかこうキャラクターの形みたいなもの(内面性という意味)を改めて確認したような気がする。それを絵にしたものが、キャラクターの外見なんだよね。ああ、そうなんだ、キャラクターの外見から入っちゃだめなんだ。それを自分の絵で、自分の顔で、と思っているんだけど、まだまだ書き込みが足りないな。

 ちょっとね、友達にも家族にも匿名でネットにさえも言えないことってあるでしょ。あるのよ。生き霊のようなものがぶわっと体から出そうになってしまう自分をコントロールするのが難しい。そういうときは、ひたすら描く。描く。描く。描いてる時、自分がどこにいるのかなんて認識ははっきりないけど、たぶん描かれた人物の中にいる。だからこれは丹羽を描きながら実は自画像、ということでもあると思います。

ブログ内検索

カテゴリー

プロフィール

正岡

Author:正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ。
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

おともだちリンク

ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © 正岡