欲しかったものが手に入った瞬間、その先のもっと遠くにあるものが見えてしまう

 私も長いことアニメとかマンガとかゲームのファンやっているけど、ファンやってて一番つらいのは「待つ」ことだ。

 当たり障りない実例でいうと、私がコニタンファンになったのは2008年ごろのことだった。芸に惚れれば惚れるほど、こんな役をやってもらいたい、こんな作品に出て欲しい、という願望欲望がつのっていく。
 でも、それってファンががんばってどうかできるようなことじゃないよね。
 そりゃ私が石油王の第4夫人とかなら札束でアニメ会社とかを張り倒して、自分好みのアニメとか作っちゃうわよ。でも現実の私にできることは、せいぜい感想文書くくらいで。
 私はコニタンファンを10年やったことになるけど、好き原作に好き声優が当ったケースのコニタンは「ケンシロウ」。もちろん他にも大当たりなお役もあるんだけど、わかりやすい実例で。これが発表されたときは、この世の全てを支配したくらいに感激した。
 それで、「北斗無双」で満足したかというと、ちがうんですよ。
 もっと。さらに。こんな作品をあんな役を…という願望がふくらんでしまい、ものすごい飢餓感にさいなまれた。だけどさっきも言ったようにファンの側からどうかできるものじゃないから、ささやかに作品を買い集めつつ、ひっそりと待ってるしかないのだった。
 コニタンファンで10年待って、かなったものもあれば、もうこの役は来ないなと割り切ったもののある。
 でもナマモノのファンを長く続けるというのは、そういうことなのだ。私の人生じゃないの。それは小西克幸の役者人生なの。

 私ね、今だからいうけど、その待ち続けることができなくてファンやめちゃったり忘れちゃったりした声優とか俳優とか、いくらでもいるのよ。
 待つのに耐えられなくて、アニメや声優ファンやめたのに。それを忘れてまたコニタンファンになっちゃうとか、そしてまた同じことを繰り返すのか……

 それで、恐ろしいことに、蒼井翔太でもそれはある。
 こんな歌を歌ってもらいたい、こんなCDを出してもらいたい的な。ファンになってまだ2年ちょいで、それに気付いてしまった。蒼井翔太ならなんでもいいわけじゃない、こういうのが聴きたかったの、という曲に出会ってしまったら、この先もうどうしたらいいんだろう。
 でもそれは、待つことでしか解決しないことなので、じっと待つ覚悟は一応ある。
 

週刊少年ジャンプ展 vol.2 に行ってきた

創刊50周年記念 少年ジャンプ展 vol.2

ジャンプ展、第2期開催中。
3月31日、行ってきました。
この記事は自分語りするからちょっと長いよ(^_^;)
1804050.jpg
開催期間/2018年3月19日〜6月17日
開催場所/森アーツセンターギャラリー

 展示内容は、週刊少年ジャンプ90年代あたり、一番発行部数が多かったころの作品紹介と原画展示、アニメOPなど。時期でいうと、だいたいドラゴンボールのサイヤ人編(アニメでいうところのZ)からるろ剣あたりまで。
 私もコミケットに少年ジャンプカテゴリーでサークル参加していて、熱心に毎週買っていたころだ。
 とはいっても、ジャンプ誌すべてのページを読んだわけではない。毎週何度も読み返した連載作品。連載は読んだけど興味のなかった作品。タイトル見るまで忘れていた作品。全く記憶から消えている作品。え?これアニメ化したんだ?な作品。などなど、作品ごとの温度はある。要するにえり好みはしていた(^_^;)。
 というわけで、自分の記憶や体験をたどりながら、いろいろと懐かしい思いとともに見た。


 今回は1990年代。前回と比べて展示の印象が全然違う。なんかこう、毎週ジャンプを手に取って読みふけったワクワク感が、そのまま壁面いっぱいに広がっているように思う。
 昨年のジャンプ展vol.1は、創刊から20年間、北斗キン肉マンC翼星矢あたりまでだった。創刊当時の関係者はもう少なく、当時の読者はとうに還暦を超えているはず。北斗の拳のころでも、すでに集英社を退職している元編集とかも多いんだろう。だから当時のジャンプ誌面の雰囲気を具体的にわからない、もっといえばキュレーターが当時のジャンプを連載で読んでないとか、そういうことかもしれない。
 しかし今回の展示は、90年代あたりに少年読者だった諸君は、ちょうど今働き盛りの社会人のはずで、雑誌の誌面に自己投影して世界観に浸ったであろう感がある。


[More...]

Twitterでタレントさんの画像のこととか

 蒼井翔太ファンになってから、ツイッターなど検索したら、画像だらけ、動画だらけで、うひょーヽ(〃▽〃)ノとなったっけ。
 まあ私の権利じゃないし、私なんかがとやかくいう立場じゃないけど、この画像の氾濫は、これはまさかあるいはひょっとして事務所とレコード会社の遠大なメディア戦略か?日本人蒼井翔太ファン洗脳計画の一環とか?(たぶん違う(^_^;))
 まあ実際私は、画像タダもらいだけじゃあかんな、違法動画タダ見じゃあかんな、と心がけを改めて、CDやDVD集め始めたのはあるから(^_^;)無駄ではなかったわけですが。円盤が売れないと蒼井翔太の次の仕事に影響するからね。←ここ重要

 画像の無断転載無断使用の問題点は、まず画像情報の発信元がわからなくなってしまうことだ。蒼井翔太がファンサービスで投下しているプライベート写真なのか?雑誌や商品などの宣伝写真なのか?
 ギャラの発生している画像については、きちんと正しく商品の宣伝になるように引用リツイートなりリンク元をはっきりしなければ、まわりめぐって蒼井翔太のためにならない。

 インターネット上に転がっているものはみんなの物、という意見は昔からあって、実際それを阻止する物理的な方法がない以上、私もそう思ってる(^_^;)
 ただやっぱりファンの行動原理としては、この写真はどこの誰のなんの写真なのか、関心を持った人を蒼井翔太公式情報に誘導したい。だからTwitterでは無断転載無断使用とかじゃなくて、リツイートとか引用リツイートが正義だと思うのだ。

 画像とか写真にはいろいろな権利がのっかっていて、勝手に使えないのを知ったのは、私は同人誌を始めてからかな?(大学生) インターネットのない時代に、身内にコピー本配るだけだから実際にはそんなこと気にしなくてよかった。いまどきはスマホだのSNSだので、みんなが大手同人誌を発行しているようなもの(閲覧数)だから、微妙なものの取り扱いを若いうちから理解する必要があるわけなのね。と思いました。
 

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている


http://fnmnl.tv/2018/02/19/47697

『NY Times』によると、リスナーの生まれた年が音楽の好みを左右しており、14歳の時に聞いた音楽が私たちの音楽の好みに最も重要な影響を与えるとのこと。
女性の場合は男性より少し早い。11~14歳の時に聞いた音楽の影響が大きく、平均13歳の時にリリースされた曲が最も好きな音楽になるという。

 それは、つまり、私の場合はアニソン?(〃▽〃)
 菊池俊輔とか渡辺宙明のことかな?
 映画館で暴れん坊将軍のテーマ曲を聞いたとき(劇場版仮面ライダーオーズ)、わけもなくじーんとしびれてしまったあの言葉では説明できない感動は、脳の深層にまでしみ込んだ中二体験?のようなものに起因する根深いものだったのか。

 ちょっと疑問なんだけど。
 私は蒼井翔太は歌声から入ったファンで、曲から入ったわけではない。つまり蒼井翔太が歌っていれば、曲はえり好みしない。ただ、たくさんある蒼井翔太の歌(キャラソンを含む)で、アップルポリシャーの曲を聞いたときは「こういう歌を歌ってもらいたかった」と衝動的にCDを集めたので、じゃあこれが私の好きな曲の傾向なのかな。と最近わかったことだった。
 それはいったい、私の中で、どこにルーツがあるんだろう?

 自分が中学高校のころ、邦楽はアニソンで、ああいやまて、井上陽水とかユーミンとかいろいろレコート貸しっこしたっけ。洋楽の最初の窓口はビートルズだったかな。赤盤と青盤。いや、映画のテーマ曲かな?モリコーネとかマンシーニとか。ポールモーリアとか。それって今の私に影響してるんだろうか?
 自分のお小遣いで必死でレコードを買ったのはデビッドボウイだった。でも音楽というより外見が好きだったから(^_^;)かもしれない。高校生だった私が音楽性とかそんな高尚な動機で洋楽とか聴くわけないじゃん。洋楽はファッションだったわ。
 では私は、アップルポリッシャーに何を投影しているのか、それは自分でも謎だわね。

本を捨てるな

 ああ、もう、どうしようもないくらい物がいっぱいいっぱいで片づかないよう(>_<)

  数十年来の友と電話してるときに、「片づかない。山のような本をどうすれば」という話を私がしてて、すると友はそこできっぱりと断言&忠告するのだった。
「本は捨てちゃだめ。私たちオタクは本のコレクターなのよ。読む読まないは関係ない。コレクターが一度手に入れたモノを捨てるなんてありえない。捨てたら絶対後悔するから。死ぬまで貯め込んでおけばいいの」
 言われて、何か光が射してきたような気がした。

 そうだ。何か捨てよう、何を捨てて減らそう、と考えるから先に進まないんだ。片づかないんだ。
 何も捨てない。死ぬまで全部備蓄する。置き場所を考えるだけでいいんだ。
 ……本、すでに捨てちゃったものもあるけどね……捨てて後悔してるものはすでにあるけどね(´・ω・`)
 もう捨てるとか考えない。床に平積みでいいや(^_^;)



沼に落ちた瞬間て覚えてる?

 あ〜風邪引いたわい。熱出て寝込んで、微熱だけど年寄りなので無理しない。ベッドでこれ書いてます。

 数十年来の友がキュウレンジャーにハマったと電話で報告してきて、それでどこで被弾したのか?どこで沼に墜落したのか?という議論になった。
 人によって、いろいろな経緯があると思うんだよね。

 私は、被弾した瞬間の自覚はある。まるで雷にでも撃たれたような衝撃がある。好奇心が抑えきれずに、すぐいろいろ検索しちゃうので、それはよく覚えている。
 被弾してから実際に沼に落ちるまでは、つまり完全にハマるまでは若干、間がある。



[More...]

週刊少年ジャンプ展 に行ってきた

創刊50周年記念「週刊少年ジャンプ展」
vol.1創刊〜1980年代、伝説の始まり


開催日2017年7月18日〜10月15日
開催場所/森アーツセンターギャラリー
(六本木ヒルズ森タワー52階)
https://shonenjump-ten.com/

1707304.jpg
観覧日/2017年7月23日(日)

 一行感想。3時間くらい長居しちゃった(^_^;) 少年ジャンプとともに歳を重ねてきた私の人生を振り返る催し。

 週刊少年ジャンプ50年の歴史を作品で辿る。年代別に3回に分けて開催される大型イベントとのことで、今期は創刊当時からの20年間を展示。


[More...]

2次元と3次元の狭間

 カルテットナイトライブで、ちょっと私の知らない世界が開けたわ。
 まだちょっとその余韻をひきずってる。こんなに影響されるとは思ってなかった。円盤化のアナウンスはまだですか?

 それで、うたプリのライブ行ってみて、いろいろ思ったりしたので、ちょっと書き記す。

 「うたのプリンスさま」というタイトルは、2010年に最初のゲームが発売されている。2010年は「星奏学院際3」開催の年。つまり金色のコルダ3よりあとのタイトルなのね。コニタンファンな私はここまで「うたプリ」は興味の対象外で、それでも大々的なイベントや次々発売されるCDなどの情報は噂には聞いていた。もう7年もやってるんだね。
 今まで私にとっては向こう岸の風景だったうたプリ。今頃になって、一回くらい蒼井翔太が藍で歌って踊ってるところを見てみたいな、と思ってカルテットナイトライブに行きました。それに合わせて作品探訪で、作品内容やファンの感想とかいろいろ読みふけって(SNSとか巨大掲示板とかブログとか)、ちょっとびっくりしたことが…
 なんかケンカしてたり(^_^;) キャラクターを必死でけなしてたりとか。
 運営とか制作に対して不満があるのはわかる。グッズ足りねえじゃねーか馬鹿野郎とか、自分の好きなキャラクターの待遇が悪い!とか。でも自分の嫌いな?キャラを親の敵みたいにけなし、ついでに中の人も(^_^;) それとか、同担拒否とかにわか拒否いろいろと私の知らない世界が展開していた。
 私はびっくりするのと同時に、ああ~なんか自分にも2次元と3次元がごっちゃになった頃があったような気がするなあ(^_^;)と、ちょっと遠い目にもなってた。

[More...]

誰も読む人がいなくてもやる「ひとりコミケ」

 学生時代は許されていたけど、今はなかなかむずかしいこと。
 一日中、本を読んだり、絵を描いたりするだけの生活。
 そらそうだよね。親がごはんもお風呂も洗濯も全部してくれてたんだから。一日中、ずーっと本読んでるとか、ずーっと絵とかマンガ描いてるとか、その合間にちょっと学校行く(^_^;) それが私の学生時代だった。今振り返ると、あれは幸せなことだったのだなあ。自分のためだけに使える時間が延々といくらでも続いてあった。(もちろんもっと真面目に勉強しとけばよかったという思いもあるけど。)
 主婦はいくらでも自分の時間あるじゃない?という指摘は、それは違う。細切れの時間なんかいくらあっても、それはないと一緒。何かまとまったものを読もう書こうと思うと、長時間集中したい。若い時は体力気力もあったけど、さすがにこの歳になると寝ないでやり倒す力技は、もうちょっと無理かな(^_^;)
 だがそんなこと言ってたら結局何もできないで人生終わってしまう。
 書きたい。作きたい。という欲求が止まないうちは、何かやろう。なんとかしよう。
 人に読んでもらう見てもらうは、全然動機じゃない。自分が読みたいだけだったりするけど、しかしせっかくだから人にもみてもらう。評価はどうでもいい。(がんばって更新作業とかにつづく)

ブログ内検索

カテゴリー

プロフィール

正岡

Author:正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。蒼井翔太
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

おともだちリンク

ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © 正岡