バードスクランブル

正岡

おたくな奥様快楽通信

蒼井翔太 LIVE 2021-2022 WONDER lab. coRe2022年6月発売 ミューズ神にお布施。発売日に購入。第一次感想。箱がなんだかおしゃれ。 開封以前に、おっ?と人目を引くジャケットデザイン。紙の箱を着せるのが毎回ここの円盤の仕様だけど、今回は過去のデザインを踏襲してない。なんていうか、ちょっとスタイリッシュで、そしておとぎ話の絵本の表紙のようでファンタジック。 過去のデザインといっても、前の発売は2019年だから3年...

 蒼井翔太ファンクラブの正式名称は、蒼井翔太オフィシャルファンクラブ「A☆ happy lab.」という。会員は「ラボメン」と呼ばれる。 そして毎年恒例のFCイベントはA☆happy lab. Party+開催年+タイトルという表記になっている。(ブロッコリ時代のFCについては私はわからないので省略。ごめんなさい) ここでもラボ。ラボなんだ。FCもイベントも、ライブタイトルと関連してつけられているわけだ。蒼井翔太FCイベントタイトル一...

 今年のFCイベントは、ライブ公演です。それも蒼井翔太の持ち歌じゃない曲で。FCクラブ会員からリクエストを募って、そこから選曲したらしいです。一行感想。さすがの蒼井翔太。これを聴けるのがFC会員だけとか、なんとも贅沢な2公演。(意訳/これが円盤になればいいのに) 正直なところ、年寄の私にはわからない曲ばかりだろう、でも蒼井翔太が歌いたい曲ならなんだっていいぜ。と思ってお出かけした。 よく知ってる曲、聴い...

 お開きのはずが、ちょっと急に思いついちゃって(^_^;) 今年のライブタイトル「coRe」の感想文で、タイトルの意味はあまりどうでもいい(・_・)みたいな私見を、先頃書いてしまったけど、いやいやいや。公演側としてはタイトルというものは考えに考えてつけるもののはずだから、それを軽んじて考えていいというわけではない。 考えてわからないものは無理に踏み込む必要はないけれど、タイトルが何だったかは把握しておくべき。題...

蒼井翔太 0

蒼井翔太LIVE 2021-2022 WONDAER lab. coRe の放送

蒼井翔太LIVE 2021-2022 WONDAER lab. coRe 放送日 2022年3月20日(TBS1) 公演日 2022年2月12日(土)東京ガーデンシアター一行感想。次もまた行くわよ(〃▽〃)会場で見たものを映像で見る意味 会場ではこんなにはっきり見えないし。お顔とか。お衣装とか。 そもそも今までのライブもそうだったけど、私、音楽脳になってるときって記憶や思考が停止してる状態だから、会場ではもっぱら歌とか演奏とか、音の印象がすべてだっ...

蒼井翔太 0

「お昼のショッカーさん」の感想

かわいい小島TVアニメ「お昼のショッカーさん」2022年1月放送一行感想。毎週たった2分かよ!しかし癒される。ひょっとして今年一番の萌えアニメか? 1年やるってマジですか?(⌒▽⌒)  円盤に焼くのめんどくさいので、はよ円盤ほしい。キャラソンやグッズも出せ。(強い要請) まさかとは思うが中の人で実写版でもいいぞ。金ならある。(オタクのキメ台詞) 毎週思わずツイッターで呟いちゃうから、それを記録しておこう。(下...

TVアニメ「カードファイト!ヴァンガード オーバードレス」シーズン22021年10月放送途中、録画失敗してて見れてない回もあるけど。一行感想。それって誰が悪いの? 今期のお話の場は、兄貴とミレイ兄妹側へ。 わるもん?と思ってたら、ミレイお嬢様の人物まわりは時間かけて丁寧に描かれていて、あれ?私は悪くない? でも、妹のために出て行けだの、妹を見捨てたくせにとか、兄貴が言われたあたりで話わからなくなった(^_^;)...

蒼井翔太 0

蒼井翔太ライブ2021-2022 に行ってきた!

蒼井翔太LIVE 2021-2022 WONDAER lab. coRe2022年2月12日(土)東京ガーデンシアター一行感想。歌の波動で全身の細胞が活性化。 本当は今回はチケット残ってたら行くか〜くらいのつもりだった。でも告知で、席数減らして開催(疫病対策)ということだったので、ちょっと不安になってFCで席とりました。 前にも書いたように視力が弱ってるので、会場行ってもお顔やお衣装の柄まで見えない、(どれが誰くらいはわかります(^_^;)...

蒼井翔太 0

「ヴィジュアル・プリズン」の感想

TVアニメ「ヴィジュアル・プリズン」2021年放送一行感想。歌う男性声優。中の人ライブが楽しみ。←結局そこだ。  3つのバンド?アイドル?は全員男で、彼らをとりまく生活の場にも一切女性キャラが登場しない、ある意味で夢設定。そもそも彼らは人間ではなく、その生活感の無さが作品の魅力であり、世界観を支えているのである。(平たく言うとトイレに行かない感) 登場人物に感情移入して、怒ったり悲しんだりするお話の作り...