バードスクランブル

正岡

おたくな奥様快楽通信

バードスクランブル 0

魔神の系譜

「魔神の系譜」https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=14028926 pixivで公開。 1998年に出した鉄拳同人誌「魔神の系譜」の改作。 1998年はプレイステーション版「鉄拳3」の発売年。私は萌えに萌えていました。 当時は、三島一族はいろいろと空白部分があり、一八は死去、一美と仁八は名前だけの存在だったのです。だからこんな話も書けました。 当時の私の疑問は、なぜ平八はそうまでして実の息子や孫を排斥するのか? ...

バードスクランブル 0

闘神伝説異聞

闘神伝説異聞https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=5785521闘神伝説異聞2〜https://www.pixiv.net/novel/series/1405593 pixivで公開中。「鉄拳」二次創作。鉄拳の同人誌小説。正岡著。 これは1999年12月のコミケットで出した「三島神統記」の改作です。 読み切り作品として以前pixivに投稿した「闘神伝説異聞」はそれの第1章にあたり、文面など当時のままです。 2章以降は全年齢に書き改めたもので、結末まで公開しま...

KING OF PRISM 二次創作「bride of prism -雨の廃園ロマンス-」 如月ルヰを幸せにする、花嫁もの小説。 結末は分岐しますが、どれを選んでもハッピーエンド。 PIXIVで公開中。(まだ更新途中です)https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=13388403 ひょっとして私、これが最後の二次創作小説になるかも。 実は目が弱ってきて、長い文章書くのがむずかしくなってきたので。 あとはエンディング書いて完結します。(7.25...

バードスクランブル 0

「シャングリラ」

<ひとりコミケ>BL小説です。シュワルツローズを舞台に、アレク*ルヰ。年齢制限はありません。(2020.1.24) pixiv版「シャングリラ」公開中。https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=12149537 完全版。第1稿をまとめるためにスキップしたり圧縮したエピソードを復活させて、お話を変更した箇所もあるです。アレクとルヰについては少し丁寧な描写になってます。「シャングリラ」「シャングリラ2」「crystal fish」の3部構...

バードスクランブル 1

昔の本

 コミケットを卒業してしばらくたつわけなんですが、もはや不要となったサークルのウェブサイトも閉じて、あとは昔作品なんかをうpしたり、昔語りなぞしよう、と思ってました。 でも、昔とはもう時代が違うので、20年も30年も前に作った作品をネットにのっけるのは、ちょっとどうかと最近は思う。オリジナル作品はいいと思う。でもアニパロ同人の倫理基準?のようなものは、昔とはだいぶ変わったんじゃないか。 昔は、コミケッ...

バードスクランブル 0

pixiv

 pixivに、鉄拳同人時代の絵をupしました。 以前、バードスクランブルホームページに展示していた絵を、ぼちぼち公開していくつもりです。 昔のホームページはモニタも狭く、データを置けるwebスペースも小さかったので、あまり大きなサイズの画像は展示できませんでした。鉄拳のは、大容量時代になってからそれに合わせてリサイズしなおしたものです。御法度や男塾など他の絵は小さいままなので、元データを探してもうちょっと...

バードスクランブル 0

ホームページあれこれ

ホームページあれこれ~貴腐人のひとりごと~ まあ、たいしたもんじゃないのですが、私が自分の同人サークル(サークルっていっても基本一人ですが(^_^;))のホームページを作ったのは1997年のことでした。けっこう早い時期です。(Windows95の頃。Macは漢字トーク7。)私がインターネットというものを始めたのは1996年なので、その翌年には本とにらめっこで始めました。 最初はプロバイダがサービスで提供しているスペースでし...

 夏コミで作ったこの本。10日間で書いた小説本である。書いてるうちに勝手に一輝が出てきた。予定と違う話になったので、これは同人誌の神様が勝手に書いた本なのだ(^_^;) そんなわけで(同人誌の神様が書かせてくれたものなので本にしないといけない、という意味)とりあえず金銭的損失は承知で作った。 問題は、このお話の続刊について。今さら星矢というより、サークルの配置が全然違うし。 実はこれは4話構成の最終話のつ...

バードスクランブル 0

さらにC翼ブームのことなど

 C翼ブームの時代は、コミケットにとってもひとつの変化の時代だったかと思う。 とにかく、C翼サークルの激増は、まさに「雪崩をうって」という表現がぴったりだった。新規参入のサークルももちろん多かったが、それまで他の作品をやっていたサークルが一斉に参入してきたから、同人誌イベントはあっというまにC翼に席巻されてしまっていた。 こうした動きは84年の夏頃から目立ちはじめ、85年にはコミケットの記録にも「C翼に人...