寒川神社/鶴岡八幡宮

1502090.jpg
寒川神社

 季節外れの初詣に行って参りました。
 
 私は三河者なので、この神社はよく知りませんでした。相模の国にお嫁にきて30年、初めてお参りしました。まあ、そろそろ相模者になったといえるかな(^_^;)
 公式サイトによると、相模一宮、御祭神は寒川比古命と寒川比女命。この神様は古事記日本書紀には出てこない名前なので、おそらく大和朝廷以前に相模国を治めていた神様ということだと思います。
 一宮ってなに?(^_^;)
 私はあまり神社はよくわかってないのですが、ちょっと調べた。神社には格式のようなランクがあるんです。一宮とつくのは、その国のランキング一位という意味で(何の根拠に順位が決められているのかはわからないけど)、なんでも昔は国司が赴任すると最初に参拝に行った神社だそうです。二宮、三宮という肩書きの神社もあり、権威や権力には序列がつきものなのです。でもそのランキングは誰がいつ決めたのか、実はよくわからないらしいです。
 とりあえず相模国は、寒川神社が一番格式と権威のあるお宮さんなのです。

 私がお参りした2月7日は非常に寒い日で、午後になってから出かけたものだからだんだん気温が下がっていく時間帯にお参りしました。
 社殿がものすごく大きく立派。しかも新しい。最寄り駅がJR相模線/宮川駅なので、ど田舎を想像してたりすると、意外なくらい立派なお宮さんです。屋台もたくさん出ていて、そんなに参拝客が毎週来るのか、と驚かされました。
 私は知らなかったので恥ずかしいのですが、厄除けの神様として全国から信仰を集めいる、大変ありがたい神様らしいのです。私も小さなストラップを買ってきました。お札とかお守りだと、後で使いどころに困るので、最近はストラップのような実用品を買うようにしています。それと「八福餅」というアンコモチを買いました。
 交通は、この日は自家用車。周辺に無料駐車場があります。午後だったせいかすいていました。

1502091.jpg
鶴岡八幡宮

 寒川神社のあと、鎌倉まで足を伸ばしました。ついたときはもう日没。
 あれ?前に来たときと何か印象が違うような……。私はここは3回くらい来たことがあるのですが、この階段の眺め、何か違うような……。以前はうっそうとした木々が石段や宮をかこっていたような気がする。それがなくなっているのね。
 越天楽の生演奏が聞こえてきて、あれ?なんだろう?こんな時間帯になんで舞いが???と思ったら、石段下の舞殿で結婚式の最中でした。いいですね、屋外で寒いですが、でも歴史ある神社で結婚式なんて(〃▽〃)

 一宮は寒川神社ですが、知名度なら鶴岡八幡宮。頼朝や北条など関東武士の信仰を集めて、源平ものや頼朝の大河ドラマなんかでおなじみ。関東管領に就任した上杉謙信も参拝に来ている。暦ヲタ的にはここは必ず来るところ。ですよね。
 平家物語で、那須与一の「南無八幡大菩薩」というのはここのことだと思う。

 寒川神社よりも、なんか全体的に古びているお宮。それもそのはず、ここは江戸時代のもので、重要文化財だそうです。
 駐車場は、はっきりいて厳しい。夕方で雨降っていたので周辺の有料駐車場に止めることができましたが、鎌倉は自家用車じゃない方がいいと思います。
 鶴岡八幡しか行けなかったので、また鎌倉は機会を改めて。


岡崎城

1501021.jpg
岡崎城土産は井伊直政の蒔絵ステッカー。家康館前の売店にありました。
↓使用後。井伊直政ケータイに。
1501022.jpg 
↓お家用お土産。八丁味噌
1501020.jpg

 

[More...]

岐阜城

1412310.jpg
!天下布武!

 2014年3月31日、岐阜城に行ってきました。
 なぜ岐阜城か。それは年末ここしか営業してなかったからだ。
 岡崎城も名古屋城もお休みだった。ふざけてるのか(`皿´) 家康ゆかりの地めぐりとかしようと思ったのに、どこも年末閉まってるとか、名古屋城も徳川美術館もみんなお休みとか、たまに戻ってきた私を落胆させるとは許せない。
 ところが岐阜城は年中無休。これは行くしかない。うちからはちょっと遠いけど。


[More...]

豊川稲荷

1408040.jpg
豊川稲荷にお参りしてきました。

 日本で一番多い神社は稲荷神社だそうです。
 豊川稲荷は、日本三大稲荷のひとつにその名があがり(三大稲荷のチョイスには諸説あるですが)、正月には全国から参拝者の集まるお稲荷さんである。愛知県豊川市、はっきりいって田舎町、にありながら全国から参拝者を集めるという、大変ありがたいお稲荷さんということがわかる。
 私は幼少のころ豊川稲荷に初詣でに行き、その殺人的な雑踏がよほどコタえたのか、初詣でに有名な神社仏閣には絶対行かないと決めている(^_^;) 行くならシーズンオフ! 私がお参りした8月3日は今にも雨が降りそうな曇天で、陽射しはないけど朝からサウナのように蒸し暑く、境内はクマゼミがやたらやかましく響いておりました。


[More...]

首塚/神田明神

  1308230.jpg 本日のお参りは、将門の首塚と神田明神です。
 わたくし、相模国にお嫁に来て約30年。地元の名所旧跡は意外と行った事がない。いつでも行けると思いながら、とうとう30年もたった。これからは地元の名所にできるだけ行こうと思いました。というわけで、このブログもカテゴリをひとつ増やしました(^_^;)

 さて、このたび思う所あって、願掛けにお参りに行こうと思い立ちました。
 関東で一番偉い霊場はどこなのか?……よくわかりません(^_^;)私は生まれも育ちも三河者です。
 この間の4月、こんぴら歌舞伎で崇徳天皇陵を詣でたばかりだったので、日本三大怨霊つながりで将門公の首塚にお参りに行くことにしました。将門の首塚はゲームとかファンタジー関係でも有名どころではあるのですが、実は私は一度もお参りしたことがなかったんです。
 今回は首塚と、将門公を祀っている神田明神に詣でました。
 (右写真は首塚。道路からの眺め)


[More...]

こんぴら歌舞伎に行ってきた 四国一人旅(その5)善通寺 JRの旅まとめ

 こんぴら歌舞伎の旅記録最終回。
 こんぴら歌舞伎午前の部が終り、預けた荷物をとら丸旅館に取りに戻って、そしたら駅まで送ってもらった。この時午後3時くらいだったかと思う。駅についてみると、わりとすぐに普通電車が来るので、善通寺に寄ることにする。
 善通寺は琴平のすぐ隣の駅。元々候補には入れていて、ちょっとお参りくらいできる時間はあるだろう、と思い立つ。せっかくだから拝んで帰ろう。

 善通寺駅で、コインロッカーに荷物を預ける。え〜少ししかないコインロッカー。誰も使ってない。全部空いてる……
 善通寺は駅からタクシーで。こんぴら様のような山の中?を想像していたら、ずばり平地!
↓タクシー降りた所。門の外から。
1304162.jpg


[More...]

こんぴら歌舞伎に行ってきた 四国一人旅(その4)琴平温泉と旧金比羅大芝居

 琴平の温泉宿と旧金比羅大芝居(金丸座)。
1304142.jpg
 ↑重要文化財。旧金比羅大芝居(金丸座)
 観光写真のイメージどおり。木造建築をなめてはいけませんね。立派な芝居小屋です。修復工事を何度かほどこしていますが、江戸時代の建物です。元々は川沿いにあったものをここに移築したそうです。山間なのでWi-Fiは入らなかったです。
 こんぴら歌舞伎の興行中はできないですが、普段は内部構造とか見学できるらしいです。





[More...]

こんぴら歌舞伎に行ってきた 四国一人旅(その3)金刀比羅宮にお参り

 朝から腹具合が落ち着かなくて(^_^;)、出発を一時間のばした……というところまでが前回。
 私は体力ないのと、枕が変わると寝られない人なので、旅行というのは「睡眠で回復できない」耐久イベントのようなもの(^_^;) 学生時代の旅行も旅行中突然熱出したり、エアコンの効いた新幹線やレストランで気分悪くなったり、同行した友人たちに迷惑をかけたものだ。元々団体行動というだけで精神的に負担に感じるB型なので(^_^;)、日程を思いつきでどうにでもできる一人旅は自分にぴったりなのである。でも、体調不良に陥ったら付き添ってくれる友人がいないというリスクもある、それが一人旅というものだ。

 朝、のんびりチェックアウトして、宇多津の駅から電車に乗ったのは10時45分ごろだったか。二両編成の各駅にがたごとと揺られて、ものの20分ほどで琴平に着いた。電車の本数は少ないけど、実は地図でイメージするよりも近いのだ。
 琴平駅着、午前11時。意外と早く着いた。こんぴら歌舞伎は午後3時から。2時半開場だから、宿屋に2時についていれば良い理屈。歌舞伎の前にちょっとこんぴら様をお参りに行く。金刀比羅宮の御祭神は大物主と崇徳天皇なのである。
 本当は、体力に自信がないので行くつもりはなかった(^_^;) でも琴平駅に着いたとき薄日が差してきて、なんだか呼ばれているような気がしたの。ここまで来てお参り行かないのはこんぴらさんに失礼というものだ。
1304152.jpg
 ↑本日宿泊予定の旅館前から、参道を見上げたところ。午前11時半ごろ。
 旅館までタクシーで5分くらい。参道の途中にある。荷物は旅館に預かってもらって、ハンドバッグひとつ、ペットボトルのお水と折畳み傘を持って、よし出発だ。



 

[More...]

こんぴら歌舞伎に行ってきた 四国一人旅(その2)崇徳天皇ゆかりの地めぐり

 讃岐国で最初に訪れたのは、崇徳天皇陵でした。
 朝9時半ごろ新横浜を新幹線のぞみで発って、香川県の坂出駅に着いたのは午後2時ごろでした。瀬戸大橋を渡った時、弱い雨が降っていました。それが坂出駅についた時、雨は降ってなくて、ふいに晴れてきたのです。
 これはやっぱり、まずは崇徳天皇陵に行かなくてはいけないのではないか。四国に足を踏み入れて、最初にあいさつにいくべき所なのではないか。そんな気がして、四谷シモン人形館はあきらめて、崇徳天皇陵だけは見てホテルで休む、明日に備えて(^_^;)と決めました。

 前に坂出市の観光課のようなところに電話して、崇徳天皇陵ってどうやって行くのか聞いたんです。観光課のいうのには、坂出駅構内に観光案内があるので、そこで具体的なことを聞いてください、ということでした。
 そこで駅にある観光課というところにいってみると、年配の男性職員が一人待機していた。
 「崇徳天皇陵に行きたいのだけど?交通手段とか……」ということを聞くと、タクシーをチャーターしていくのが最良とのこと。崇徳天皇関係の史蹟を回ってくれてるサービスをやっているタクシー会社を紹介してくれた。スミレタクシー(だったかな?)。駅近くに営業所を構えている。
 さっそくそこを訪ねると、いろんなコースがあって、観光パンフレットにある崇徳天皇関連の史蹟を全部回るコースをお願いすることに。2時間で10200円。もちろんタクシーの運転手さんのガイド付。
 10200円はちょっと痛いかな…とかちょっと思ったんですが、レンタカーで自分で運転しなくて大正解(^_^;) 崇徳天皇陵が超山の中で、勾配のきつい道が細くて狭くて曲がりくねって、崖の上の道で、路肩工事中とかだったり……わかりにくいし……タクシーで来て良かった〜(^_^;) 地図で見るのと実際の道路は大違いですね。蛇の道はへび……というのは違うかもしれないけど、プロにまかせるのが一番ですね。



[More...]

ブログ内検索

カテゴリー

プロフィール

正岡

Author:正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ。
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

おともだちリンク

ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © 正岡