星奏学院祭5

響也「ネオロマンスフェスタ」
律「金色のコルダ」
全員「星奏学院祭ファイブ!」

1609190.jpg
星奏学院祭5
2016年9月10〜11日(全四公演)於パシフィコ横浜大ホール

 星奏学院祭は2年ぶり5回目ですが、実際には学校別イベントやアニメイベントもあり、若手俳優による音楽劇もやってるので、コルダファンはもっといっぱいお金使っていますよ(^_^;)
 開催からもう1週間たってしまいましたが、遅まきながら感想。

 前回「星奏学院祭4」はアニメ放送後というタイミングのせいか、本当にチケット獲得で苦労したけど、今回は先行と一般で希望通り確保できた人が多いんじゃないかと思います。元々、お金さえあれば、好きな声優さんの芝居も歌もバラエティも楽しめる良イベントなのです。
 ゲームソフトは「金色のコルダ4」だけど、イベントは「星奏学院祭5」です。アニーバーサリで学院祭4を開催しているので、タイトル番号と一致しなくなったのだ。コルダ4を作る企画がまだ当時なかったのかもしれない。

 今回は、攻略キャラクター担当の声優さんは全公演、脇キャラ担当声優さんが日替わりで出演、という構成。学校別じゃないので、大所帯イベント。ステージ上に並ぶと端から端までの壮観な眺めです。
 公演内容は、今回は朗読ドラマに力が入っていて、こういってはなんですが、やっぱり声優さんて歌よりも演技こそが本業なんですね。意外に聞かせどころ聞きどころ満載で、四公演とも面白かったです。シャッフル人選になってるので、初めて見る人には学校名や人間関係の説明がいるかもしれないけど、コルダ4設定はこういうもの。学校はそれぞれに違うけど既知の仲、という設定で書かれている。
 歌は、主題歌は「JOYFULL」。OP部長と駄犬組。全員でも歌っている。アンコールは恒例「happytime」。
 キャラソンは日替わり。主に新曲CDからと、コルダ1〜3時代のものも。
 バラエティコーナーは、今回は全員登壇してのゲームで、にぎやかなものだった。
 こうしてみると、星奏学院祭は通しで4公演全部通うと、より楽しめる構成なんですね。一番安い三階席6000円でも全通すると2万越えしてしまうのですが、幸い?私は10日昼の部がライブビューイングだったので(チケットとれなかったの(-_-))チケ代少し圧縮できました(^_^;)
 


[More...]

テイルズオブフェスティバル2016

1607110.jpg
 実は私はテイルズフェスは久々です。土日両日行ってきました。

 私はゲームファン的には、テイルズよりも前の世代なので、テイルズというと息子がやってるのを横で見ていたので知ってる的なファンです。自力で最後までやったのはデスティニ2(PSP)だけで、他は途中放置のがいくつか…(^_^;) 自分で踏破したシリーズではないので、ものすごく思い入れがあるというほどではないけど、声優ファン的には無視できない。
 テイルズフェスについては、第3回目にあたる「2010」から3回くらい通ったかな。確認しようと思って公式サイトの記録を見たけど、どうも記憶がはっきりしない。家にあるDVDは、「2008」「2009」の2つでで、それっきり買ってないしイベントもごぶさたしてたのはお金がなかったから。

 今、テイルズフェスってどんなことやってるの?
 久々に行ってちょっと驚いたこと。
(1)入場がスムーズ
(2)OP集が応援上演



[More...]

ドラマリーディング日本名作選「それから」

1603133.jpg
声の優れた俳優によるドラマリーディング
日本名作選 第一弾
「それから」
 
2016年3月11日 於紀伊国屋サザンシアター
出演/小西克幸 下田麻美 関俊彦 阿澄佳奈

 3月8日〜13日にわたっての七回公演。梶裕貴さんを主軸に企画されてて、そのうちの2回を小西さんが出演している。他の出演者も固定ではなく、上演日によってさまざま。私が見に行ったのは小西主演回の日。

 私は正直いって漱石が特に好きというわけではなく、ただ単に小西さんのドラマだか朗読のイベントがある!コニタンボイスが生で聞ける!それもトークショーとかじゃなくて、台本持ってやる仕事! という動機で行きました。

 感想。小西ファン的には、すごい満足なイベントでした。
 夜7時に始まって、終わったのは8時45分ごろだったかな。映画1本分の台本をえんえんと4人が読み続ける。ただ原作文をそのまま読む朗読ではない。ドラマのようにセリフをやりとりする場面もあり。舞台セットや照明の変化、効果音もあって、視覚から情景を盛り上げる部分もあり。
 配役は主人公は小西固定で、他の人物のセリフは他の3人でふりわけて担当して、本文二当たる部分はそのときどきの状況で4人で分担。
 声優ファン的満足のいく出来だったと思う。コニタンボイスを堪能。

 「それから」という題材的にはどうなのか?
 私は漱石は中高生の頃に一度目を通して、それから息子の読書感想文のお手伝いで読み直した程度で、内容をさっぱり思い出せなかったところをみると、あまり興味はないらしい。その程度の読者として感想。
 「それから」的には、コニタンの主人公はちょっとかっこよすぎるのではないか?(^_^;)
 声量がたっぷりとあり、声がステキ。悩める主人公?にしてはちょっと魅力的すぎる。亭主を裏切る?人妻こそ正義!(^_^;)
 これはディレクションの裁量だと思うけど、主役になにがしかの力がないと観客は長時間ついていけないから、観客に見せる舞台としてはこうあるべきものなんだ、と思う。主役で一番読むところが多いのに退屈男では、1時間半持たないよな、ライブってのはやり直しきかないから、がしっと聴衆をひっぱっていくのは主役の役目なのね。
 座組が違う他の日はどんなだったんだろう? 私は一回しか行かなかったですが、同じ小西さんが主役回でも共演者によっていろいろ印象は違っただろうと思うと、あと一回も行けばよかったのかな。

 「それから」のお話の感想。
 私は、一番もやもやするのが女キャラなのね。漱石自身は男だから、女が何を考えているのかは踏み込んでいかない。
 女は、何か目の前であいまいなサインは送って寄越すが、それ以上こっちに来ない。イエスノーも言わない。たしか、「三四郎」もそんなだったような。主人公もヘタレなんだろうけど、女も負けずにヘタレだったですね。

 今回は第一弾となっていたので、もしかしていずれ第2弾で古典文学をやるのでしょうか。
 ご縁がありましたらまた。コニタンが出るなら私はまた行きます。原作本のえりごのみはしません。


声優口演SPECIAL

声優口演SPECIAL~人気声優で甦るサイレント・ムービー~」
11月8日(日) 13時/16時 於よみうりホール


 こういうイベント、毎年やっていたの、初めて知りました。
 過去の開催歴を見るに、主催者が羽佐間道夫氏のためか全体的にランク高目の人選? 今回はコニタンの世代にも招集がかかったようです。

 公演内容は、キートンとロイドの無声映画の二本立て。上映に合わせて、声優らがセリフ、トリオのバンドがBGMを生演奏をつけて、無声映画を楽しもうというもの。
 二日間で4公演。7日と8日では出演者が違い、昼と夜では配役を変える。
 私はコニタン出演の8日のみチケットをとりました。昼夜両方。

感想とか。
  • 行って良かった。台本持って仕事してるコニタンを見たかったの。
  • 無声映画ってTVでしか見たことが無くて、それもだいぶ昔のこと。なかなか見る機会がないものなので、それは楽しかった。CGとか特殊効果のない時代だから、身体を張って撮影していたであろう先人のがんばりも見どころの映画。映画真剣に見ちゃって、声とか音楽とかに神経いかなかったり。
  • コニタンファン的には萌えというより、映画上映のサポートみたいな仕事だから、その緊張感とか臨場感でどきどきだったわ。
  • コニタンの座組は、「キートンの化け物屋敷」羽佐間道夫、野沢雅子、堀内賢雄、小西克幸、というコニタン意外ベテランの組で、しかも昼の部キートン小西、夜の部キートン堀内、という配役。羽佐間さんにとっては賢雄さんが後輩扱いだったのが軽くカルチャーショック(^_^;)
  • どんな声でキートンやるんだろう?と思ってたけど、想像していたよりも高目のトーンで、ばりばりしゃべりまくる。これは堀内さんもそうだったので、二人のキートンにあまり差は感じなかった。コニタンの方がちょっと声が若いくらいの違い。
  • 台本について。この映画の元々の台本はないんだよね? 多分このイベント用に書き下ろしたやつ? キートンは画面の中ではばりばり動きまくるけど、ずーっと同じ無表情男。でもセリフも声も表情豊かで、しかも超早口。キートンってこういうキャラなんだ?というのは私には予想外だった。
  • 昼夜両方見てわかったけど、どこまでが台本どおりで、どれが役者があとからくっつけたアドリブギャグか。台本に詳細に面白セリフがちりばめられているのね。コメディ映画の脚本ってこういうものなのかも。
  • トークショーは、コニタンは自分の主役回終わった直後で、すごく口調が軽かった。重圧から解放されて?
  • 羽佐間さんは、再三コニタンをほめていたけど、最初にコニタンが稽古でやったキートンにはダメ出ししたってことなんだよね? それはどんなキートンだったんだろう?
  • 「ロイドの巨人征服」は、野島さん森田さんが主役。どっちも良かったです。プロがやる仕事ですから、歳も近いし、同じ台本で差が出るとは思えないですけどね。

 無声映画は、当時は義太夫とか浪曲のように、弁士がト書きとセリフを一人語りするスタイルで上演されていたらしいです。伴奏もつけていたのかな?台本ってあったのかな?
 今、TVで放送されるとしたら、BGMだけでやると思います。私がTVで見たチャップリンは音楽だけだった。その音楽も元のフィルムにはないんだよね? 映像にどんな声や音楽がつけられるかでだいぶ印象が変わると思うけど、今回は同じ台本だった。違う台本でやるというのはどうかな?
 上演映画も、過去の上演歴はチャップリンとかが多いみたいだけど、日本映画の無声映画も見てみたいな。どんな映画があるのか?権利はどうなっているのか?すら知らないで、私、適当なこと書いてますが(^_^;)


金色のコルダbluesky 全国学生音楽コンクール

1510260.jpg


金色のコルダbluesky 全国学生音楽コンクール
2015年10月26日(日)於豊洲PIT
夜の部/昼の部

 金色のコルダbluesky はゲーム「金色のコルダ3」のアニメ版タイトルで、このイベントはアニメ円盤の販促で優先申し込みができる、というものだった。1クールの放送のアニメだし、せいぜいトークショー付き上映会程度のイベントだろうと、申し込んだことも忘れていた頃、このイベントの開催告知があったのです。え〜これは学校別オンリー並に声優さんもがっつり出演、その上舞台コルダのキャストさんもゲストに来るとか、けっこう大掛かりなイベントに。なぜなら、そう、コルダは来年新作が出ます。そして舞台コルダもまだこの先の展開があるに違いありません。
 いつものネオロマと違うのは、つまりこれはアニメコルダを冠したイベントなのね。だからステージのタイトル画や動画はアニメの絵、BGMもアニメのもの。アニメ動画を使った生アフレコなんかもあり。またDVD収録がないので、けっこう声優さんもやってはいけない的なネタに走ったり(^_^;)なイベントだった。

 豊洲PITは初めて行った。天井が低く、音響は良かったです。トイレもコインロッカーも数は充実している。
 でも、年寄り(私のこと(^_^;))にはスタンディングのイベントはきっついな。入場待ちの間、地面に座り込んで飲み食いしてる人もけっこういたけど、しょうがないよね。まわりにお店もなければベンチもないんだから。汚したりしなければいいよの。
 でもでも、きついのは覚悟で行ったわりには、期待したほどのダメージはなかった。なんだろう?萌えが充電されて、その分疲れてない感じ?ほらいつものコルダオンリーで4公演通ってもだいじょぶみたいな(^_^;)
 なんかね、人間には「精神ポイント」と「体力ポイント」があって、精神ポイントがMAXの時は体力が減りにくく、減ってもすぐ回復する。精神ポイントが落ち込んでるときは、体力ポイントは飲み食い睡眠しても回復しにくい。そう、人間は心が幸せでないと健康にはなれないのです! 人はパンのみにて生きるにあらず萌えも要る。
 私にとってコルダは、あるいはコニタンイベントは、精神ポイントをMAXまで充電してくれるものなのね(〃▽〃)

 このイベントはDVDでの発売がないそうなので、ここでの出来事はもう記憶の中でしか再生できないのね。だから思い出せることだけでもメモっておく。記憶違いや欠落もあるので、それは他にどなたかイベント行った人のブログやSNSなどで探してね。
 昼の部と夜の部の構成は同じ。お当番声優が違う。
  • 開演待機で暗転。「WINGS TO FLY」東金抜きの4人でTVサイズ版を歌う。続けてキャラ紹介&出演者登場。スクリーンはアニメの場面とアニメのキャラ絵。私はこのアニメ絵が好きだったから、声優みたり画面みたり忙しかった。 
  • アニメの名場面再アフレコとトーク。本編にはないはずのアドリブありで、別の作品になってる感(^_^;)
  • ラジオ出張版。三行エールと名場面アフレコ。関西弁のかなでちゃんとか天音が戦国無双になったり、至誠館の卍解が見られた。
  • 舞台コルダキャストが声優と共演。舞台キャストは自分の役をやって、声優陣は他の役をやったりとか。ジュンジュンの如月律はなかなかだったな。
  • 歌は、声優それぞれ一曲ずつ。(昼夜通しで)音響がよかったせいか、よかったな歌。今度こそはと誰もが思っていたであろう如月兄弟の歌はなかった。あれは幻のキャラソンになってしまうのか。
  • イベントの締めは律と響也でつづるメッセージドラマ。大会後、ふたりがふりかえり、かなでに語りかける。昼夜共通。如月兄弟は歌じゃなくてドラマ朗読でイベントの締めを。
  • エンディングはAndanteをフルコーラスでしっとり。
  • 出演者コメント。最後になってコニタンがコルダ無双の話でジュンジュンと漫談を。ジュンジュンがコルダ4今録ってるて言ってました。 

 なんかすごくコニタンを見るのを久しぶりな気がする……ジュンジュンなんか去年の星奏オンリー以来だわ。というより、コニタンが台本持って芝居をするイベントが久しぶり、ということかな。トークしているのは小西克幸であって、台本読んで初めて声優小西克幸になるわけなのね。私はそれが見たかったのね。やっぱ芝居見てなんぼだわ。FEifやラジレンやコニシの日にないものはそれだったのね。
 声だけで如月律がそこに実在するような錯覚をしてしまう(他の声優とキャラもまた然り)それがコルダのイベントに私が求めているものなのね。これで、この声でこの芝居で、私の精神ポイントがMAXまで回復するのね。

 それと、印象に残ったのは、舞台コルダの役者さん。私はコルダは如月コニタン律が目当てであって、ここでイケメン若手俳優が見たいわけでは……とは思っていたけど、実物は若くてかっこいいから眼福ではあったわね。彼らがステージに出てきたとき緊張しているのはわかった、もちろん会場に来てる客はアニメとか声優とかゲームのファンであって、自分の客じゃないわけで、立ち位置むずかしいよね(^_^;) 神南組の二人は昼夜出てて、じゃあやっぱりコルダ舞台は次をやるんだね。次も響也が主人公だといいな。
 響也役の人は目鼻立ちがくっきりしていて、化粧映えのするいい男ですね。次の響也も楽しみです。

 DVD発売がないのは本当に残念ですね。一夜限りの思い出。
 アニメの販促のイベントって、私、ディーフラグは行ったっけ。あれよりもコルダの方が発売応募から間隔空いてて、その分準備にも時間かけたイベントだったのがわかるです。単なる販促イベントじゃなくて、もうちょっと先の展望もあるからですね。
 私、そろそろ年齢的にきついんで(体力はもちろんだけど回りが若くて恥ずかしい(-_-;)という意味)イベントとか卒業したいと思っているんですが、来年コルダ4が出るってことは当然コーエーのコルダイベント攻めが予想されるわけで、もうちょっとだけがんばろうかな…

(なんか思い出したら追記するかも)

ラジレンまつり2015 行ってきたよ

 コニタンご登壇と聞いて。

 行ってきました、2015/8/18、東京高裁フォーラムA。
 ラジレンの公開録音と、特撮ソングのライブがイベント内容。コニタン目当てとはいっても、私も特産ファンの端くれ。プロの生歌も聞けて超満足なイベントだった。

 公録内容については、後日番組で放送予定。コニタンは終始、スピーカーの通りのよさそうな明瞭ボイスだった。ゲスト3人順番につづけての収録だったわけだけど、コニタンの収録になって、鈴村神谷の話し口調がフランクになったのが印象的だったわ。

 やっぱりプロの歌は違うんだがね。ニンニンジャーのOPとED曲。がっつり聞けて感激。CDやTVで効くのとは大違い。あの声量と声の厚みは生で聞かないとわからない。これで食ってるんだからな、当然だよね。
 サイキックラバーのデカレンジャーとシンケンジャーも聞けて、もう感激。そうそう、デカレンの円盤box買わなくちゃ!
 そしてMojoのマシンマン。マシンマンが生で聞けるなんて! Mojoメドレーは昭和特撮なわけだけど、あたしはストライク世代なのでもう感涙でした。
 コニタン目当てで行ったイベントだけど、本当に感激した。
 コニタンがこれにお呼ばれしたのはm本当に良かったです。東映さん、これからもコニタン使ってね。



コニシの日 イベントに行ってきた

 ご報告が遅くなりましたが、「コニシの日」イベント、行ってきました。
 5月下旬からちょっと立て込んでて、自分も風邪をこじらせて寝込んでたり、しばらくブログも沈黙してました。すいません。

 去る5月24日、「コニシの日」ということで、コニタンファンを集めたイベントが一ツ橋ホールで開催されました。
 一ツ橋ホールってどこだ??? 行ってみて気付いたですが、ここってジャンプアニメツアーとかで来たことがある。場所が都心のどまんなか、神保町駅降りてすぐという絶好の立地。京王線沿線の私は、乗り換えなしで行けちゃう所。
 物販は開場してからのんびり行ったので、あのかわいい表紙のスケッチブックは手に入りませんでした(^_^;) 缶バッジを2つがささやかな戦利品。

 さて、イベント内容は……小西さんの生い立ちなどを肴に、小西さん、小野坂さん、伊藤さん、かがずさんの漫談とコントを披露(^_^;) さしずめ…コニタン寄席?
 小西さんの幼少の頃の家族写真など、声優になるまでのプライベート写真がメインディッシュ。養成所時代の写真は、イトケンさんの提供だそうで、なんでもイトケンさんの奥様が養成所時代にコニタンと同期だったのだそうです。
 イベントもいよいよ締めに……というあたりで、誰?初老の紳士がステージに登場。
 実は、コニシの日はただのファンイベントではなくて、正式に認定された日なのだそうです。
 一般社団法人「日本記念日協会」という組織に、フロンティアワークスが正式に登録申請し、審査が通って認定されたもの。ステージではその理事が、認定書を小西さんに渡すというセレモニーがおこわなれました。えええ〜シャレでやったイベントじゃなかったのですね(^_^;) フロンティアワークスって……(^_^;)
(日本記念日協会のHPはこちら
 理事の方のお話では、声優個人の記念日申請は初めてとのこと。当然審査時に「だれ?」みたいなはずが、詳しいスタッフがいて、全会一致で通ったとか。思うに声優アワードの助演賞も、これとセットだったのかもね。
 そんなわけで、私たちファンも末長く小西さんの活躍を期待しつつ、応援していきたいと思います。

 このイベント、伊藤さんかがずさんを呼んでるところからして、たぶん「セレス」あたりの話をする段取りだったんじゃないかと思う。ぶっちゃけ私はコントよりもそっちが興味あった。私は後追いコニタンファンだったので、この作品は後からレンタルで見た。放送当時の話は全然知らないから、それはちょっと聞きたかった。でも具体的な作品名を出すのは、いろいろと制約はあるとは思うんだけど(これはフロンティアワークスの仕切ってるイベント)、なんかあっというまのイベントでした(〃▽〃)

 私は次に見るコニタンのステージは、ファイヤーエムブレム祭です。つづく。

[More...]

金色のコルダ featuring星奏学院 に行って来た

1412160.jpg
エントランスホールで出迎える如月兄弟

 ブログの方ですでにちらっとつぶやいたけど、それを含めていろいろ感想などを。
 12月14日開催「ネオロマンスフェスタ金色のコルダfeaturing星奏学院」於パシフィコ横浜、に行って来ました。前日は天音日だったのですが、私はコニタンの出てる星奏回のみの参戦です。
 例年、この時期ってネオロマは何かイベントやってて、以前はクリスマスを銘打ったネオロマイベントとかだったと思います。今年はコルダの学校別オンリーとか、ファン的には外せない企画ですよね(^_^;)
 天音日の方は見てないですが、本当に脇の出演者まで含めてコンセプト的に完璧なイベントだったろうな。天音ファンは超うらやましい。
 星奏の方は無印と抱き合わせ企画で、半分近くは無印+ffだった。正直私はそこは微妙な心持ちはあったのだけど、そりゃコルダ3が発売したのって3〜4年前の話だし、あれから全然設定も何も動いてないし、今更星奏組で何やれってネタもないし、無印コルダのファンをおいてきぼりにもできなし、それはわかってるから別に文句があるわけじゃないよ、だけど4schoolsのときはジュンジュンいなかった……アナスカで盛り上ってる他の組がうらやましい…とか正直いうといろいろ思ってたわけですよ。でも。夜の部の響也の芝居でなんかもう全部忘れました。
 福山潤……惚れるわ(〃▽〃)
 やっぱり声優の本業は演技なんだよね。前にも言ったように、こういう瞬間って舞台にひっぱられるような感じになって、すごく近くに見えたりする。ああ、今日は如月響也に会いに来たんだと思った。だけどね、芝居ってのは相手があってやることだからね。ここはコニタンのお手柄でもあるぞ。台本作家さんは、困った時は如月兄弟でお芝居を書くといいよ(〃▽〃)


 イベントの感想とかいろいろ忘れないうちに、思いつくことからメモっておく。

[More...]

星奏学院祭4

ライブビデオ ネオロマンス・フェスタ 金色のコルダ 星奏学院祭4 通常版 [DVD]ライブビデオ ネオロマンス・フェスタ 金色のコルダ 星奏学院祭4 通常版 [DVD]
(2014/12/10)
イベント

商品詳細を見る

 チケット瞬殺で阿鼻叫喚(^_^;)となった8月のイベントDVD。パシフィコ横浜のでっかいホールを3F席まで開放するので、金さえあれば好きな声優が見られるo(^-^)o良イベントだったのに(^_^;)いったいどうなってるの? 私もけっこうパニクりました。その、二日間に渡って開催された4公演を、4枚組DVDに収録している。ちなみに私が購入したのは通常版。

 イベントから4ヶ月たって、その時の記憶がすでに怪しくなっているけど(^_^;)感想〜。
・自分は2階席、3階席で見ているので、映像的にはけっこう新鮮。ああこの場面は近くで見るとこんなだったのか〜とか。それと自分のその時の印象と、実際には映像がちょっと違ったりもする。まあなにしろ席遠かったので、音や声だけの印象で記憶していたってことなのね。
・会場での雰囲気はDVDには再現しきれない。会場の音もちゃんと拾って、画面に反映させているけど、DVDの音声として収録できる音と、現場の音は違うのね。「RRR」のとこは本当にすごかった。満員のお客さんのきゃーで空気が揺れた。私は自分はキャー言わない人なので、そこは客観的に間違いない。
 また会場マイクが音を拾えてない感動もある。なんでもかんでもきゃーじゃないから。
 そんなわけで、イベントは生で見る価値があるものなのね。行ける機会がある人はぜひぜひ。コルダは会場でかいし、けっこう年齢高い人とかいるし(私とか私とか)臆せず行け。
・見て思い出したけど、そうそうそう。最終公演て開演が30分以上おくれたんだっけ? だから遠くから来てて、最終電車への乗り継ぎとか、今日中に帰らないといけない人は、公演途中で帰ることになったんだよね。
・今回は星奏学院祭、というタイトルなので、無印コルダもLRとか3Bとか4つに分類して4公演のテーマにわりふっている。全体的に無印も3も満遍なく扱っている。
・星奏学院祭5は来年か〜。私がコーエーの偉い人なら、この盛り上ってる熱い気持ちをなんとか次につなげるにはどうすればいいか、って考えるわな。アマチュアが考えることは当然プロも考えてるよな。来年を期待しよう。
・アンフィニが出番減った? 別にファンというわけじゃないけど、しゃべりとかうまくなって使えるタレントになったと思っていたのに。

ディスクごとの感想も書いちゃう。
1412122.jpg
部長と駄犬デビューm(。≧Д≦。)m

[More...]

ブログ内検索

カテゴリー

プロフィール

正岡

Author:正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ。
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

おともだちリンク

ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © 正岡