アイドール46に行ってきました

アイドール46に行ってきました。
ドールイベントも昔はささやかな手作り品フリマだったんだけど、今は本職っぽいディーラーが多いかも。
女の子服は充実。うちは男の子ばかりだから、やっぱり自分で作らないと……という気持ちを強くした。早くお裁縫再開したいわ。

アイドール戦利品などはこちら
http://hitogatakyu.blog65.fc2.com/blog-entry-323.html

ドールカルチャー展

1409301.jpg
六本木ヒルズで女の子をナンパ(^_^;)

 ドールカルチャー展に行って来ました。於六本木ヒルズ展望台。
http://www.doll-culture.com/

 六本木ヒルズって、前に松田龍平の映画試写会とかで来たことがあるけど、ほとんど異次元(^_^;) 公式HPのフロアマップ見てもどこに会場があるのか全然わからないぞ。とりあえずビルにはたどりついたけど、どこから上に上がるの???(^_^;) そういう時は警備員のお兄さんに遠慮無く聞く。なるほどーここはオフィスの入り口で、展望台入り口はあっち?(^_^;)

 さて、ドールカルチャー展について。
 リカジェニバビの歴代着せ替え人形に、この世界では新顔のブライスとSDを加えたドール展。リカジェニバビには長い歴史があるので、その変遷や世相を反映した展示。ブライスとSDは主に商品コンセプト(カスタムできるドール)の展示、という印象だ。解説うんちく本や図録のようなものはなく、このドール展示の意味がわかるのは、これで遊んだことがある人とか、玩具ヲタクだけかも。
 しかし文化論を抜きに、展望台料金でふらっとついでにドールを見るだけの企画でもある。ほ〜今こんな人形が売っているんですか、とか思うだけでいいのかもしれない。撮影フリーなので、メーカー的には壮大な宣伝でもある。
 女の子ならこのうちのどれかに触ったことくらいあるだろう。だからデートのついでに寄るには絶好の場所。イベント併設のカフェもあるけど、レストラン街は平日のランチは意外にお得でおいしかったです。
  ドール展は10/19まで。期間中、ドールの販売などの売店もある。

1409302.jpg  このイベント、マイドール持参だと入場料200円引き。(マイドール割は平日のみ)なので、私もうちの鬼丸兄さん(SDC嵐)を連れていきました。展示コースの中に、あちこちで撮影スポットがあって、自分のドールを置いて撮影できるのだ。午前中はがらがらなので、楽しめるです。大きい子連れて来ればよかったな…
 横のSDの女の子は、新型ボディのSDミディ。身長は40cmくらいです。従来のMSDよりも体型がほっそりして、足が長くなっている。うちのSDCとは別企画なので、身長は近いのだけど、ヘッドサイズや手足の造型が全然違う(^_^;) 同じメーカーだけど。
 うちに帰ってきて写真見たら、女の子がすごく嬉しそうに撮れていた。うちの鬼丸、男前だからな(^_^;)
 もうちょっとぴったりのウィッグを持って行けばよかった。SDCはぴったりのウィッグがなかなかなくてね…
 このSDの女の子は実際にSDを抱っこできるというコーナーで、ソファに座って待ってるので、SD連れていく子はお友達になってあげてね。

 ドールカルチャー展と同じフロアで開催中の「私のマーガレット展」
http://my-margaret.jp/
も行きました。(別料金)
 私は、マーガレットは中学で卒業してしまったので(腐女子になったので(^_^;))、だからベルばらくらいの世代。集英社といえば、昔も今もマンガの国。多分、少年ジャンプよりも発行先だったかと。マーガレットの歴史を見ると、少女文化の流行りものが伺えると思います。

 そして、新宿アルタの「天使のすみか」(ボークスのSD専門ショップ)が閉店になるそうなので、最後にちょっと寄ってきました。おとなりは、お友達のシン(幼SD。本当は男の子(^_^;))。
1409300.jpg
 アルタ店はボークスの店舗の中では初期のお店で、私もだいぶお世話になったわ。中古SDの多い私は、ここで大物を買うことはなかったですが、新宿駅前という立地のおかげで、都内に出たとき帰りにちょっと立ち寄る場所。ウィッグだのグラスアイだの道具だのドールスタンドだの、こまごましたものをいろいろ買い集めました。あの頃の店長さんは、出世なさったのでしょうね。


スーパードルフィー SD17如月律

1312051.jpg 1312056.jpg  
 なんちゃってキャラコスドール(^_^;)
 SDGr伊達政宗ヘッド+SD17で「如月律」風に。
 うしろのは、このあいだまで伊藤啓太だったのですが、ウィッグを変えて如月響也にしようと思ったのですが、どうも志水桂一にしか見えません(^_^;) うちには響也似のヘッドがないので、とりあえずもうちょっと響也っぽいウィッグを探します。
 衣装は手持ちのを着せましたが、ちゃんと制服作らないといけないですね。これからがんばります。

*人形宮通信*
http://hitogatakyu.blog65.fc2.com/

名前はヨハン

 人形談義。
 実は、私はスーパードルフィーは10年選手なんです。私が初めてSDサラを手に入れたのは2002年秋ごろのこと。あれから10年たってみて、自分は本当はこういう人形が欲しかったんだな、というのは今だからわかる。しかし10年前はわからなかった。
 うちには今、ヘッドを数えて十数人の大きな人形がいるけど、一度にこんなにいっぱい買ったわけじゃなくて、10年間自分好みの人形を探してこんなに増えて行ったのだ。
 ボークスのSDのかわいさ美しさは、私好みじゃないのは割りと早い時期に自覚はあったんですが、やっと今ごろになってストライクにくるSDに出会った。10年かかったのは、結局10年間の様々な顔のSDを作り続けていたボークスの蓄積を待たなければならなかったからだ。
 今からスーパードルフィーの世界に入る人は、じっくり探せば、きっと最初から本命の子に会えるはず!

01102srd.jpg 0yohan.jpg veig.jpg
SEEDRING廃工の少年EID BichunSDGr伊達政宗
 私が本当に欲しかったのはこういう顔の子だったのよ、という自覚がはっきり出たのはBichunを見つけた時だった。この時、私はコニタンファンで、コ ニタンがアニメでいかにも声やりそうなキャラ造型というものがこれで、裏返せばこういう顔にぴったりの声だからコニタンファンになったんだとも言える。
 小西ファンになった時、イメージぴったりのドールに出会う。不思議なめぐりあわせだ。コニタンファンになってなかったら、このドールを見かけても素通りしていたかもしれない。

 このへんの造型がストライクゾーンなのだという話は前にも書いたが、だから実は3人とも自分なの中では同じキャラのバージョン違いくらいの感覚で、名前をどうしようかと散々悩んだ。
 写真左廃工の少年はコニタンファンになる前に買ったものなので少し事情が違うが、最初別の子をヨハンにしていて、Bichunを手に入れた時、その名前を剥奪してまでこれをヨハンにした。その後、伊達政宗をお迎えした時は本当に名前に困った。実は私の中では3人ともヨハンなのだ。(モビルスーツ乗る人の名前で。)
 と悩みながら記事書いてて、気付いたのですが、別に同じ名前でもいいんじゃないか? 他の誰が困るわけじゃなし(^_^;) 3人ともみんな名前はヨハンでよくね?
 よし、そうしよう(^_^;)

 ずっとドールの顔のことばかり書いてるけど、顔の造型だけがドールのすべてではないから、それぞれにいろいろな魅力や楽しみがある。好みの造型じゃなくても、いろいろ手をかけたドールはやっぱり思い入れがあるので、古くなっても手放せない。それも人数が増えてしまう理由のひとつだ。人形はただのモノじゃないから、おまえはじゃまだから要らないとは思いきれないものなのだ。

おでかけドールのすすめ

1208164.jpg 
 今日は鬼丸(上写真)を連れて車でお出かけをした。
 長篠の戦いのあった古戦場と長篠城址に行った。外で写真も撮った。
 顔が楽しそう。別人になったかのようだ。
 やっぱりドールは家の中で飾っておくだけじゃなくて、たくさん遊んであげないと。
(人形宮ブログはこちら

裁縫女子への道(^_^;)

(該当ジャンルがないのでとりあえずドールで)

 服を通販したんです、夏の、肩ひものワンピースの。安かったし。サイズはフリーサイズなんでなんの疑問もなく買ったのですが……ちょっと…あの…胸が入らないんですけど……(-_-;)
 これのどこがフリーサイズなんだよ(^_^;) 私、LLで入るはずなんですけど(>_<)
 返品するのも面倒だし、うーん、これサイズ直せないかなあ。こんなに丈要らないし。
 最近既製品がことごとく合わなくなってきているの事実だ(^_^;) 年齢的なものももちろんあるんだけどね。
 もう自分で作るしかない!
(痩せるとか服に自分を合わせるとかいう発想はない(`・ω・´))
 最近の女子サイズって身長高いし、本当に全然だめなのよ。マキシ丈なんてひきずってしまうし(^_^;)
 そういうわけでお人形の服作るのもいいんだけど、自分のも作らなくちゃ(^_^;) と無駄な通販のおかげで決意したところだ。なんか作り始めたら経過報告します。

 ちなみに私は裁縫なんか習ったことないので、本を見てその通りに作るだけです。
 学校を卒業してから、初めてミシンで縫ったものはジェニーのドレスだった。それから本を見ながら子供服に挑戦して、家族のパジャマやシャツなどいろいろ作ったところで、またドール服に。ドール服は意外に難しいんで、人間用の服で作り方とか勉強とか練習して、ドールのも作るという順番だった。
 買うよりは安い、ということからソーイングを始めたけど、ジュニアサイズから上は自作の方がコスト高です。今ごろになって既製品が合わないから(^_^;)という動機になるとは思わなかった。人生何事も勉強です。

ブログの飾り画像を変えてみた

1205250.jpg
 最近めっきりお絵書きしてなくて、描いたものはドールの顔いじりくらい。
 40cmクラスのかわいい男の子人形が3つになった。みんな中古で入手したものだけど、目やウィッグを決めて顔を描いて、世界で一人しかいないうちの子にするのが楽しい、これがカスタムドールの楽しみだ。
 服も中古で買ったものだけど着せてみたら、なんだかドールが嬉しそうな顔をしているので写真を撮った。かわいく撮れたのでお披露目してみた。

 まあそんなことはどうでもいいから、絵も描こう(^_^;)

パジャマパーティ

120502all.jpg
120502alll.jpg
 ドールは夜のうちに動く?
 写真用にレイアウトしたわけじゃないんだけど、ふと見たらなんかみんなこっち見ていたので写真撮った。
 うちの子は普段はみんなパジャマ(自作)。EIDとMSDの子はパジャマがまだない。そのうち作る……

 私のドール遊びは基本、連れ回しです。この中の1人か2人を一緒にいろいろ連れていきます。外出はちょっと(^_^;)無理だけど、家の中はあちこち。気が向いたら服を着替えさせて写真撮ったりとか。
 盆暮れの帰省には1人か2人連れていきます。車にシートベルトとして(^_^;) 田舎なんで一目を気にしないで外で写真撮ったりとか(^_^;)(実家の近所の人は私の子供のころを良く知ってるから驚かないと思う(^_^;))
 でもさすがにこの人数になると、全員に同じくらいの手間をかけるのは無理。やっぱり5人くらいでやめておけばよかった……
 でもでも、これでもSD趣味の中では、ドールの数少ない方だと思います。

 でも久々に龍平とヒース(下の写真真ん中の髪の色の濃いの)をちょっとメンテしたんだけど、色合いとかお古感が出てる。でもドール服ディーラーやってるときはこの2人がいつもイベントでマネキンをやって、思えば一番外出が多かった二人。つまりこの中で一番働いた2人なのだ。
 なんでドール服ディーラーなどやっていたかというと、はっきりいってうちの子を見せびらかしたかったのはあると思う。
 後からやってきた新しい子も外でみせびらかしたいo(^-^)o と思うと、ドール服ディーラーを再開したい気持ちになる。

ニューフェイス

120330v1.jpg
ヴェイグ
 ボークスSDGr伊達政宗のカスタムメイク。ヘッドの造形はいじっていません。
 伊達政宗→cv檜山修之→ヴェイグ という連想から(^_^;)、名前はヴェイグにしました。
 個性的な造形のヘッドなので、イメージ合うグラスアイ探しが苦労しました。顔メイクはまた変えるかもしれません。
 元は昨年発売の限定もののドール。ヤフーオークション経由で中古で購入しましたが、ここで値段は書きません(^_^;) スーパードルフィーを知らない人は驚くと思いますが、中古でも「え~?」っていう値段です(^_^;) 身長は約60cmくらいです。

120330o3.jpg
鬼丸三兄弟
 ミニスーパードルフィータイプもあっというまに3人に増えて三兄弟に!(^_^;)
 こちらは身長40くらいのドール。3人とももちろんヤフオク経由の中古。ご縁あって、3人とも格安で譲ってもらってうちの子に。
(左)夜叉丸。メーカー出荷時のメイクのまま。
(中)鬼丸。2005年生まれのスーパードルフィーキュート。自前メイク。
(右)犬丸。(待機中)
 鬼丸だけボディ構造の違うタイプで、この子は入手するのに苦労はしました。限定タイプなので個体数が限られているので。長期間ヤフオクにはりついてやっと(^_^;)
 この3体とも別々の元オーナーさんですが、3体ともお洋服も一緒に譲っていただいた。このサイズは服の種類が少なくて(ディーラー製も含む)服選びに苦労するから、って。なのに裸で写真撮ってしまいましたけど(^_^;)

 メイクなど、いろいろと試行錯誤が楽しいドールいじりは人形宮通信に記録してます。ドールは仲間を呼んで増える(^_^;) 5人目からは何人でも同じ(^_^;) はっきりいってBLCD買いよりもお金がかかる道楽なので(^_^;)見てってね。
 次の目標は、ドレスを作ってイベント参加すること。

ブログ内検索

カテゴリー

プロフィール

正岡

Author:正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ。
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

おともだちリンク

ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © 正岡