ジャイアント 今週の感想その12(最終回)

 押忍!正岡です。最後まで完走した。
 楽しかったわあ。

 この放送が始まる前は「え~ドラマの吹替~?しかも60話も。ええええ~?でも主役じゃん! しょうがない、ちょっとは見てみるか、ファンの義務として」などと思っていました。それが始まってみたら、不遇な身の上が二転三転、上がったり下ったりの乱高下の激しい人生劇場。ロマンスあり、武闘あり、陰謀あり、事件事故あり……いろんな小西克幸が堪能できるドラマ。しかも毎日の放送とか。
 何回も言いまずが、「ジャイアント」は小西ファンとしては絶対に見ておくべき作品です。
 放送見損ねた人はぜひレンタルで。セリフも出番も多く、喜怒哀楽感情出したりこらえたりいろいろな表情てんこもりで、小西ファンなら絶対後悔しないと思います。
 小西さんというと、主な出演作はアニメ。子供向けコンテンツです。外国映画の吹替の仕事もやっていますが、レギュラー仕事でスケジュールを埋めているのはほとんどアニメです。こんな話数の多いドラマの吹替は久々かな。アニメと吹替の小西はどんな風に違うのでしょうか。やっぱ違いますよね。そこも小西ファン的見所だと思います。
 小西さんの演じたイ・ガンモは、1979年20代半ばくらい?だとして、ドラマ後半は40手前、最終回は2010年だから50代? アニメだとこの年齢のキャラは老け役演技になるけど、こういう大人社会のドラマでは30代男は若造です。ドラマ後半のイ・ガンモはちょうど小西さんの実年齢で、なんかこうナチュラルな声の印象だったです。途中から、イ・ガンモの中の人が日本語しゃべってる☆ような気になって見ていました。

 ドラマの内容とか感想とか。いろいろ思うことがあります。
 食事や住居の場面、葬式などのセレモニーがしばしば出てきますが、もちろん日本とは全然違うので、やっぱり外国のドラマなんだなあと思うところです。いいとか悪いとかじゃなくて、これはそういうものなんです。
 お話は、よく考えるといろいろつっこみどころがあります(^_^;) いや、ここでその行動はちょっと浅はかだろ、そんなことするかよ的なことはあります。突発的な事件事故が都合よく起きるのはいいとして、人間もうちょっと考えて動けよ(^_^;)的な。吹替版放送で見たせいか、短時間に次々と物事が進行していくので、見てる間はあまり気にならないですが、でも視聴者を飽きさせない流れというのはこういうものなのかもしれない。
 あとは、人物の動機とか行動原理とかだなあ。書くと長くなるから省く。
 悪のチョ・ピリョンは、誰がどう見ても悪でしかなく、父親としても政治家としても最悪の男。悪いというより、ここまで恥知らずだと見苦しいのがむしろ許せない、と思うのは私の日本人的な価値観なのかしら。多分この悪の政治家像が、韓国の視聴者にとっては「あるあるある(-_-;)」なのかもしれないですね。

 最終回は駆け足過ぎてよくわからんかったです(^_^;) 死因とか……いつの間にか葬式もすんでる???
 テレビ放送分だけだといろいろ抜けているシーンがあるので、全てを知ったつもりで語ることはできないけど、小西ファンとしては大いに満足のいく作品でした。特にお気に入りのエピソードは、そうだなあ、無実の罪で刑務所、思想統制施設、のあたり。骨っぽい男の芝居でかっこよかったです。
 

ジャイアント 今週の感想その11

 今週の感想~。
 いよいよ物語は、設定の根幹にかかわる部分へ。そもそもガンモたち兄弟の家族や周辺の人物を不幸な境遇に転落せしめている悪の権化であるピリョンと、直接対決へと進んで行く。
 三兄弟の素姓もピリョンに知られてしまうが、ガンモたちもピリョンの失脚を狙ってあの手この手。しかしその途中で議員やソンモの部下が殺されてしまう。
 悪は誰かが差し違えてでも殺してしまえばいいとして(^_^;) やっぱ気になるのは、ガンモとジョンヨンはまだヨリもどってなかったんだ、俺も結婚しないからおまえも一生独身でいろっていうのはつまりそーゆーことだったの?ミジュは兄貴殴っていいですよ(^_^;)
 それから気になるのはミジュとミヌのこと。当人同士はオトナだからどうでもいいけど、小さい子供がいるじゃないですか、正式にパパと呼ばれる日はくるのか。このミヌってお兄さんは子供で釣ればそのまま主人公サイドに簡単に寝返りそうな気がする、わりと浅い男ですね(^_^;)

 放送はあと3回。放送開始時刻が5分早くなるので、予約を修正しておかないと(^_^;)

ジャイアント 今週の感想その10

今週のジャイアント~感想~。

 なんかすっかりイガンモのルックスとコニタンボイスがなじんでしまったので、小西克幸という声優はきっとイガンモみたいな顔に違いない、と思えるようになってきた。

 今週のお話は…(あらすじの整理は省略)
 ミジュがいない間にウジュ(幼稚園児)のご機嫌とりまくりのソンモ伯父さん、ミジュパパ、そしてピリョン祖父さん。
 小さい子供は無敵なので、誰でもその存在を受け入れざるを得ない。それはあの冷血ピリョン祖父さんも同じで、あれほど赤ん坊をおろせだの大騒ぎしたわりにはあっさり現実を認めて、オモチャ何でも買ってやるだの、最高の教育を受けさせるだの。だがしかし、やっぱりこの人は歪んでいる。息子も孫も自分の人生の所有物であり、人生街道を彩る一コマなのだろうな。
 このドラマは、気の回らない上に、言語障害で、コミュニケーション不全みたいな人ばかり出てくる。態度がずうずうしいわりには、気が利かない。そこでちょっと電話するとか、ちょっと一言先に聞いてみるとか、そういう配慮がまったくないまま話が進行する。ガンモとジョンヨンのヨリが戻ってないなんて驚きだわ(^_^;) いくら仕事忙しいからって、何やってるんだろうねえ(^_^;)

 時々書類が大写しなるけど、私はハングルはまったく読めないので字幕がないとイミフけど、not matchくらいの英語の字幕はいらんわな(^_^;)

 今週の放送で52話まで消化。あと8話。このあとどうやってお話終わるんだろう?

 ※追記~。
 副市長って、あれっていわゆるドルオタ。売れる前のアイドルを応援しつつ、メジャーになるのを見守るのが趣味。画面には出てこないけど、レコードなんかを1人10枚が義務とかいって、そのうち後援会とかファンクラブとか始めるんだよきっと。難癖つけてきたピリョンを問答無用!つっぱねる男気にちょっと惚れるだろ。オタクを怒らせると怖いんだぞ。これは万国共通ね!

ジャイアント 今週の感想その9

今週のジャイアント。

 めまぐるしく色々と事件の起きるドラマ構成で、毎回変なところで「つづく」になるので、全体の流れがわかりにくいよね。だいたい3回放送分くらいでひとつのエピソードを消化していて、いくつかのエピソードが同時に存在し、それぞれが前後を多少重ねながら続けていく構成になっているのね。次の回が気になる所で場面を切るのはいいとして、前のエピソードが終わって余韻とか結末を確認する前に次が始まっていくのね。

 今週のお話は、
・パクロミジョンヨン誘拐事件。小西ガンモ怒りの殴り込み。
・ペクパの闇金組織が造反して独立?
・平野ミジュと遊佐ミヌが再会。でも二人の間には溝が…。
・小西ガンモのマンションのボイラー技術が盗まれる。工場長が寝返り。
・与野党議員が改憲問題で主導権争い。チョピリョン潰しを画策していたガンモの兄ソンモの足がつき窮地に。
・ジョンヨンの継母が交通事故死。
 他にもいろいろあったかもしれないけど、主なところはこんなかんじかと。放送はだいぶ削られているので、もっと細かいエピソードやシーンも盛り込まれているはず。

 今週はやっぱり、小西ガンモの怒るところですね。元々はそんなに育ちがいいわけじゃないし、裏社会の野郎相手に殴って脅していうこと聞かせる、最後にキレる。これが基本行動のようなものなのね。今週は怖いコニタンボイスを堪能。
 ジョンヨン誘拐事件の主犯であるブチョルとかいう若い金貸しヤクザ、これとガンモってバカでしょ?女の前でいいかっこしたがるとか(^_^;) 俺とタイマン勝負しろとか? はあ?おまえこの状況で何言ってるの? 私は女なのでよくわかりませんが、男ってそういう生き物なの? 勝っても負けても、男の好き嫌いには関係ないですけど、女からすると(^_^;)
 小西ガンモは口では「俺にまかせてください」とか言ったけど、実際には身代金?書類などはまるごととらた。まあガンモからしたら闇金の主がわけわからん奴に交代したくらいの話かもしれない。

 ジョンヨンの継母が交通事故死。このお母さんは性格が悪いだけで、最後までかわいそうなまま終わったな。ジョンヨン誘拐事件もそもそも異母兄のジョンシクが博打が関係しているわけだが、ダメ男の見本みたいなキャラ。こんな母だからこんな息子に育ったというのはあるかもしれないが、関係ないみたいな顔しつづけたお父さんの方が責任大。ダメ息子は父親の育て方が悪い。もっとも娘に優秀なお婿さんをもらった方が会社は安泰、とか思っていたので息子の教育は手抜きだったのかもしれない。

 ダメ息子といえば、遊佐ミヌも。頭はいいし仕事もできる。でも女が自分の思い通りにならないと金で縛って脅していうこと聞かせるとか(^_^;) なんですかねえ。これが好きの表現? こんなちょっと歪んでる息子を育てたのは、あの悪役パパ・ピリョンです(^_^;)
 元々このドラマに出てくる人物はみな言語障害のケがあり、物事をあらかじめちゃんと説明すれば、自分の考えや気持ちや意見をちゃんとぶつければ、何年もこじれないですんだろう話ばっかりだ。そんなわけで、この先どんどんこじれていくのは大いに予想される。

 そしてソンモ兄さんは生命の危機。このあとどうなる?つづく。

 それでですね。このドラマ見てて、俳優として一番いいなあと気になるのは、ソンモ役の人ですね。パク・サンミンて人? 吹替で見ているのでセリフの雰囲気はわからないですが、喜怒哀楽の少ない役なのに表情とか顔に目がいく。演技のすごく上手い人なんじゃないかと、そんな風に見てます。顔もきれいで良いです。
 キャラクターでは、シドクかなあ。ガンモとずっと一緒だった。いい奴だよね。あとミヌの側近で眼鏡の人、あの人もなにげにいいかも。

ジャイアント 今週の感想その8

今週(38話~42話)の感想とか。

 当て馬キタ------------------(^_^;)
 今週の小西@ガンモは、行き詰まった岩盤工事&資金難(実はマンボ建設の陰謀)をパクロミ@ジョンヨンのサポートで一気に解決のウルトラC。骨材買い占めのマンボ建設にダメージ。ここでジョンヨンと和解?
 このあとジョンヨンに近づいてきた男がらみで、次のお話はフランスのボイラー会社の子会社の買収劇。この新キャラナンパ野郎風情は当て馬にしてはいまいちイケてないなと思ったら、その正体は闇金業者。いや、ガンモは不愉快そうにすぐ身元調査してたのでやっぱり当て馬ではあるけど(^_^;) ボイラー会社買収の話は、ミヌ側の視点になっていて、ガンモの策士ぶりが見所だ。
 そして、次のお話は金貸しの大物ペッパの死で、ジョンヨンの身辺がきな臭くなる。
 私はこのドラマでいろいろ気になることがあったわけなんですが、前々からちょいちょい登場していたペッパ様という謎の老人。ヘッジファンドとかじゃあなくて、非合法の闇金の元締め、という認識でいいのかな? なんか劇画チック~とか思っていたけど、マフィア社会が裏経済で大きな影響力を持っているって、でもこれ割りと最近の設定ですよね。そういうものなのかな。それともただ単にファンタジー設定なのかしら。
 国全体の経済規模が大きければ闇経済の影響は埋没していくのかもしれないが、ペッパ様みたいな人物が活躍したそういう時代やお国事情もあるのかもしれない。ジョンヨンが最初に、商店街のおばちゃんのような人たちと話をしながら、手帳をつけて歩き回ってたのは、超小口の金貸し家業ですよね。仕入れの金を今日借りて来週返す、みたいな。ただ単に金融業だと思ってドラマみていたけど、要するにジョンヨンは闇金融の末端の仕事をしていた。お座敷会議の末席のさらに下には、町の小口業者がいっぱいいて、そこから上納金があがってくる仕組みなのだろう。

 性上納キタ------------------(>_<)
 ミジュが芸能界デビュー。ラジオ放送局のプロデューサー?ディレクター?が枕営業を要求する。韓国芸能界って、なんか女優さんが自殺したような事件があったじゃないですか。どこいっても悪い男はいるものだけど。もっと言ってやれ言ってやれ(^_^;) でもそやつは翌日偉い人に怒られて「始末書」とか。放送局対応甘くないか? 降格だろ。番組責任者下ろせよ。

 葬式シーンなど。
 日本と韓国では宗教的な慣習はだいぶ違うので、へ~とか思って見てます。建設会社社長が交通事故で死んだ時の通夜?では親族は白の民俗服を着ていた。中国とか韓国の喪服って確か白だったかな。
 ペッパは仏教徒みたいで、お寺で葬式していた。でも焼香にきた人たちのお参りの仕方は、日本ではおじぎをするだけだけど、韓国式はちがうのね。
 お父さんのお墓におまいりするシーンもあった。韓国は土葬?

 さて今週の小西ガンモのみどころは……終始勝ち組だったので余裕のクールボイスだったのですが、最後に久々に怒るシーンが。しかも激昂とかじゃなくて、相手を脅すような怖いガンモ。来週につづく。

ジャイアント 今週の感想その7

 今週は、マンボ建設内のごたごたが続く。会長がリタイアしてから、奥さんの反逆とお家騒動。遊佐ミヌと平野ミジュの破局。パクジョンヨンの会社はマンション建設が中断して危機的状況に。そして会社はとうとう遊佐ミヌのものに。
 ここまでで、小西ガンモが建設会社スタートしたシリーズの一応の決着。登場人物それぞれの道がまた別れた。
 会長さんからの説明がちゃんとなかったが(親友の墓を作って家族を探したとかの)、小西ガンモの会長さんへのわだかまりは解けたのだろうか?事件のいきさつとか納得いったのだろうか? 立派な墓を立ててもらっていたので、それで会長さんの真意には納得したのかもしれない。(脳内補完)
 留置所の会長夫人は離婚することになったが、やっぱりこの奥さんはかわいそうだよね。ダンナが他所に作った子供まで家に入れて、田舎の建設会社の時代から苦労したのに。お金には困らなかったかもしれないけど、気分的に。
 だけど奥さんよりも、簡単に寝返ってしまう弁護士の方が罪が重いと私は思うのね(^_^;) しかも悪辣な守銭奴弁護士ならともかく、権力や金にへこへこと。弁護士がそんなに弱っちくていいの? いやまて、あの人って弁護士じゃなくて司法書士とかだっけ?

 そして舞台は4年後。
 え?4年?ヒロインのパクジョンヨンはいくつになったんだろう。まだ二十代? いやお嫁に行くなら、早い方がいいかと思って、ちょっと年齢設定とか気になったのだ。ドラマ上、誰々が何才というのははっきり出てこないが、年齢設定はちゃんと決まっているはずだと思う。大人になったジョンヨンが最初に出てきたとき大学生で、就活もしてたし、会社に入ったとき22歳とすると、あれからどのくらいたってるのだろう?

 今週は確実に事業をすすめている小西ガンモは終始余裕のクールさ。堅実で誠実なビジネスマンな大人ボイス。でも父の墓参と妹の件だけは、いつものクールさとは全然違う。
 私はガンモ役の俳優さんの本当の声はよく知らないせいもあり、この俳優さんの外見に小西ボイスがシンクロするようになってしまいました。毎回思いますが、泣きの芝居上手いですよね、小西さんて。

ジャイアント 今週の感想その6 

 今週の放送で32話消化。
 小西ガンモが親の仇と正面から対決姿勢を見せ、物語の舞台はマンション建設をめぐっての泥試合。ガンモの建設会社は苦難続き。敵の敵は味方でも敵(^_^;)みたいな状況だ。小西ガンモの復讐の標的の一人が、あれやこれやと事態を悪くしていくが、おかげでガンモの会社が生き延びる隙も残っていたあたりがややこしい。ヒロインのパクジョンヨンは完全にぶっ壊れて、これもなかなかに悩ましい。また遊佐ミヌと平野ミジュの恋愛は順調に進展中のはずが、ジグザグ走行に…。

 メインの4人以外にも、いろいろな人に思惑があり、それぞれに動いていろいろと複雑だ。だいたいみんな、そこまで壊滅的に悪人というほどでもないけど、適当に小人物で油断がならないし、みんな金と権力には劇弱の日和主義者ばかりではある。
 脇の脇だが、二人の社長夫人(ジョンヨンの義母とミヌの母)は実は私には一番わかりやすい人間と言える。立場的にも近いものがあるし。
 ミヌのお母さんは、いったい息子か亭主かどっちを見ているのかよくわからない人物だ。息子がつきあってるハシタメ女が気に入らないから殴る(^_^;)とか家柄が気に入らないとか、まあだいたい世の中のお母ちゃんでこれくらいはあるだろう。怖い亭主ということ聞かない息子の間でちょっと苦労している。性格は悪いが悪人というほどじゃない。
 ジョンヨンの継母も一応悪役なのだが、もとはといえばダンナである会長さんがいけないよね。すべて独断だし、秘密は奥さんと共有しないし、他の女とか子供もいました。さらに何の相談も断りもなしに、内緒で遺言書書換えとかしたら、そりゃ不安になるし怒るのが普通。「はやく死んで」くらいのことは思って当然だろう。私は、悪役だけどこのお母さんはちょっとかわいそうだと思ってる。
 ジョンヨンは壊れてます。ガンモは一言も言い訳しなかったけど、しても多分聞く耳持たずにこういう状況になっていたと思う。
 総じて、このドラマに出てくる女はみんなバカ、に描かれていると思う。目先の感情が動く動機だ。
 しかしだからといって、ガンモやミヌが高尚かといえばそうとも思えない。堅牢で立派なマンションを作りたい、だったら親の仇とかもうどうでもよくね?(^_^;) 地位や名声や金も動機なのはおかしくないけど、復讐って何をすれば完遂したことになるのかな。そのへんは兄弟はどういう着地点を考えているのだろう。
 ミヌのお父さんだけは権力と金しか動機がないみたいだが、私は正直あんなことやこんなことまでして執着する理由がよくわからない。そういう人なんだというのはわかるし、そういう生き甲斐?のようなものがないと生きて行けない人っているんだろうな、死ぬほど腹グロい奴もきっといるんだろう、くらいはわかるが、それ以上はわからない。

 今週は、親の仇である二人の悪役と直接対峙して怒りを隠せない、平静を保ってクール、怒りに任せて殴る、などの演技が小西的みどころききどころ。
 来週の小西ガンモはどうなっちゃうのかな? つづく。
 

ジャイアント 今週の感想その5 

 今週も引き続き視聴中です。
 今週のお話は、小西ガンモの刑務所編が終わり、いよいよ建設業という実業の世界に乗り出す。
 ガンモは刑務所とか思想統制教育施設とかで辛酸をなめたが、そこで新しい仲間を得て小さな建設会社を立ち上げる。道路を早く作る工法を確立し特許をとり、大口の出資者も得て、ビジネスを軌道に乗せる。ここから主人公のサクセスストーリーでアゲアゲに行くのか……?
 いや、そうもいかないのは見ていてわかる。このまま仕事が順調に進むと必ずぶつかるのが
・別れたヒロイン・パクロミが率いるマンボ建設と利害が衝突
・妹のつきあってるカレシ遊佐が親の仇の息子でマンボ建設の幹部
 刑務所編になってそれまでの人間関係が一度はリセットされた。登場人物それぞれに新しい自分の生き方を始めている。ヒロインもガンモの仇を許さない!と実業家街道をばく進中なのである。そして彼らはどこかで必ず出会ってしまうのである。来週につづくのだ。

 今週は小さくても一国一城の主・社長になった主人公の明るい笑い声や、取引などのちょっとかしこまったインテリボイスがかっこよかったです。

ジャイアント 感想その4

やっぱりちょっと感想書いておくとしよう
 感想は全部終わってからとか思っていたけど、けっこう長丁場だし、今の時点での感想は最後では変わっているかもしれないから、今思うことは今のうちにメモっておこうと思う。

 主人公・小西ガンモの役は、闘争、陰謀、恋愛などなど振れ幅の広い役だ。ほんの数話前までは建設業界の政治献金裏帳簿をめぐっての命がけのやりとりがあり、その後、生き別れた兄や妹との再会もあり、そしてきわめつけは子供の時からずっと好きだったお嬢様と駆け落ち?あり、あれもこれもありの役なのだ。
 そしてお嬢様との積年の大ロマンスは一瞬で瓦解し、舞台は刑務所へ。網走番外地的な刑務所ものとか軍隊ものの映画みたいな展開になっているところ。お嬢様とのロマンス劇での純情青年役から、超ク~ルな怖い人になってる小西ガンモの男の芝居が見どころになってます。面会に来たお嬢様に対して渇いたつれない態度。でもお嬢様がプロポーズのときよこした赤いメモ帳まだ持ってるのね。

 最初このドラマがスタートした時、韓国版嵐が丘みたいなかんじかな?と思って見ていた。ガンモ、お嬢様の家族、ミヌ、などの人物配置は嵐が丘なんだと思う。
 ただ、私、「嵐が丘」って面白いと思ったことがない(^_^;)
 でも「ジャイアント」のお話の流れは嵐が丘とはだいぶ路線が違う。そこには建設業という実業の世界があり、主人公の行動原理は恋愛だけではないのだ。ガンモには兄妹との絆という生きていく上での動機と目的がある。

 主人公イ・カンモは子供のころから社会の底辺を這い回る。育ちは良くないが、知性と理性は持ち合わせている。気は荒いが、こらえ性がないわけではなく、勝負どころでは我慢強い。ワイルドな武闘派の印象もあり、しかし下品にはならない微妙なバランスの人物だ。こういう役って本当に小西克幸ボイスはぴったりだと思う。刑務所のようなところで「兄貴」と呼ばれるような男らしさの一方、お嬢様とロマンスもあり。男惚れする兄貴系も少女マンガもどっちもいけるんです。小西克幸ボイスというのはそういうものです。
 ほんとにこの役もらえて良かった。オーディションなのか指名なのかわからないけど、この役に小西さんをキャストした人はえらい。長編だし、見どころも多くて、ほんとにこれおいしいお役だと思います。来週につづく。

ブログ内検索

カテゴリー

プロフィール

正岡

Author:正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ。
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

おともだちリンク

ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © 正岡