いよいよアメリカで

WBC決勝ラウンドは
 日本×プエルトリコ(3/18 朝10時〜)
 ドミニカ×オランダ(3/19 朝10時〜)日本時間
です。
主催国アメリカは敗退。まあおかげで八百長でもデキレースでもない、ガチ試合の大会だということを証明したことになるかな。プエルトリコとかドミニカも、まるで優勝したみたいに喜んでいたし。
勝っても負けてもうらみっこなしの頂上決戦だ。

(3.19)
 終った……終ったよ。
 でも、正直な話、元々出る気なかったし(^_^;)決勝トーナメントに行けないかもしれないと思っていたので、アメリカまで行けて上出来かな、とは思う。がしかし、結果についてはいろいろ思う。
 野球というのはこの状況で誰が何をして、あそこでたられば、という議論ができる競技なので、試合を振り返るとあの回のあそこで……というのはある。ダブルスチール?は正直どうでもいい。そんな不慣れな策頼みな時点でこの試合は負けなんです。そこじゃなくて、プエルトリコに追加点許す前のイニングだったか、同点のチャンスがあったと思う、あそこで同点にできなかったことが結果的に最後まで響いたと思う。
 そもそも私は人選の段階からいろいろ言いたいことがあった。大人の事情てのはあるんだろうけどね、けが人を捕手で4番というのは、素人考えでも無謀だと思う。代わりがいないのなら、それは最初の人選が間違ってることになるんじゃないかな。
 井端は……改めてすごい選手だ。もちろん知ってたけど(^_^;) こういう大会では打撃巧者が一番重宝するのは、前回前々回でもそうだったね。
 まあとりあえず楽しかった。代表監督は次はコージさんはなしで。

 WBCの試合は最後まで観る。プエルトリコが優勝したら日本も面子が立つが、オランダにも勝って欲しいし、ドミニカと対戦したかったな……。

(3.20)
 ドミニカ優勝。おめでとう。最後まで応援できたドミニカとプエルトリコの人たちは幸せだ。

 私は、古田池山時代のスワローズは熱狂的に追っかけしていたけど、もしあの時代にWBCがあって代表メンバーに古田や池山が選ばれていたら、もしかしたらアメリカまで応援に行ったかもしれない。ほんとに今のおっかけファンは幸せだよね。
 もうみんな忘れているかもしれないけど、あの当時は確か五輪の野球にプロ選手が出られなくて、シドニー五輪でプロ選手を出すということになってもごたごたごた……(-_-;) あたしはただのファンだからよくわからないけど、野球の組織って魑魅魍魎の世界で、なんなの?なんなの?てことだらけで、これはもう30年前私が中日ファンだった頃だからそうだから、多分もっとずっと以前からそうだったんだろうと思う。男って男って馬鹿ばっかりだと思ったりしたわ。私はジャイアンツって大っ嫌いだけど、それでも日の丸つけた松井秀喜が見たかった。
 WBCというイベントがこの先どうなるかはわからないけど、今選手を追っかけられるファンは幸せ。プロ野球組織の偉い人たちはファンをがっかりさせないでほしいものだ。

私は野球が大好きだ WBC始まる

 今年もWBCのシーズンがやってまいりました。今回の代表メンバーはどうなの?とか言われてますが、いやいや、けっこう日本球界も選手層厚いんですよ。TVの前で応援です。

 私は野球が好きだ。
 野球の何がおもしろいかというと、
・ポジションと役割分担。野球は囲碁じゃなくて将棋なのですね。駒ごとに使い方が違う。
・得点の仕方のバリエーション。得点には1点から4点の幅があって、ヒットいっぱい打っても一点も入らないとか、ノーヒットでも得点しちゃったりとか、ある。
・感想戦。あそこはエンドランじゃなくて〜とか、投手交代のタイミングが〜とか、試合終ったあとで議論。

 ブラジルと中国に連勝しました。ブラジル戦はお立ち台は阿部でしたが、ヒーローは井端だと思います。あのいやらしい右打ちがちょっとしびれましたね。ランナーがいる状況では、実は打者はどっちへ打球飛ばすか、狙って打つんです。
 中国戦は先発の前田投手ですね。安定感があっていいところにびしびしいっていたので、安心して、まあそのうち得点するだろうと思ってみていられました。
 まだキューバ戦を残していますが、これでだいたい東京ラウンドへ展望がひらけたかな。

(3.6)台湾勝ち抜け。日本もまだぴりっとしないから心配だけど、がんばって一緒にアメリカ本戦に行こう!

(3.9)2次ラウンドに突入。オランダ×キューバ戦も日本×台湾戦も萌えた。昼間っからごろごろしながらずーっと野球見てる私って…
 王建民はやっぱり打てなかったかあ。正直負けも覚悟して見ていたけど、80球ルールに救われたかな(^_^;) しかもそれですんなり勝てたわけじゃないからね。まだまだ課題は多いようだ。
 今日のヒーローは井端さん。しびれるバッティングだった。

(3.11)やったーヽ(^。^)ノアメリカ行きだ〜。あと1枠はキューバかオランダか。

(3.12)すごい試合だったなあ。おめでとう!オランダ。アメリカ本戦を一緒に勝ち抜こう(^。^)ノ
 ちなみにオランダの監督ミューレンは90年代野村スワローズで活躍した選手。恐怖の8番打者と言われた。日本にいたのは2年間くらいかな。でも強烈な印象で、今でも覚えているスワローズファンは多い。ウィキペディアでその後の経歴を見ると、移籍を繰り返しながらずっと長く野球をやってきたようだ。
 バレンティンは現在スワローズに在籍。ジョーンズは楽天イーグルス在籍。けっこうご縁のあるチームなのだな。

↓1995年日本シリーズのミューレン。

思い出の日本シリーズ

熱闘!日本シリーズ 1992 西武-ヤクルト [DVD]熱闘!日本シリーズ 1992 西武-ヤクルト [DVD]
(2001/12/21)
スポーツ

商品詳細を見る

熱闘!日本シリーズ 1993 ヤクルト-西武 [DVD]熱闘!日本シリーズ 1993 ヤクルト-西武 [DVD]
(2001/12/21)
スポーツ

商品詳細を見る


 昨日はまたまた延長&長時間の壮絶な試合だったですね。
 千葉ロッテマリーンズのファンのみなさん、おめでとうございます。

 それで私のお宝DVDのご紹介だ。
 これは一度VHSビデオソフトで発売されて、その後DVD版が出たもの。だから収録時間はそれほど長くない上に、画質も今見るとかなり見劣りはする。画質はともかく、この時の試合内容はとてもDVD1枚には収録しきれないくらい動きが多かった7試合だったのが、ばりばりに編集された超ダイジェストなのだ。当時は家庭用ビデオがすでにほとんど全世帯普及していた時代なので、日本シリーズ全試合分映像を今でも持っているファンの人は大勢いるかと思います。持ってる人は大事にしてください。
 私もプロ野球ニュースや特集映像や、スポーツニュースをはしごして優勝関連番組を録画しまくりましたが、20年も前のビデオテープなので、もうだめでしょう(-_-;) あの桜井よしこさんが日本テレビの「今日のできごと」をやっていたころで、そこに古田さんがゲストで出ましたっけ。
 衛星放送で全試合中継があり、DVDやブルーレイに映像を保管できるなんて、本当に今はいい時代になったものです。うらやましいですよ、20年前は地上波で放送があったとはいっても、それは巨人戦の話(-_-;) ヤクルトが終盤中日や阪神と必死の競り合い、という状況でTV中継はなかったです。

 というわけで、1992年と1993年の日本シリーズDVDです。この年のスワローズはセリーグ勝ち上がるだけで激戦な上に、日本シリーズが死にそうなくらい盛り上って、プロ野球ファンを長年やってきて、あんなに身も心もぼろぼろになった年はなかった。喜んだり落ち込んだりシーズン中から乱高下が激しく、やっとこさ日本シリーズで出たら、逆転延長また逆転の打撃戦、胃がきりきりするような投手戦もあり、これぞ野球の醍醐味そういうシリーズだったです。
 レンタルにでもあったらふたつ続けてぜひ見てください。森監督vs野村監督の「狸の化かし合い」、伊東vs古田のキャッチャー対決など、見所多いです。
 私は92年第6戦の池山のHRが泣けたです。もうこのまま西武優勝か…と半ば覚悟していたところの池山の美しいアーチ。神宮に帰るぞ、って泣けました。
 93年は第4戦の守り合い。日本プロ野球史に残る飯田の本塁刺殺ですね。あれは美しかった。今見直すと第7戦の追加点はまさにもぎとるという感じ。最後の高津が西武の主力を三振でねじ伏せるのも圧巻。私ヤクルトファンを20年やったんですよね。あの時代を応援できて幸せだわ。

乙女のプロ野球 谷沢健一



 Tubeで見つけた。谷沢の現役時代の映像は、今ではなかなか見る機会がないです。こんな昔のよくとってあったなあ。たぶん2000本安打達成の時のプロ野球ニュースで流したやつだと思います。
 谷沢さんの打撃フォームに注目。左右にきれいに打ち分けるバッティングが芸術的と言われました。
 この人が、私の初恋の人です。「何人初恋の人がいるんだ?」と言われそうだけど、アラン・ドロンはそれまでアニメを見ていた私が初めて好きになった芸能人(映像の中の人)。世の中にはこんな顔のきれいな男の人がいるんだ?と子供心に衝撃を受けた。そして、谷沢さんは私が初めて好きになった日本人です。世の中にこんな男前なプロ野球選手がいたんだ。私今までプロ野球のどこを見ていたんだ?まだまだ世間知らずなガキだったわね。それまで自分の部屋にはアニメ絵とデビッド・ボウイみたいな非現実的な男ばかり飾ってあったのが、いきなり谷沢さんの写真ばかりになってしまい、母がまじまじと写真を見つめて「あんた、こういう人が趣味だったの…」とか不安そうに言ったのをよく覚えています。
 わたしは!プロ野球選手は一流にしか惚れないのよ!

 私が初めて谷沢さんを好きになったのは、実はアキレス腱故障中の雑誌の取材記事です。写真で一目惚れしてしまいました。それまでの私は、アニメ巨人の星に洗脳された、ジャイアンツしか知らないジャイアンツファンだったのです。今思うと恥ずかしいですが。その洗脳を一瞬で解いてくれたのが谷沢さんでした。
 でも一目惚れも一種のマインドコントロールですね。谷沢さんが引退したら中日ドラゴンズファン熱もあっさり引いて、どうでもよくなってしまいましたので。
 そして引退試合のプロ野球ニュース。



http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E6%89%93
 安打の通算記録に名前があります。こうしてみるとやっぱりすごい選手だったんですね。
 故障から復帰戦も、首位打者とった年のことも、よく覚えています。毎朝ガッコ行くとき中日スポーツ買ってたなあ。
 今思えばどうして出待ち入り待ちとかしておっかけしなかったんだろうか?おっかけとかすればよかったな。私は球場の外野席から見たことしかなかったのです。今でも中継の解説でお見かけするだけで胸熱。追っかけをしなかったことだけが、一生の不覚だったと思います。人づてにもらったサイン色紙は持っているんですけどね。


私が育てた最高の私が育てた最高の"3番"打者・谷沢健一 (熱球文庫シリーズ)
(1984/01)
石井 藤吉郎

商品詳細を見る

 ご本紹介。まだ売ってるかわからないけど、学生時代の話題などが多く載っています。(谷沢ファンでないと読んでもちっとも面白くないかも。)

今年の日本シリーズはドラゴンズvsマリーンズ

今年の日本シリーズはドラゴンズvsマリーンズ

 30日から。
 今年はNHK衛星で見るか。CMないからその方がいいかな。ケーブルTVとどっちにしようか。実際に見てみて、好きな解説者の方にしよう(^_^;)
 今シーズンは(というより小西ファンになってから)あまりちゃんと試合見てないから、どんな選手がどのくらい活躍したのかよくわかってない私。でも日本シリーズは短期決戦ゆえに選手の必死が見られる試合なので、どこが出ても面白い試合になるはず。
 野球は試合時間が長いので(3時間くらい)お弁当とかお菓子とか食べながら、もそもそごろごろして見るもの。試合当日は早めに夕食仕度して、TV前に待機だ。なんか簡単なものがいいわね、シリーズ中はおでんとかシチューとか鍋とか毎日それにしよっと。

この世で一番強い奴!MVP松井秀喜

松井秀、日本人初のWシリーズMVP獲得!(サンスポ)

 ああ、これ良かったですねえ。
 最初ニュースで聞いたときは「ふーん」くらいの感触でしたが(私、メジャーリーグは特に興味ないし)、試合の映像見たらしびれてしまいました(;´Д`)ハァハァ
 松井らしい大きなアーチのすっごいホームランでしたね。
 粘ったあげぐにスタンドに叩き込むとか、打った瞬間ああこりゃ行ったわと走る必要もない、あのへんが松井らしい。
 すなおに、松井さんおめでとう、と書きます。MVPもすばらしいけど、やっぱりあのホームランはすごい。ただそれだけ。

 松井秀喜というと、私は松井さんが高校生のころからTVでよく知っている選手でした。
 松井さんがジャイアンツに入団したのは、ちょうどJリーグ発足のころでした。プロ野球へのネガティブキャンペーンとか露骨にあって、NHKが「プロ野球の客は年配ばかりで、若者はJリーグ」などという論調の番組やっていました。これはほんとです。私は当時スワローズのおっかけ同人誌やっていたので、こういう番組にいちいちかみついて記事にしていたので、書いた私が忘れていてもちゃんと記録に残していたのでさっき読んで思い出しました(^_^;) 神宮なんか観客の半分はおにゃのこできゃーきゃーなのに,NHKはどこ取材してんだよ! テレビ東京の選手などを招待したスポーツバラエティ番組で、リーグを代表するカップルとかで、Jリーグはカズとりさこ、プロ野球は落合夫妻と笑いのネタにしていて、これ失礼ですよね。当時昨日今日結婚したばかりのカズと比べて、長年一緒に苦労した落合夫妻をけなすのは、テレビ東京は失礼ですねと私はTV東京に文句の電話しましたし。
 話が遠回りした……そういうプロ野球ネガティブキャンペーン(仕掛け人はどこだったんだ?)があって、そういう危機感からかプロ野球報道が人気回復?のつもりか、ジャイアンツに復帰したばかりの長嶋監督と入団したばかりの新人松井選手ばかりがプロ野球ニュースだった時期があって、これもプロ野球ファンとして私はけっこう腹が立っていたのね。長年ジャイアンツに貢献してきた原を差し置いて、春のキャンプレポートは毎日長嶋松井って、私が原選手の奥さんなら絶対TV局に「うちの辰徳はどうしてるんでしょうか?」と抗議しちゃうわ、などと思っていました。
 ああああああ、いろいろ思い出してきたぞ。東京ドームの試合で、古田がお立ち台なのにTV中継の映像はベンチでじーとしつつ、ロッカールームにひきあげていく松井をずーっと映し続けていたこともあったな。おのれ日テレめ。私って意外に根に持つタイプだ(^_^;) そうそう、古田の逆転満塁HRも放送時間が切れて放送しそこねたっけ。あの時も日本テレビに電話したわね。同じこと考えている人が日本中に大勢いたみたいで、全然つながらなかったけど(^_^;)
 そんなわけで、松井といえばにっくきジャイアンツの象徴のような存在だったので、松井さんの人間性とか才能とかは全然抜きで、
ジャイアンツの松井だったので素直に嫌いでした。
 知り合いでも何でもないので、プロ野球選手の人柄なんかどうでもいいし、とにかくジャイアンツは嫌いだったの。90年代のセリーグは、巨人VSスワローズといえば危険球だの遺恨試合だの、殺伐と盛り上がったんだからこういうものなのです。(もちろんもし松井がスワローズの選手だったらきっと死ぬほど応援していたはず(^_^;))
 私はシドニー五輪のときは、松井に全日本に入って欲しかった。ジャイアンツの松井は嫌いでも、
私は日の丸をつけた松井を見たかった。
 なのに、おのれナベツネ、あの時はセリーグは選手を出さなかったんだよね、ばかばかばか。私はあのときジャイアンツファンが集まってるチャットとかに乗り込んで行って、ジャイアンツファンはどう思っているのか聞いたことがある。ペナントレースを中断してまで選手を出す必要はないという意見よりも、俺も日の丸をつけた松井が見たい、という答えが多かった。そりゃそうだろう、にっくきジャイアンツの松井などと思ってる他球団ファンの私でも思うんだから、ジャイアンツファンだって当然思うよね。なぜこのファンの気持ちがジャイアンツの偉い人にはわからなかったのか。
 アメリカへ行ってしまってから、松井が日の丸をつける機会はとうとうなかったなあ。

 私は基本的にアメリカ野球には全然興味がないので、選手の名前も知らないし、だいたい全球団の名前もわかんないぞ(^_^;) NHKでとりあげられるメジャーリーグ情報は加工されているので、たまにスポーツニュースで見ても全然わからない。すっかり松井の名前も忘れていたような気がする。ワールドシリーズにヤンキース出てるのも知らんかった(^_^;)
 でもそんなことはどうでもいい。すばらしいホームランだった。熱狂する満員の大観衆の中に消えて行く大きな放物線。東京ドームだったら間違いなく看板か三階席にぶちあてていただろう。
 やっぱり昔から野球の神様に愛されている選手だったんですね。今日はとっても幸せな気分です。

城友博

貴腐人の問わず語り

 Macの中をごそごそ探したら出てきたので、ちょっと感慨に浸っているところです…
 城友博選手のお写真。私が神宮通っていた1993年か94年ごろの写真だと思います。城ファンの人にゆずってもらったものです。他にもいっぱい写真とか雑誌とかあった気がするけど、あれどこにしまったかな…
 いい男でしょ~(^_^)51
0412.jpg 0410.jpg
 写真でこんなもんですから、実物はもーっとずーっといい男でしたよ。
(実は私、生もの領域ではすげー面食いなのでございますよ(^_^;))
 この写真は歳はいくつだろ?24とか25くらいかな? 左は春季キャンプ、右はペナントレース中の神宮の練習中だと思います。練習中だから表情厳しいですね。男は仕事中がステキなんです。

 ファンになったきっかけはですね、TV中継見てて、あれ?なんかいい男がいる~だれだ~?だった。
 あれは忘れもしない東京ドームの巨人戦のTV中継。(92年か93年ごろ)1軍に上がってきたばかりの城選手が打席に立った。巨人Pのブラッシュボールでのけぞって倒れ、メットが飛んだ。えええ?誰?このハンサムな人は? 長髪で茶髪だった。1軍は茶髪長髪禁止だったのだけど、1軍招集された日すぐの出場だったので髪を黒く戻すヒマがなかったらしいです。選手名鑑見たら、え?これ?(^_^;) 気がつかなかったわあ。写真と全然違うし。本物見たい~、とすぐに神宮行きました。
 私もプロ野球ファン歴長いですが、外見でプロ野球選手ファンになったのは後にも先にも城選手だけ。声もよく覚えてますが、声優でいうとえーと誰に似てるかな。
 神宮のクラブハウスの前ではりついている女の子たちが、これがまたすごかった。(私も出待ちとか?(^_^))きゃ~とかのかわいいもんじゃない。ぎゃああああああと殺気立ってて、あそこを通過するのはいつも怖かった。子連れのおばさん(私)だろうと、邪魔な物は殺しそうな勢いだった。試合中も女の子すごかったし。名前コールされると黄色い悲鳴のキャアアアアアがラジオ中継でも聞こえるくらいすごかったんだぞ。
 優勝特集の週刊ベースボールのグラビアがサーフィンしてるカメラ目線の城選手で、2冊買っちゃたのは内緒だ(^_^;)
 ああ、そうだ、筋肉番付とかにも出ましたっけ。

 交通事故で選手寿命を縮めて引退したそうです。
 プロ野球選手の寿命なんて長くて十数年。ピークはものの数年ですから、その短い時間でファンの記憶にいつまでも残る活躍をしたんですから(優勝もしたし)私は幸せな選手の一人だと思っています。
 今でも私のスワローズファン時代の楽しい思い出。

スワローズ40周年特設サイト

http://ys40th.jp/

 今日の貴腐人のたわごと。私の青春の熱い思い出がここにある。
 私がスワローズファンになったのは、池山ファンになったのがきっかけだから80年代の終わり頃だと思います。神宮のバックスクリーンにHRを叩き込む、若くてかっこいい選手がいるときいて。それが池山さんでした。
 私は学生時代は中日ファンでした。その頃のスワローズのイメージといえば…
・侍ジャイアンツの眉月光の球団。
・がんばれ!タブチくんに出てくる、アホのヤスダのいるチーム。
 いやいやいや(^_^;) マンガの中ではそうだけど、中日ファンにとってはスワローズは、ジャイアンツにはぼこぼこ負けるくせに中日戦に限ってポカスカ打ちまくる嫌なチームでした(^_^;) ピッチャー尾花とか梶間のころです。
 でもスワローズのチームそのものはBクラス。池山ファンをきっかけにスワローズファンになってみると、今日も負け明日もまた負け明後日も…でも今日は池山さんがHR打ったからいいや(^_^;) 池山がHR打たなかった日と試合負けた日はなかったことにして、けっこうつらかった。しかもTV中継は巨人戦しかないし。こんな弱い球団を国鉄スワローズ時代から応援し続けているファンがいるんだから、ファンは偉いと思います。

 その後、野村監督と古田さんが入団したころからヒートアップ。私のまわりの腐った友も一緒に神宮詣でをするようになってしまいました。日本一の感激も嬉しかったですが、それ以上に試合後のノムさんのコメントが楽しみで、試合のあった翌日は必ずサンケイスポーツを買ってました。
 そうしてスワローズファンを私は約20年続けました。池山さんが引退し、古田さんが引退するまでです。90年代に神宮通ったころは、スワローズ負けるところ見た事なかったもんな。古田さんが活躍する試合はほとんど遭遇したことがないのですが、池山さんのHRは必ずってほど見たわあ。球場で、TV中継で、いっぱい感動したなあ……
 今は神宮に通うような応援はしてないのですが、でも青木とか田中浩康はすごく気になる選手なので、まだひきずられているような気もします。

 よし、また神宮行こ。
 神宮外野席が好きです。あそこに身を沈めると、まわりのビルが外野フェンスの外に消えて、円形の夜空だけになる。東京なのにビルのない空が拝めるのだ。それに風が気持ちいい。私はお酒は飲まないのですが、ビールがうまい球場はここが一番だとよく言われます。野球は基本的に当日券で入れるので、気が向いたらふらっと……神宮球場がおすすめ。

頂上決戦!

さて…本日の頂上決戦!

 最後はイチロー! さすがでございました。

 今日はもう原監督の左右病で自滅かと思いました、杉内を替えてダルが打たれた時は(^_^;) だいたいダルはそもそも抑え専業じゃないでしょ。ロースコアの1点差で、よーし杉内さんで仕舞いじゃと普通思うじゃないですか。
 しかし、勝負は下駄を履くまで分からない。
 はははははははははは(^_^;) まあ勝ったからすべてよし。ダルもよく同点で持ちこたえたと思います。クマちゃんも報われてよかったね。
 これでキューバやアメリカのメンツも守ったことになると思います。それが何よりもよかったと思います。

 私のMVPは、やっぱり投手だね、松阪、岩隈に。
 野手は青木。最後まで好調を維持したのは偉い。青木はこれが普通といわれればそうだけど。

 この大会はラウンド2までは、同じ対戦相手とぐりぐりやりあって、ようやく勝ち上がって最後はトーナメントでがつんと決める長丁場なので、選手層が厚く、投手力の安定しているチームがやはり有利な大会だと思いました。そういう大会で成績を残せた全日本は、やはり野球の国のチームだと思います。
 ああ、これで内職がやれる。今日まで全然何も手に付かなかったのよ(^_^;)



 TBSの地上波の中継はサイテー。やっぱりこの放送局はだめだ。視聴者が求めるものってこういうもんなのか。芸能人のしゃべりなんかどーでもいいから、現地の音声を生で流せよ。
 スポンサーの意向のためだけに仕事しているのが放送局というところなんだね。わかってはいたけど。

ブログ内検索

カテゴリー

プロフィール

正岡

Author:正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ。
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

おともだちリンク

ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © 正岡