バードスクランブル

正岡

おたくな奥様快楽通信

アニメ・特撮・邦画 0

NHK「鎌倉殿の13人」の感想

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」2022年放送#1〜#8いざ鎌倉 まで(2022.3.3)〜#17「助命と宿命」 まで(2022..6.1)〜#26「悲しむ前に」 まで(2022..7.24)#1〜#8いざ鎌倉 まで(2022.3.3)あなたの歴オタはどこから?私の入り口は源平ものだった 大河でこの時代は何度か制作されているけど、私の記憶に残っているのは「源義経」菊五郎「新平家物語」仲代達矢「草燃える」岩下志麻くらいかな。 源平ものは、私にとって最初の...

アニメ・特撮・邦画 0

遠山の金さん

遠山の金さん youtube「東映時代劇」がGW(2022年)に配信。特集「10人の金さん」。過去に東映が制作した「遠山の金さん」テレビシリーズと劇場版を、金さんひとりにつき一本ずつ(^_^;)を一気見企画。 私は、テレビシリーズでは、再放送でほとんどの金さん見てるはず。見た順番はもう覚えてないけど。 本放送当時、毎週欠かさず見ていたのは、もちろん私のテレビのお殿様・高橋英樹版。だけど、この時点であの有名な遠山の金さ...

アニメ・特撮・邦画 0

TVドラマ「銭形平次」の感想

TVドラマ「銭形平次」1966年放送(フジテレビ) Youtubeで毎週土曜更新。テレビドラマ版の最初のシリーズで、モノクロで撮影されたもの。さすがの私も(^_^;)これは記憶になくて、レンタルとかでも見たことない。八千草薫お静は初めて見る。おきれいですね。浮世絵みたいで。今頃気がつく、子供の時は勘違いしていた銭形平次・銭形は苗字じゃない。・岡っ引きは交番の警察官ではない。・平次のしゃべり方が変。・お静の着物が地味...

アニメ・特撮・邦画 0

「柳生一族の陰謀」の感想

 千葉真一が亡くなった。思い出作品の感想文など綴って弔文としよう。思い出作品キイハンター(1968〜73年)TBS/東映柳生一族の陰謀(1978 年)東映宇宙からのメッセージ(1978年)東映魔界転生(1981年)東映宇宙刑事ギャバン(1982年)テレビ朝日/東映風林火山(2007年)NHK 以上6作品。タイトルにリンクはってあるのは、前に書いた感想文。 今回は「柳生一族の陰謀」感想文。後日「魔界転生」「風林火山」についても...

NHK大河ドラマ「国盗り物語」 これを見たの、かなり昔のことで(^_^;)。私を歴ヲタにした運命の作品だ。 当時の私は日本史とか古文とか時代劇のお作法とかわからないまま見ていたので、大人になってから総集編を見て、なるほどそういうい意味だったのかと理解が後から来たり(古風なセリフとか)したものだった。もちろん原作も大人になってから。国盗り放送当時の私の動機としては、近藤正臣高橋英樹がテレビの王子様だったから...

「KING OF PRISM ALL STARS -プリズムショー☆ベストテン- ストリートルート」の感想もちろんネバレあり観劇日/2020.1.19いくぜ!プリズムジャンプ3連続!「アナザーディメンション!」←なんか違う(^_^;)ごめん うちから一番近場の映画館がここなの。THXとかいう音響のスクリーンが音楽向きかはわからないけど。 なんか変なもん買っちゃった(*´﹃`*) これとスケジュール帳用のシール、アレクの団扇とかも。 こっからネタバレ...

「KING OF PRISM ALL STARS -プリズムショー☆ベストテン-」の感想もちろんネバレあり おおざっぱな感想。私はこういう映画を待ってたの! ブライドザヒロのとき,プリズムショーだけの動画を編集してくれないかな、と思っていたけど、去年のTVシリーズでエデロの新キャラやシュワルツもジョージ他も出そろったので、ようやく音楽動画だけで上映できるようになったわけなんですね。 もうねもうね、音楽脳ですよ。 キンプリてな...

アニメ・特撮・邦画 0

突然キン肉マン映画

 劇場版キン肉マンの感想などのまとめ。 突然キン肉マンが見たくなったのは、深夜にやってる「旗揚げけものみち」を見てるうちに、ああ私プロレス好きだったなあ…と思い出して。 記憶を遡って、最初に出てきたのはキン肉マンだった。東映まがまつりで何度も見たし、TVアニメも見たし、原作も読んでたわ(連載で)。今からあの長い原作やTVアニメを見返すのも面倒くさいので、劇場版だけでも、と思って。 細かいこというと、劇...

キン肉マン 決戦!七人の正義超人vs宇宙野武士1984年4月放送(74分)日本テレビ系1行感想。キンちゃんやテリーが好きになる(〃▽〃)お話。宇宙野武士に襲われた星を救うために正義超人を募るビーンズマン。キン肉マンてほんとに強いの? なかなか声かけてもらえず、すねるキンちゃん(^_^;) でもみんなに胴上げされてご機嫌治っちゃう。 この冒頭の、七人を一人一人訪ねて行くくだりは、キャラクター紹介を兼ねた部分で、意外に...