グレンダイザー・ゲッターロボG・グレートマジンガー 決戦! 大海獣

「グレンダイザー・ゲッターロボG・グレートマジンガー 決戦! 大海獣」1976年7月公開(東映)

一行感想。マジンガーZだけはぶられているのは、何故なんだろうなあ。

お話。古代に絶滅したはずの生物が巨大化して日本沿岸を襲う。グレンダイザー、ゲッター、グレートを要する三つの研究所は国防軍の要請で、共闘作戦をとることに。しかしボスボロットが巨獣の体内に飲み込まれて、攻撃できない?

↓どれが誰かわかるかな?
1801192.jpg
シルエットのオープニングて、以前見たサイボーグ009もそうだったかな。



[More...]

UFOロボ グレンダイザー対グレートマジンガー の感想

「UFOロボ グレンダイザー対グレートマジンガー」1976年3月公開(東映)

一行感想。ロボもキャラ絵も全然崩れてなくて、超きれい。しかも動くし。短い上映時間のわりに、いろいろなシーンが詰め込まれていて、意外な名作。

お話。ベガ星連合軍はマジンガーZを強奪して、グレンダイザーと戦わせる。ベガ軍の円盤を脱出した甲児は、グレートマジンガーをとりかえすと自ら操縦、グレンダイザーと共に円盤獣と戦う。

 この頃、東映は他にもロボットアニメやっていたと思うんですが、原作者つながりでマジンガーが再登場。マジンガーとグレンダイザーの世界は、地理的にも時系列的にもつながっているのである。そしてタイトルどおり、グレートとグレンダイザーは本当に戦うところがみどころ。グレートがけっこう強くて、ほんとはどっちが強い(人気があったの)のかな?
1801190.jpg

[More...]

宇宙円盤大戦争 ヒロインの悲しみは男どもにはわからない

「宇宙円盤大戦争」1975年7月公開(東映)

一行感想。ネーミングとか色指定とか超ダサい(^_^;) あの姫は美女なんかブスなのか、どっちなんだ?はっきりしろ。

お話。地球に円盤群が飛来。地球人として暮していたデュークフリードの前に現れたのは、円盤軍の司令官であり幼なじみのテロンナ姫だった。彼らの目的は、デュークが祖国フリード星を離れるとき持ち出したガッタイガーで…

 マジンガームービーで最初に出たDVD版には、これ入ってないですが、最近出たBlu-ray版にはあるみたい。私はオンラインで見ました。テレビで一度見たきりだから、何十年ぶり?(^_^;)

 文献で指摘されなくても、これがグレンダイザーのパイロット版だったのはわかる。この映画にはオープニング主題歌があり、それがそのままグレンダイザーのエンディングに使われているし。敵やロボットのネーミングがカッコ仮(^_^;)なかんじだし。
 でも、デュークフリードの甲冑ぽい衣装デザインは、この時点で完成している。主要な人物名も人間関係も(牧場とか宇門博士とか)、グレンダイザーとそのまま同じなので、この映画作った時点で物語と設定はでき上がっていて、あとはデザインを詰めるだけだったのだろうな。



[More...]

グレートマジンガー対ゲッターロボG 空中大激突 の感想

「グレートマジンガー対ゲッターロボG 空中大激突」1975年7月公開(東映)

一行感想。「ムサシ……(´Д`)」
1801152.jpg
↑印象的なラストショット


[More...]

グレートマジンガー対ゲッターロボ の感想

「グレートマジンガー対ゲッターロボ」1975年3月公開(東映)

1801140.jpg

一行感想。神谷明(29)が超イケメンボイス(〃▽〃)

お話。謎の宇宙怪獣が日本上陸。円盤を追跡していたゲッターは退却。怪獣を迎え撃ったマジンガーは大破。ゲッターロボとグレートマジンガーは共闘作戦をとる。


[More...]

マジンガーZ対暗黒大将軍 の感想

「マジンガーZ対暗黒大将軍」1974年7月公開(東映)
 
 一行感想。田中亮一のグレートマジンガー見たかったな…

 お話。予言者の世にも恐ろしい言葉どおり、謎の戦闘獣軍団が世界の主要都市を襲い、東京にも上陸する。苦戦するマジンガーZ。

 マジンガーZからグレートマジンガーへのつなぎのお話。テレビシリーズもこんな話だったかな。
 でもこの映画では、グレートマジンガーは最後の最後に突然出てきてZと一緒に戦うが、あれがどういう存在で、中の人は誰で、あの気味の悪い予言者?の正体もちゃんと説明されていないけど、独立した映画としてこれでいいんだろうか。(グレートのテレビ放送は同年9月から。)またマジンガーZは最初から最後まで攻められて壊されるシーンばかりで、ストレスの強い映画ではある。
 私はこれは映画館では見てない。当時の映画館事情として、女学生ひとりで行ける場所ではなかったの。それで後からテレビ放送で見てショックを受けたのは……
 グレートマジンガーの中の人が田中亮一?(@_@)
 この映画がグレートのパイロット版なのかと思っていたけど、wikiの記事によると一度は田中亮一で決っていた?
 うーん、田中亮一の鉄也だったらグレートもちゃんと見たのに。

[More...]

マジンガーZ対デビルマン の感想

マジンガー THE MOVIE
 1970年代に東映まんがまつりで上映された,マジンガーシリーズの劇場用作品集を収録した円盤。マジンガーZからグレンダイザーまで、東映で制作された永井豪原作の、いわゆるスーパーロボットアニメ。その劇場版作品を順番にレンタル視聴いたします。

1801090.jpg
「マジンガーZ対デビルマン」1973年7月公開(東映)

 一行感想。デビルマン明くんがとってもセクシーなイケメンボイス(〃▽〃)。計算すると、この時田中亮一26歳。

 お話。デーモン族がドクターヘルの手先となって、光子力研究所を襲う。甲児の前に現れた謎の青年はデビルマンで、デーモン族と戦う宿命だという。空の飛べないマジンガーZはデビルマンを救出できるか。

 今風にいえば、まさかのコラボ(^_^;)
 マジンガーの世界にデーモン族が出張出演の形。人間の日常に入り込んでくるデビルマンのホラーっぽいノリはなく、毎週海から機械獣が上陸してくるマジンガーZの世界。デビルマン側のキャラクターは明とシレーヌなどのデーモン3匹、画面のにぎやかしでアルフォンヌとポチ。(ロマンスグレー?弓教授とポチの中の人は同じですかね。)ドクターヘルがデーモン族の存在を知っていたのは、さすがの博識。
 物語は,ジェットスクランダー完成のくだりで、多分この話はテレビシリーズでも描かれているはずだけど,劇場版としてデビルマンを加えたお話としてリメイク? あるいは別バージョン?で書き直し?みたいな作品。


[More...]

新キャプテン翼 の感想

DVD「新キャプテン翼」1989〜1990年/(DVD)2002年

 来年リメイクでキャプつばアニメが始まるわけなので、愛の記憶の復習をしてるところです。

 わたくし、「C翼」は運命の作品なので、一番最初の土田プロ版は全部持ってます。小学生編は一番最初にバラ売りで出たDVD。中学生編は録画DVD(現在行方不明(^_^;))。劇場版は東映から出たDVD。
 そして、この「新キャプテン翼」DVD。原作の、確か中学生編の次のお話だったかな?国際Jrユース大会。
 アニメの時系列は以下の通り。
「キャプテン翼」1983年〜1986年(128話)……TV東京で放送
「新キャプテン翼」1989年〜1990年(13話)……毎月1巻ずつ発売。制作は集英社・ソニー・ムービック
 「新キャプテン翼」は原作の進行を待って、3年後に制作されたものだが、テレビシリーズと声のキャストと、作画はほぼそのままで、事実上の続編扱い。当時、放送終了から3年たっても、まだC翼人気は根強かった。インターネットとかない時代で、流行りすたれも今よりはゆっくりだったと思う。翼の例でいうと、放送2年目あたりで人気に火がついて、放送が終了してからそのピークが来るような。

1712241.jpg  
 感想。いつもきれいでかわいいよ。若島津くん(〃▽〃)

[More...]

TVドラマ「ワイルド7」の感想

TVドラマ「ワイルド7」1972年放送

 レンタル視聴です。
 この間、原作者が亡くなって、弔文代わりにドラマワイルド7を見ます。
 この作品は、私はTVでリアルタイムで見ました。再放送は見たことがないはずなので、何十年ぶりかの再会です。

 一行感想。飛葉・小野進也がかっこいい(〃▽〃)
1708300.jpg

#1〜#5まで見た感想(2017.8.30)
〜#15まで見た感想(2017.9.12)
最終回#25まで見た感想(2017.11.1)
※下に記事を追加

[More...]

ブログ内検索

カテゴリー

プロフィール

正岡

Author:正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ。
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

おともだちリンク

ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © 正岡