昔の本

 コミケットを卒業してしばらくたつわけなんですが、もはや不要となったサークルのウェブサイトも閉じて、あとは昔作品なんかをうpしたり、昔語りなぞしよう、と思ってました。
 でも、昔とはもう時代が違うので、20年も30年も前に作った作品をネットにのっけるのは、ちょっとどうかと最近は思う。オリジナル作品はいいと思う。でもアニパロ同人の倫理基準?のようなものは、昔とはだいぶ変わったんじゃないか。
 昔は、コミケットとかドージンシなんて世の中の人は誰もしらなかった。
 コミケット会場に行くために東銀座あたりでタクシーを拾うと、運転手さんに「今日は郷ひろみのコンサートでもあるんですか?さっきから若い女性ばかり乗せているんですが」と聞かれて(^_^;) ドージンシという単語が通じないので、「自費出版のマンガ本の即売会があるんです」と説明したり。トラックの営業車ででっかいボンベのようなものを持ち込んで、コーラの手売りみたいなことをしているコカコーラのお兄さんに、地下駐車場でおとなりだったので、「大変でしたねえ、コーラ完売しましたね」と声をかけたら、「マンガって自分でかくものなのか?」という素朴な疑問を打ち明けられたわね。
 そういう時代に、会場で200冊売って終わり! だから何をどう書いても、誰も見向きもしなかったから、けっこう無責任だったような気がするわ。
 今はそうじゃないでしょ。
 だから大昔のコミケに出したやつで、今はちょっともうこれは人には見せられない(^_^;)ものはけこうあります。

 それと、データの問題も。
 昔の同人誌て、ワープロで文字打って、それを原稿用紙に貼り付けていました。PCじゃない。つまりテキストデータがもう残ってない。DOS-Vとかでフォーマットしていたフロッピーディスクだけど、それはテキスト回収したやつもある。でも上書きして使っていたので、古いものから消してましたね(^_^;) 鉄拳の同人誌(1996年)あたりから、Macを使っていましたが、日本語変換が不慣れで、オアシス(ワープロ)もしばらく併用してたと思う。つまり90年代までのデータは残ってないのだ。

 そんなわけで、年寄りの昔自慢で昔の本を見てもらいたい気持ちと裏腹に、いろいろと面倒くさしハードルがあって、ついつい後回しに……
 そのうち…そのうち…といいながら…。

シャチハタネームのインクカートリッジを交換する

  何年も前に通販で注文したシャチハタのハンコ。
 最近印字が薄くなってきました。どうしたらいいの……?
 調べてみたら、インク補填ができるみたいです。

 シャチハタのサイトに行くと、ハンコのインクカートリッジの案内がある。(シャチハタの製品別のインク補填案内ページ)ハンコの形状によって違うようだ。
 該当する商品を通販で取り寄せる。(事務用品店とかハンコ屋さんに行けばあるのかもしれないけど。)値段は安く、品は小さく軽い。amazonに出店してるどっかの文具屋さんは封書で対応。

 というわけで、交換作業。
(1)軸を外す。
1805130.jpg
 え?ここはずれるんだ?(^_^;)
 ちょっと固いですが、キャップの下あたりにあるリング状のあたりから外れる。


[More...]

Eclipse を買いました

1805120.jpg

2018年5月9日発売
アニメ「デビルズライン」オープニング主題歌CD「eclipse」。
蒼井翔太の新曲です。

 収録曲は3曲。
「Eclipse」「l am」「Distance」
 +「Eclipse」MVとそのメイキング映像収録のDVD

 ジャケットがクールでビューティフルでよろしいですな(〃▽〃)
 顔半分見せでも、お美しい。額を出した髪形も、顔の造形や表情が鮮明で、インパクトあるよね。見てわくわくするジャケットだわ。やっぱり私は面食いなのかな(・_・)



[More...]

帰ってきた egword Universal 2

 昨日、「かわせみ2」の更新があって、そのとき気付いたのですが、
「egword Universal 2」が復活してるじゃありませんか!

↓「物書堂」Macアプリケーション
https://www.monokakido.jp/mac/

「egword Universal 」は、インテルMacになったとき、エルゴソフトから発売されたワープロソフト。Macには数少ない縦書き対応だった。マニュアル見るまでもなく、直感的な操作で同人誌の版下原稿(紙)などちょちょいのちょい。
 それがなくなってどんだけ不便だったか(^_^;)
 Pagesで自治会名簿作るとかどんだけ苦労したか(>_<) 会葬案内だってもっと思い通りのレイアウトに作れたのに(>_<)

 そんなわけで、コミケット卒業した私がこのあと何に使うかわからないけど。
 紙に出力用の原稿もほら、当時のやつ、開けます。
1805110.png

↓これはイベントのたびに作っていたチラシ。
1805111.png
 縦横の段組も自在で、使い勝手の良いソフトなのです。
 もちろん年賀状も!

 けど、たぶんワードとの互換性はないので、テキストは別に保管してた。
 文章考えるとき、縦書き入力で考える人には必要なソフトといえる。ちょっと書類作るのも超特急で作れるし。復活してうれしい。ちなみに7800円。
 画面開いたとき、思わずまた何か書こうかしらねo(^-^)oとか思ったり。
 

車庫証明を申請

(自分用メモ)
 車庫証明ってとりにいくの3回目だけど、全然手続き覚えてない(^_^;) だいぶ前のことなので、次はもう用がないかもしれないけど、もしかして息子のおつかいとかで行くことになるかもしれないないから、一応自分用にメモっておく。

 申請書類は、だいたい車販売の業者さんが用意してくれたりするけど。
・4枚綴りの書類。3枚目までハンコをいれる。
・この車庫は自分のですという意味の書面。1枚。これもハンコ。
・地図などの図面。
の3種類。
・さらに2100円+500円の証紙。免許書の手続きするときに買うやつ。
 2100円は申請書に貼る。2枚目の黄色い書類の、右端に貼るところがある。
 500円のは車庫証明を受けとるときに要るらしい。

 車庫証明書がおりるのは4日後。申請時にもらえる受付票と、500円証紙を持って窓口へ。

(つづく)

(5.11追記)窓口で受け取りました。
 受付票に名前とハンコ。500円の証紙を提出。
 これで次回もだいじょうぶ。

東芝 REGZA 49BZ710X

 2018年5月。新しいTVがおうちにやってきました。
 東芝レグザ。49型。4K。
 テレビの進化。もう後には戻れません。

 今まで36型だったのですが、
(2007年12月購入。この記事
 それはプレイステーション3の頃に買ったもので、もう10年になるけど、別にどっこも壊れてません。長持ちの良い製品です。ただ、「アサシンクリード」をやっているときに、36型では衣装の模様などがつぶれてしまい、表現されていないことには気付いていました(^_^;)
 もちろんニュースとちょっとアニメを見るだけなら、テレビの大きさはなんでもいいかなとは思ってたんですが、蒼井翔太のライブ映像をBlu-rayで再生するとなると、やっぱりこのくらいの大きさは必要。
 東芝のこの機種になったのは、お値段と画面下部のスピーカーが良さげ、だったかな。

1805043.jpg  
↑「ワンダーラボprism」のBlu-ray。クリックして拡大表示。衣装の縫い目や折り模様も見える解像度なのです。
 印象だけど、前年の「ワンラボsign」よりも鮮明な感じがする。

 ついでに、Blu-rayとDVDでどのくらい差があるかというと…

[More...]

映画「テニスの王子様」

1804270.jpg

映画「テニスの王子様」2006年(松竹)

 「富豪刑事」を見ているうちに思い出したんだけど、これ。
 当時、映画館にも行ったしo(^-^)o
 デカレンジャーの写真集もヒーロービジョンも全部買ったし! イメージDVDも買ったし。載寧龍二すごい好きだったのね、私(^_^;) 今冷静にふりかえるに、多分顔が好きだったんだと思う(〃▽〃) あらためて思うに、二次元から出てきたような、アニメ造形なお顔。
(継続しておっかけなかったのは、2007年に小西克幸ファンになってアニメとBLに行っちゃったからだと思う)

 富豪刑事では下っ端刑事、デカレンジャーは子供番組の主役だから、裏も表もない男の役。つまり言ってることがそのまま素で、思ってることがそのままセリフになってる役だった。だから芝居も平板な感じがしていた。
 でも、この映画の跡部役は違う。言ってることとやってることが違う男。セリフがそのままの意味じゃない、ちょっと複雑な役だ。露骨に敵対行動のようで、実はそうでもない、根はまともでいいヤツ、のはずがちょっと変(^_^;)、がすべて同時に成り立ってるような。
 手塚の腕をつかむシーンとか、初めてリョーマを見るところとか、跡部のセリフと表情と動きを追って萌えながら読める。こんな細やかな表情の変化で演技してるんだと。原作の跡部がどんなやつだったかもう忘れちゃったけど。

1804271.jpg

 この映画は、原作とはあちこちお話が違うはず。2時間ちょいにまとめる都合、そういうものかと思う。
 だが、問題はそこじゃない。登場人物の中で中学生に見えるのはリョーマだけ。おまえら何年留年してんだよ(^_^;) アニメや舞台では気にならなかったけど、実写映像で見るとそこは隠せない嘘なのね(^_^;)
 お父さん役の岸谷五朗は良かったな。
 氷帝の練習シーンは、ほんとにボールを打ちあってて、テニスらしい絵でよかった。スポーツものの映画とか、実写では嘘がつけないことが多いのね。そこは監督のこだわりかと思う。


富豪刑事

 お片づけ中にちょっと見始めたら、結局全部見ちゃった(^_^;)

1804240.jpg

「富豪刑事」2005年放送

 デカレンジャーが終わったすぐ後くらいの放送だったかと。
 私は、デカレンジャーではレッドが好きだったんです。いつもは脇役好みなのに、珍しくこの年の戦隊は主役のレッドが好きだった。それで、デカレッドが焼畑署勤務と聞いて!

 主演は深田恭子。ぽわわんとしたかわいらしさが、大富豪のお嬢様設定で、庶民(警察署の人びと)から浮いた感じにぴったりで、深キョンのハマリ役といわれる。
 大富豪のお嬢様というと、私の貧困なイメージでは例えば「聖闘士星矢」の紗織お嬢様とか、「あしたのジョー」の葉子お嬢様とか、少女マンガだったらお蝶夫人とか姫川亜弓とか(^_^;)、上流階級のお嬢様のイメージてだいたいそんな感じだけど、神戸美和子(深田恭子)はそのいずれにも当てはまらない。スチルを見ると、きりっとした写真もあるので、高飛車で意識高い系なお嬢様案もあったかもしれないけど。
「たった5億円ぽっちのために、人を殺そうとするなんて」
 美和子のイラッとくる一言が、この作品のお約束(見せ場)かな(^_^;)
 さらに犯人に見当違いの説教して「違う違う」と言われていると、そこへ美和子付きの運転手が迎えに来て「失礼します」と現場を去る美和子。「こら〜勝手に帰るな〜」誰か(たいてい狐塚刑事)怒鳴っている、とここまでが毎週ラストシーンの様式美である。
 このドラマは深田恭子のために企画されたのかもしれないが、しかし深田恭子のドラマというわけでもない。毎回登場する悪役犯人俳優に意外なビッグネームの怪演とか、またレギュラーの焼畑刑事課の面々の手堅い演技とか。私は中でも西岡徳馬が毎週楽しみで仕方がなかった。
 話は毎回殺人事件で、美和子発案のおとり捜査?で右往左往する展開が面白く楽しかった。殺人事件でおもしろいという感想もちょっとあれだけど、おとり捜査で刑事さんたちがいろいろな役柄に扮するわけで、ラグビーコーチになったり、レストランやったり。同僚刑事役の面々の細かい活躍シーンも多い。
 秀逸なのはエンディング。ドラマチック感のある「愛のメモリー」が主題歌で、モノクロ静止画像で紹介される登場人物の写真が超いい。壁紙で配布するとか、ノンテロップエンディングとかあってもよかったのに。(なかった)
 さいねい龍二は、一番下っ端の刑事役で、美和子お嬢様から「気になる男性」として意識される役。特別何か大活躍するような立ち位置ではないけど、ときどき美和子お嬢様をタイミング良く救出に現れる。エンディングの写真もなんだかかわいくて、毎週エンディングで見るのも楽しみだった。この写真いいよねえ。

 第2期にあたる「富豪刑事デラックス」は、通しで見ると印象がちょっと違うかな。
 署内の美和子をとりまく人間関係は多少変化してるかもしれない。まわりの男刑事が露骨に敵意を向けてるかんじは、視聴者が見慣れたせいもあるかもしれないけど、あまりそこは目立たない。だいたいどの刑事も一度は美和子にデレるシーンがあったかも。一方、西島刑事との関係は途中から出てこなくなって、そのへんはどうなったかわからないまま終わった。
 二期の主題歌とエンディングは、あまりインパクトはなかったな。映像見直すまで曲忘れていたくらいだし。しかも深キョンしかでてこないのでつまらない。このドラマは深田恭子だけでもってるわけではないから。

 1年に何度か放送される二時間ドラマ(明智小五郎シリーズのような)にならないかな、と待っていたけど、とうとうなかったですね。

(再ハマリ中で、後日1話ずつ感想とか書いちゃう予定(^_^;) )

鉄拳7

 ようやく始めます(^_^;)
 なんかもう、私も歳だし、格ゲーやりたおして勝つ!みたいな気力体力はないけど、長年楽しんできた鉄拳ごっこくらいはまだやりますよ。

 私の「鉄拳」歴は、初代プレイステーションからで、同時にやおい同人もやっていて、当時はゲーマーのお友達もいて、鉄拳4あたりまではゲーセンにも行っていた。鉄拳同人を離脱後はおうちゲーマーなので、実は鉄拳5〜6のあたりは設定もお話もまったく覚えていない、つまりあまりやってない? 4以降の新キャラもあまりさわってなくて、今では名前も知らないキャラもいるわけです。
 そんな私が今更鉄拳とか、でもそういう通りすがりのライトゲーマーにも間口を広げてこそ、よいゲームだと思うので。

鉄拳7の物語
 このシリーズは、前作をひきついで物語が存在する。なんらかの事情で鉄拳トーナメントが開催され、それにファイターが集うのは、それは物語じゃなくて舞台設定です。鉄拳のお話は、キャラクターごとに大会参加の動機や事情があり、前作品からそれが継続しているのと、その一方で三島一族内の確執が世界観の軸であり、毎回何がしか語られて行く。
 今なっては、だいぶ設定とか様変わりしてるですね。
 しかし、鉄拳はそもそも物語を読ませるためのゲームではないから、シリーズが下るうちに出たり引っ込んだり行方不明になったり疑問もある。はっきりいってこんな後付け設定とか余計なものを(^_^;)とか思ったりもするけど、そもそも格ゲーはやるものなので(^_^;) キャラ造形や設定はアクセアリーくらいに思うようにしてる。気に入らなかったらそこはスキップして、知らなかったことに(^_^;) それで格ゲーやることにおいて支障ないから。

 今回鉄拳7もストーリーモードがある。
 過去の鉄拳の物語をおさらいしつつ、鉄拳7の世界を旅する?構成か。感想はもうちょっとやりこんでからね。
 あと、過去鉄拳のOPムービーがギャラリーに収録されているので、これを見て記憶の回復とか。

キャラクターのこととか
 もちろん昔からいるキャラには思い入れはあるけど、新顔にも注目。
 あれ?レイブン女体化してる?(^_^;)
 風間仁は相変わらずかっこいい。もちろんシリーズごとに多少顔かわったりしてるけど、演出とか総じてかっこいい。下手くそでごめん、でもこれからも使うわ。
 イケメン枠が増えましたな。ついつい蒼井翔太似はいないのかと探してしまったけど、はっきりいっていない! 仁をカスタマイズしてしょーたんにならんかな(無理)。レオを蒼井翔太風衣装とか髪形とかできないだろうか。
 シャ…なんとかというオリエンタル服のキャラかっこいいですな。見た目の話。
 女性キャラは相変わらず見分けがつかないが、カタリーナはちょっと気になったのは、iPad版だともっと太めでむっちりセクシーに見えたけど、PS4だとそうでもないのね。
 FFのノクトのお迎えはどうしたものか。あいつ武器もってるじゃん。それよりも北斗神拳や聖闘士や仮面ライダーが参戦するのはいつになるんだろうか?(๑╹ω╹๑ )

カスタマイズ
 すっかり恒例になったカスタマイズ。鉄拳のそれは、キャラの造形から組み立てるやつではなくて、鉄拳キャラの着せ替え。プレイしているうちにコインやアイテムが稼げる仕組みなので、しばらくやりまくる必要がある。

 それで、起動するたびに思うんだけど、このホーム画面の平八柄は変更できないだろうか。
 起動するたびにじーさんとにらめっこ、とか全然気分的に萌えん。
 人動かすものは煩悩だからのう。よーし!鉄拳今日もやるぜ!ヽ(^。^)ノ 自分の押しキャラとかにできないだろうか? 鉄拳7における平八の立ち位置はともかく、プレイヤーそれぞれに自分の主人公がいるでしょ?
1804150.jpg
↑iPadで画面を撮影したらこんな色に…

ブログ内検索

カテゴリー

プロフィール

正岡

Author:正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ。
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

おともだちリンク

ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © 正岡