超体感ステージ「キャプテン翼」 の感想

超体感ステージ「キャプテン翼」

劇場 Zeppブルーシアター六本木
観劇日 2017年8月20日 17:30回(一般席)

 わたしく、往年のきゃぷつばブーム第一世代。といってもその時すでに大人だったわけなんですが(^_^;) あの時の自分と向き合う舞台公演。

 一行感想。やっぱり私はいつまでも日向さんが好き。どきどき。
1708210.jpg
(公演後、帰るとき撮りました)


[More...]

戦姫絶唱シンフォギアAXZ

TVアニメ「戦姫絶唱シンフォギアAXZ」2017年放送

1708190.jpg
 一行感想。おっぱいのある蒼井翔太が見られるアニメ。

 初めて見るアニメ「シンフォギア」シリーズ。タイトルは聞いたことあるけど、見たことは一度もない。AXZはシリーズ4作目らしいです。過去作見ない調べないで初視聴だけど、ついていけるかな(^_^;)

 #4で錬金術師3人女子が変身して、敵大ボス男が登場したので、ここまでの感想をまとめる。
#1〜4までの感想(7.27)
#〜7までの感想(8.19)
#8の感想(8.20)



[More...]

寺尾関の湯飲み

 年寄りのグッズ自慢(^_^;)
1708180.jpg 1708181.jpg
 大相撲グッズ。寺尾の湯飲み。
 大きくて重いです。高さは12〜3センチあるし。厚みもあるので、容量は見た目ほどでもなく、300ccくらい。

 これはチャリティ大相撲で国技館の売店で買った。寺尾関が関脇のころだったと思うから、だいたい1990年ごろかな。30年近く前になるのか(^_^;)
 私の世代では、相撲は女の子も必修科目。放送はわりと習慣的にだらだらと見てはいたんだけど、気がついたら前頭に寺尾関がいたんですね。毎日テレビで応援するだけで満足はしていたんですが、友人に誘われて初めて国技館に行きました。チャリティ大相撲でした。
 せっかく来たので、記念に何かグッズとか買って帰ろうと売店を見て回ったんですが、キャラグッズ?のようなものは横綱&大関で、かさばるものが多く、女の子が手に取りそうな安くてかわいいものはなかったです、当時。
 それで!寺尾だけ単品でこの湯飲みがあったんです!
 いくらだったかな。高いものなかったです。1000円くらいだったかな。湯飲みとかマグカップはわりと安いですよね。うれしくて飛びつきました(^_^;) これには黒いプラスチックのフタがついていました。
 これひとつ買って本懐を遂げて(^_^;)、私のささやかな大相撲マイブーム。

 私はこれを日常的に使っていました。
 買ったグッズはマイブームのうちに使う!が私の持論。やっぱり「好きo(^-^)o」と思っている時に使うと、愛着もひとしお。もちろん壊れるとか汚れるのリスクはあるんですが、自分の経験上、マイブームというのは必ず去る時が来るんです。気持ちが去ってから使っても、それはただの容器とか道具。使ってて全然萌えません。過去を否定はしないけど、やっぱり萌えの頂点にあるとき使うから愛おしい。それがキャラグッズというものなのです。キーホルダーなどの身に付けるものにいたっては、過去完了形のキャラを身に付けて、あらあなた○○が好きなの?と思われるのも嬉しくない。今の自分を投影するのがグッズというものよ。
 そんなわけで、私は家の中とはいえ、これでお茶、紅茶、スープ、コーヒー、なんでも飲んでいました。
 ところが、ある日、内側に縦に亀裂を発見(+_+) 表にはないので表面的になものかもしれないけど。このまま壊れるまで使い続けるかとも思ったけど、関取の現役なんて期間の長いものじゃないから、当時まだ寺尾関は現役だったと思うけど、保管を選択。茶渋をとってきれいに洗って、20年以上食器棚の守り神になってました。

 でも壊れるまで使った方が、湯飲みは幸せなんじゃないだろうか?
 と今、思ったりしてる。
 瀬戸物だから100年でも200年でも保管できる。でも、家の中で私以外の人にとっては、これはただの瀬戸物でしかないわけで、私の死後(^_^;)誰か保管し続けるとは思えない。ゴミに出されて、再利用されたとしても花瓶やペン立てに使われて終わるのもかわいそうな気もするな……


蒼井翔太 LIVE 2017 WONDER lab.~prism~ Blu-rayディスクの感想

1708150.jpg
蒼井翔太 LIVE 2017 WONDER lab.~prism~


2017年8月発売
2枚組。2017年2月代々木第一体育館で催された公演を収録。ディスク2には、リハ風景などの特典映像を収録。

 感想。映像で見る蒼井翔太ライブ。趣向を凝らした演出で見ごたえがある。大きな会場だったから、客席からは誰もこんな蒼井翔太は見られなかった。(距離的な意味で)


[More...]

A happy Lab. Party 2017 ~Aummer Memory~ に行ってきました

蒼井翔太のファンクラブイベント
「A happy Lab. Party 2017 ~Aummer Memory~」
に行ってきました

 2017.8.12 パシフィコ横浜国立大ホール
1708140.jpg
↑チケット、パンフ、参加者全員配布の一人一人違うブロマイド。
 着せ替えシールがほしくてパンフだけは買ってきた。物販列には並んでないです、開場後にロビー内でささっと買えました。

[More...]

しろくまカフェ手帳 2018年版 

1708070.jpg
結局来年もパンダくんと。

 しろくまカフェ 手帳 2018年 がすでに発売されております。毎年8月発売なのね。
 カレンダーは9月始まり。このブルーの表紙はB6判で、私はこれを家置き用に使います。お出かけ持ち出し用はiPadなので、家はMacBookで管理する方が楽なのかもしれないけど、老化防止策として、あえて手書きのスケジュール帳。主婦の予定は不確定かつ大ざっぱなので、手書きの方が便利なのはある。

さまようテンプレート(^_^;)

 いろいろ変更したりして、ちょっとまたしばらくばたばたしますよ。
 今どきのブログテンプレートは、すごく多機能、高機能ですね。
 何かぴったりくるやつはないかと前々から捜してはいたんですが、問題はカスタムの面倒くささ。年寄りはもう新しいことを覚えられません(^_^;) 同じデザイナーさんのを続けて使っていたのは、結局カスタムのしやすさなのね。どこに何のタグがあるかはだいたい同じだから。それが違うデザイナーさんになると、たとえば「この画像を差し替えたいんだけど、それどこ書き換えるの?」がすぐにはわからないのね(^_^;)

 デザインなんかは自分好みだけど、パンダをどっかにかざりたい(^_^;) タイトルの横文字はいじれるのかな? カスタマイズはちょっと手間取りそう。自画像をパンダくんにすればいいかのう? 

※翌日追記。結局元に戻す(^_^;)
使い慣れたやつの方が読みやすい、使いやすいというのはあるかと思う。動かなくなるまではこのままでいいかな。
どうしても変更したいというお気に入りテンプレートが登場するまで、このままでいいかな。

週刊少年ジャンプ展 に行ってきた

創刊50周年記念「週刊少年ジャンプ展」
vol.1創刊〜1980年代、伝説の始まり


開催日2017年7月18日〜10月15日
開催場所/森アーツセンターギャラリー
(六本木ヒルズ森タワー52階)
https://shonenjump-ten.com/

1707304.jpg
観覧日/2017年7月23日(日)

 一行感想。3時間くらい長居しちゃった(^_^;) 少年ジャンプとともに歳を重ねてきた私の人生を振り返る催し。

 週刊少年ジャンプ50年の歴史を作品で辿る。年代別に3回に分けて開催される大型イベントとのことで、今期は創刊当時からの20年間を展示。


[More...]

極上文學「薮の中」

極上文學「薮の中」2013年6月公演

1707250.jpg
 蒼井翔太の舞台仕事を探索するぞ。

 こんな公演があったんですね。遅れてきた蒼井翔太ファンなので、DVDで観劇します。
 「極上文學」は、様々に個性的な舞台を企画制作するCLIEというところの制作で、蒼井翔太は、2013年に「薮の中」「Kの昇天」2作に出演している。ちなみに「ペルソナ3」もこの会社が携わっている。
 2013年というと、多分アニメのレギュラーはうたプリくらいだったはずで、声優や歌以外にもいろんな場で修行していた、というのがわかる。2014年から始まる「ペルソナ3」だって、そりゃあ、いきなり座長公演とかやらせてもらえるわけないわね。こうやっていろいろな舞台に呼ばれて、地味に実績を積んでいたのね。

 「極上文學」は朗読劇ということで手に台本は持っているが、スタンドマイクの前に立つスタイルではない。役の衣裳をつけ、セットが組まれた舞台や会場内を、台本を持ったまま移動したりの動きや、多少のアクションもある。BGM、照明、効果音などの演出もあり、視覚的な見せ場も用意されている。

 実は「薮の中」DVDは現在入手困難で、私も中古市場で探すのに苦労しました(+_+) はっきりいって、発売時よりも中古の方が高い商品。これも蒼井翔太が出世したおかげか。2枚組DVDに、キャスト違いの3公演分が収録されていて、蒼井翔太はそのうちの2公演に出演してます。

[More...]

ブログ内検索

カテゴリー

プロフィール

正岡

Author:正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ。
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

おともだちリンク

ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © 正岡