DAVID BOWIE is(デビッド・ボウイ展)の感想

1702250.jpg
DAVID BOWIE is


開催期間 2017年1月8日〜4月9日
会場 寺田倉庫G1ビル
http://davidbowieis.jp/
 
 歌。映像。衣裳展示。他資料展示などで、デビッド・ボウイの音楽の半世紀ををたどる。
 2.24(金)に行ってきました。平日の午前入場のせいか、すんなり入れて、自分のペースで動き、見たいところに見たいだけ立ち止まっていられる程度の混雑でした。
 会場に入ると、レシーバー付のヘッドホンを渡される。会場の所定のエリアに入るとその展示に則した音声や音楽を拾う仕組み。デビッドボウイの音楽を聴きながら、場内を移動するわけなのだ。チケットが入場時間にわけられて販売されているのは、ヘッドホンの台数があるからなのね。平日なら余裕です。

 感想。
 展示エリアごとに次から次へとボウイの音楽ずーっとききっぱなしで、脳が溶けそうになって幸せ(〃▽〃) 凝った映像も良かったけど、とにかく音楽ありきの催し。会場内にかれこれ3時間くらいいたかな。どっぷり。久々の朝から外出で倒れそう吐きそうだったけど(あたしゃ吸血鬼かよ(^_^;))ボウイの歌漬けになってるうちに、体調不良も治ってしまいましたヽ(^。^)ノ
 臨時設置のカフェではボウイの歌をBGMに、ボウイの写真とか眺めなら、コーヒーとサンドイッチとか食しながらまったり。幸せ。
 デビッド・ボウイはただのイケメンロックアーティストじゃありません。こんな服、他の誰も着られない。ああ、だめだ、音楽脳になってるときはまともな感想文は書けん。
 私はたぶんもう一回行ってしまうと思います。



[More...]

キイハンター の感想

「キイハンター」1968〜1973年(TBS)

1702220.jpg

 傑作選集がDVDで出ているらしく、それのレンタル観賞中。まだディスク2まで見たところだけど、とりあえずここまでの感想とか。

 一行感想。怪人が出てこない&変身しない仮面ライダー?宇宙刑事ギャバン?。誉め言葉だよ。

 ええと、まずですね、私はこの番組は本放送で見ています。でも、物語の筋立てや裏表が理解できるより前の年齢(つまり小中学生)だったので、断片的な印象しか記憶にないです。多分再放送も見てないんだと思う。私の覚えているキイハンターは…
・千葉真一のアクションがかっこいい。格闘だけじゃなく、ヘリにぶら下がったり、高い所から飛び降りたり。
・野際陽子がかっこいい。
 他の出演者は、丹波哲郎と谷隼人は顔だけで記憶に残る。どんな話だったかはまったく記憶になくて、事実上初めて見るテレビ番組みたいなもの。

 それで感想なんですけど、なんかすごい既視感。特撮ファン的な意味で。映像の中身は古い(ファッションと車種とかロケの風景とか)けど、ああなんかこういう作品ていっぱい見てきた気がする……
(1)非日常なお話
(2)戦隊っぽい?オープニング
(3)千葉真一と野際陽子のこと
(4)こんな人出てたんだ…



[More...]

蒼井翔太LIVE 2017 WONDER lab. -prism- の感想

蒼井翔太LIVE 2017 WONDER lab. -prism-

2017年2月12日(日)
国立代々木競技場第一体育館


 1行感想。しょーたんがお姫様になったり王子様になったり。歌が聴きたくて行ったけど、見ても楽しい舞台だった。萌え充電。

 チケット代を払って行く、蒼井翔太のライブ。
 代々木第一体育館てでかいですね〜(^_^;) 床面積が広いつまり天井が高く大きくひらけた空間。やっぱり地力のある歌手だ。この大きな容れ物にふさわしい充実した歌と舞台演出だった。
 1回ぽっきりの公演で、このチケ代で元とれてるのか?(^_^;) 絶対に円盤も買ってお布施せねばならんな。
 ちなみに公演グッズは買ってない。たぶんあとで通販があると思う。そのためのファンクラブだし。
1702140.jpg


[More...]

月の都市伝説

1702080.jpg

「月の都市伝説」
並木伸一郎著
2016年12月発売 学研プラス発行


 勢いつけてもう一冊。この本は出たばかり。
 月に関連した様々な謎を広く取り上げていて、「都市伝説」などとタイトルの怪しさ?に反して、がっつり深く読みごたえがある。
 そもそも月とはいかなる衛星かという、天体天文学的な疑問から始まって、アポロ計画とともに明らかになった謎や疑惑を数多く提示。また、古来月にまつわる神話やとんでも扱いされているであろう学説まで、写真付で広く広く紹介している。
 ムー認定、都市伝説、うさんくさそうと思う人もいるかもしれない(^_^;) ムーといえばUFO。だけど、このような謎や噂がつきまとうというところまで含めて、月という星の謎なのである。学問的にどこまで解明されたかだけを見ていては、月のなんたるかの全体像を見失ってしまうのではないか。



[More...]

誰も読む人がいなくてもやる「ひとりコミケ」

 学生時代は許されていたけど、今はなかなかむずかしいこと。
 一日中、本を読んだり、絵を描いたりするだけの生活。
 そらそうだよね。親がごはんもお風呂も洗濯も全部してくれてたんだから。一日中、ずーっと本読んでるとか、ずーっと絵とかマンガ描いてるとか、その合間にちょっと学校行く(^_^;) それが私の学生時代だった。今振り返ると、あれは幸せなことだったのだなあ。自分のためだけに使える時間が延々といくらでも続いてあった。(もちろんもっと真面目に勉強しとけばよかったという思いもあるけど。)
 主婦はいくらでも自分の時間あるじゃない?という指摘は、それは違う。細切れの時間なんかいくらあっても、それはないと一緒。何かまとまったものを読もう書こうと思うと、長時間集中したい。若い時は体力気力もあったけど、さすがにこの歳になると寝ないでやり倒す力技は、もうちょっと無理かな(^_^;)
 だがそんなこと言ってたら結局何もできないで人生終わってしまう。
 書きたい。作きたい。という欲求が止まないうちは、何かやろう。なんとかしよう。
 人に読んでもらう見てもらうは、全然動機じゃない。自分が読みたいだけだったりするけど、しかしせっかくだから人にもみてもらう。評価はどうでもいい。(がんばって更新作業とかにつづく)

ムー的古代遺跡

1702070.jpg

「ムー的古代遺跡」
並木伸一郎著
2015年12月発売 学研プラス発行

 学研は最近組織内の統廃合があって、出版社名が変わったらしい。
 学研というのは、私の世代は「かがく」と「がくしゅう」とかでお世話になった会社だ。あれはいい雑誌だったなあ。今はもう無いのね。私が小学生時代に読んだ歴史や神話や星座なんかの知識はみんな「科学」「学習」で読んだもの。それで科学と学習を卒業すると、歴史読本とかに行ったわけよ(^_^;) 当時ムーはまだなかったな。
 著者の並木氏というのは、月刊「ムー」のメインライターだそうで、著作もいっぱいある。

 さてこの2015年度版古代遺跡本。以前のムースペシャルとは紙面構成が変わって、オールカラー(@o@)
 掲載する遺跡は「ピラミッド」「神殿」「古代都市」「地上絵」「海底遺跡」などのテーマに分けられて、遺跡総数70ヶ所。それぞれ大きめのカラー写真をいくつもつけて解説されて、眺めるだけでも興味がそそられる。2010年度版とは重複してない遺跡や、記述もけっこうあって、ダイジェスト版になったわけではない。前の本も持っててよかった、これからもこのシリーズ買うわ。
 ちなみに表紙は、古代遺跡定番のピラミッドやスフィンクスではない。この偶像は「バビロン」の項で紹介されている母子像。すごく宇宙ぽい?


[More...]

徒花の契り(その3)浅葱ルート

1611280.jpg
↑天井に灯があるのは江戸時代じゃないよな…

 浅葱は、このゲームの看板キャラ。キャラ紹介で最初に紹介される。すなわち男花魁を置く牡丹屋のトップ。ひいきの客もいて、人気の花魁。主人公は一目で夢中になり、同時にさまざまな雑念、嫉妬と不安にさいなまれる……。
 こと葉ルートと設定は同じで、浅葱ルートでも、こと葉は浅葱付の見習い。主人公は浅葱からこと葉の稽古につきあってあってくれと頼まれ、それが毎日浅葱に会いにくる口実になっている。

 浅葱は、表情の変化が多く、その落差が大きいのが特徴だ。怒ったり笑ったり、目がそっぽを向いてシカトしたり、はっきりと顔に出る。
 浅葱は、思ってること考えていることは、言葉にも態度にも表情にもはっきりと出す。しかし、その骨っぽい言動の裏には、複雑な内面も……

 好感度の選択肢は、なんかよくわかんなかったです。正直に誠実にが基本だと思うけど、でもけっこう外れちゃったりもしたし(^_^;)浅葱は扱いの難しいヤツなのね。私は極上ルールに入るのに、好感度upアイテム(匂い袋?)を2つ使いました。デイリーボーナスでもらえるものはちゃんととっておくじゃよ。



(↓ここからお話の結末に関するネタバレがあります)(追記あり)





[More...]

完全版 世界の超古代文明FILE

1702050.jpg

ムースペシャル「完全版 世界の超古代文明FILE」 古代文明研究会著
 2010年学研パブリッシング発行。

 え〜?もう7年前の本なんだ?(^_^;)
 世界の古代文明に関連した遺跡や建造物など「216」箇所をレポート。
 サイズは、iPad miniよりきもーち小さく、厚さは3〜4cmある。ハンディな英語の辞書くらいの本。本文はモノクロで、口絵などに一部カラーページ。
 記事は地域別に構成されていて、高校世界史の資料集では載ってないようなマイナーな遺跡までくまなく網羅。名前は聞いたことあるけどそれってどこの何だっけ?みたいな遺跡は2P使ってがっつり解説。Googleマップの座標も明記。
 この一冊で世界中の遺跡めぐりの旅を。良心価格と内容充実で、「ムー」と聞くだけでうさんくさいと思う人にもおすすめできる、意外な良書なのだ。



[More...]

ムーガチャ

1702010.jpg
「ムーガチャ」(スマホアプリ)2017年配信

 さまざまなムー的事案を記したカードを集める。
 無料ですが、課金すると(400円くらいだったかな?)広告なし、ガチャ開放、各カードの解説文が読めるようになります。この画面は課金後です。解説文は長くないですが、400円でムー辞典を買ったと思えば。
1702011.jpg
↑この画面までが無料閲覧。400円?の課金で「特典ファイル」解説文の続きが読める。

 それで、この解説などを読みながら思ったのですが、一口にムー的なといっても、いろんなジャンルがある。このムーガチャで取り扱っている案件は、
・古代史、遺跡、オーパーツ。
・UFO、宇宙人、地球外。
・幽霊、超能力、超常現象、魔術、異次元、宗教の神秘。
・UMA、妖怪、伝承。
などなど、かなり手広くフォローしてるので、このアプリであらゆるムー的議題を網羅できているわけではない。

 私は、数あるムーカテゴリーの中で、古代文明のシリーズが好きで、古代遺跡がテーマのときはしばしば月刊ムーを買っていた。なにしろ私は、子供の時なりたかった職業は考古学者だった。でも読者はどうだろう?UFOとか、テレパシーとか超能力みたいなテーマの方が人気があったかもしれない。
 そんなわけで、オカルトっぽい記事を読むことは最近なかった私。すっかり忘れていたが、ムーガチャで久しぶりに超能力者の紹介記事など読んで、いろいろ思い出した。ここだけの話だけど、私も家で超能力の練習とかしたっけ(^_^;) カードの模様あてるやつ。中学生くらいのころかな。自分にそういう力が備わっていたらいいのに、とか思っていたのかも(^_^;)
 私が超能力とか異次元みたいな単語を知ったのは、もちろんマンガから。石ノ森章太郎とか横山光輝とか。マンガの主人公なりきり!みたいな時代が私にもあったのね(^_^;)

 ムーには、テーマを絞った書籍版があって、そういうものちょいちょい買ってる。いずれそれの紹介とかする。
 

ブログ内検索

カテゴリー

プロフィール

正岡

Author:正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ。
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

おともだちリンク

ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © 正岡