映画「テニスの王子様」

1804270.jpg

映画「テニスの王子様」2006年(松竹)

 「富豪刑事」を見ているうちに思い出したんだけど、これ。
 当時、映画館にも行ったしo(^-^)o
 デカレンジャーの写真集もヒーロービジョンも全部買ったし! イメージDVDも買ったし。載寧龍二すごい好きだったのね、私(^_^;) 今冷静にふりかえるに、多分顔が好きだったんだと思う(〃▽〃) あらためて思うに、二次元から出てきたような、アニメ造形なお顔。
(継続しておっかけなかったのは、2007年に小西克幸ファンになってアニメとBLに行っちゃったからだと思う)

 富豪刑事では下っ端刑事、デカレンジャーは子供番組の主役だから、裏も表もない男の役。つまり言ってることがそのまま素で、思ってることがそのままセリフになってる役だった。だから芝居も平板な感じがしていた。
 でも、この映画の跡部役は違う。言ってることとやってることが違う男。セリフがそのままの意味じゃない、ちょっと複雑な役だ。露骨に敵対行動のようで、実はそうでもない、根はまともでいいヤツ、のはずがちょっと変(^_^;)、がすべて同時に成り立ってるような。
 手塚の腕をつかむシーンとか、初めてリョーマを見るところとか、跡部のセリフと表情と動きを追って萌えながら読める。こんな細やかな表情の変化で演技してるんだと。原作の跡部がどんなやつだったかもう忘れちゃったけど。

1804271.jpg

 この映画は、原作とはあちこちお話が違うはず。2時間ちょいにまとめる都合、そういうものかと思う。
 だが、問題はそこじゃない。登場人物の中で中学生に見えるのはリョーマだけ。おまえら何年留年してんだよ(^_^;) アニメや舞台では気にならなかったけど、実写映像で見るとそこは隠せない嘘なのね(^_^;)
 お父さん役の岸谷五朗は良かったな。
 氷帝の練習シーンは、ほんとにボールを打ちあってて、テニスらしい絵でよかった。スポーツものの映画とか、実写では嘘がつけないことが多いのね。そこは監督のこだわりかと思う。


富豪刑事

 お片づけ中にちょっと見始めたら、結局全部見ちゃった(^_^;)

1804240.jpg

「富豪刑事」2005年放送

 デカレンジャーが終わったすぐ後くらいの放送だったかと。
 私は、デカレンジャーではレッドが好きだったんです。いつもは脇役好みなのに、珍しくこの年の戦隊は主役のレッドが好きだった。それで、デカレッドが焼畑署勤務と聞いて!

 主演は深田恭子。ぽわわんとしたかわいらしさが、大富豪のお嬢様設定で、庶民(警察署の人びと)から浮いた感じにぴったりで、深キョンのハマリ役といわれる。
 大富豪のお嬢様というと、私の貧困なイメージでは例えば「聖闘士星矢」の紗織お嬢様とか、「あしたのジョー」の葉子お嬢様とか、少女マンガだったらお蝶夫人とか姫川亜弓とか(^_^;)、上流階級のお嬢様のイメージてだいたいそんな感じだけど、神戸美和子(深田恭子)はそのいずれにも当てはまらない。スチルを見ると、きりっとした写真もあるので、高飛車で意識高い系なお嬢様案もあったかもしれないけど。
「たった5億円ぽっちのために、人を殺そうとするなんて」
 美和子のイラッとくる一言が、この作品のお約束(見せ場)かな(^_^;)
 さらに犯人に見当違いの説教して「違う違う」と言われていると、そこへ美和子付きの運転手が迎えに来て「失礼します」と現場を去る美和子。「こら〜勝手に帰るな〜」誰か(たいてい狐塚刑事)怒鳴っている、とここまでが毎週ラストシーンの様式美である。
 このドラマは深田恭子のために企画されたのかもしれないが、しかし深田恭子のドラマというわけでもない。毎回登場する悪役犯人俳優に意外なビッグネームの怪演とか、またレギュラーの焼畑刑事課の面々の手堅い演技とか。私は中でも西岡徳馬が毎週楽しみで仕方がなかった。
 話は毎回殺人事件で、美和子発案のおとり捜査?で右往左往する展開が面白く楽しかった。殺人事件でおもしろいという感想もちょっとあれだけど、おとり捜査で刑事さんたちがいろいろな役柄に扮するわけで、ラグビーコーチになったり、レストランやったり。同僚刑事役の面々の細かい活躍シーンも多い。
 秀逸なのはエンディング。ドラマチック感のある「愛のメモリー」が主題歌で、モノクロ静止画像で紹介される登場人物の写真が超いい。壁紙で配布するとか、ノンテロップエンディングとかあってもよかったのに。(なかった)
 さいねい龍二は、一番下っ端の刑事役で、美和子お嬢様から「気になる男性」として意識される役。特別何か大活躍するような立ち位置ではないけど、ときどき美和子お嬢様をタイミング良く救出に現れる。エンディングの写真もなんだかかわいくて、毎週エンディングで見るのも楽しみだった。この写真いいよねえ。

 第2期にあたる「富豪刑事デラックス」は、通しで見ると印象がちょっと違うかな。
 署内の美和子をとりまく人間関係は多少変化してるかもしれない。まわりの男刑事が露骨に敵意を向けてるかんじは、視聴者が見慣れたせいもあるかもしれないけど、あまりそこは目立たない。だいたいどの刑事も一度は美和子にデレるシーンがあったかも。一方、西島刑事との関係は途中から出てこなくなって、そのへんはどうなったかわからないまま終わった。
 二期の主題歌とエンディングは、あまりインパクトはなかったな。映像見直すまで曲忘れていたくらいだし。しかも深キョンしかでてこないのでつまらない。このドラマは深田恭子だけでもってるわけではないから。

 1年に何度か放送される二時間ドラマ(明智小五郎シリーズのような)にならないかな、と待っていたけど、とうとうなかったですね。

(再ハマリ中で、後日1話ずつ感想とか書いちゃう予定(^_^;) )

鉄拳7

 ようやく始めます(^_^;)
 なんかもう、私も歳だし、格ゲーやりたおして勝つ!みたいな気力体力はないけど、長年楽しんできた鉄拳ごっこくらいはまだやりますよ。

 私の「鉄拳」歴は、初代プレイステーションからで、同時にやおい同人もやっていて、当時はゲーマーのお友達もいて、鉄拳4あたりまではゲーセンにも行っていた。鉄拳同人を離脱後はおうちゲーマーなので、実は鉄拳5〜6のあたりは設定もお話もまったく覚えていない、つまりあまりやってない? 4以降の新キャラもあまりさわってなくて、今では名前も知らないキャラもいるわけです。
 そんな私が今更鉄拳とか、でもそういう通りすがりのライトゲーマーにも間口を広げてこそ、よいゲームだと思うので。

鉄拳7の物語
 このシリーズは、前作をひきついで物語が存在する。なんらかの事情で鉄拳トーナメントが開催され、それにファイターが集うのは、それは物語じゃなくて舞台設定です。鉄拳のお話は、キャラクターごとに大会参加の動機や事情があり、前作品からそれが継続しているのと、その一方で三島一族内の確執が世界観の軸であり、毎回何がしか語られて行く。
 今なっては、だいぶ設定とか様変わりしてるですね。
 しかし、鉄拳はそもそも物語を読ませるためのゲームではないから、シリーズが下るうちに出たり引っ込んだり行方不明になったり疑問もある。はっきりいってこんな後付け設定とか余計なものを(^_^;)とか思ったりもするけど、そもそも格ゲーはやるものなので(^_^;) キャラ造形や設定はアクセアリーくらいに思うようにしてる。気に入らなかったらそこはスキップして、知らなかったことに(^_^;) それで格ゲーやることにおいて支障ないから。

 今回鉄拳7もストーリーモードがある。
 過去の鉄拳の物語をおさらいしつつ、鉄拳7の世界を旅する?構成か。感想はもうちょっとやりこんでからね。
 あと、過去鉄拳のOPムービーがギャラリーに収録されているので、これを見て記憶の回復とか。

キャラクターのこととか
 もちろん昔からいるキャラには思い入れはあるけど、新顔にも注目。
 あれ?レイブン女体化してる?(^_^;)
 風間仁は相変わらずかっこいい。もちろんシリーズごとに多少顔かわったりしてるけど、演出とか総じてかっこいい。下手くそでごめん、でもこれからも使うわ。
 イケメン枠が増えましたな。ついつい蒼井翔太似はいないのかと探してしまったけど、はっきりいっていない! 仁をカスタマイズしてしょーたんにならんかな(無理)。レオを蒼井翔太風衣装とか髪形とかできないだろうか。
 シャ…なんとかというオリエンタル服のキャラかっこいいですな。見た目の話。
 女性キャラは相変わらず見分けがつかないが、カタリーナはちょっと気になったのは、iPad版だともっと太めでむっちりセクシーに見えたけど、PS4だとそうでもないのね。
 FFのノクトのお迎えはどうしたものか。あいつ武器もってるじゃん。それよりも北斗神拳や聖闘士や仮面ライダーが参戦するのはいつになるんだろうか?(๑╹ω╹๑ )

カスタマイズ
 すっかり恒例になったカスタマイズ。鉄拳のそれは、キャラの造形から組み立てるやつではなくて、鉄拳キャラの着せ替え。プレイしているうちにコインやアイテムが稼げる仕組みなので、しばらくやりまくる必要がある。

 それで、起動するたびに思うんだけど、このホーム画面の平八柄は変更できないだろうか。
 起動するたびにじーさんとにらめっこ、とか全然気分的に萌えん。
 人動かすものは煩悩だからのう。よーし!鉄拳今日もやるぜ!ヽ(^。^)ノ 自分の押しキャラとかにできないだろうか? 鉄拳7における平八の立ち位置はともかく、プレイヤーそれぞれに自分の主人公がいるでしょ?
1804150.jpg
↑iPadで画面を撮影したらこんな色に…

炊飯器の内蓋のゴムを交換する

象印 真空内釜圧力IH炊飯ジャー 極め炊き
NP-NB10

 この炊飯器を買ったのは、ブログの記録によると2010年11月だった。(この記事
 内蓋のパッキング部品(ゴム?シリコン?柔らかい部分)が硬化して、蒸気漏れになってるようなので、これを交換する。

 実は一度、3〜4年目くらいで内蓋は交換している。
 交換の動機というか目安は、「翌日の午後、残り御飯のすみっこが乾燥している」。歯にかちっとひっかかるのはもうだめ。交換。
 それで、前回はたまたま内蓋をまるごと交換したんですが、だいたい2000円くらい。でもシリコンだかゴム部品が劣化しかだけで、他はぴかぴかで、金属ごみとして捨てるとき、ちょっと心が痛みました。
 というわけで、今回は劣化したパッキング部品だけ交換します。

1804110.jpg


[More...]

キャプテン翼

TVアニメ「キャプテン翼」2018年放送

 感想文集。下に行くほど古い記事です。

(2018.4.11)第2回放送。これは毎週何か語りたいことは出てくるかも知れない(^_^;)
 子供の自治について。
 最初に登場したライバル、若林君。とても小学生とは思えない、かわいげのないガキ(^_^;) ほんとにこいつ小学生か?
 2週にわたって若林とのやりとりが続くが、中学生にも負けない実力。えらそーな態度。だがサッカーには真剣だから、翼との対決にも真剣。だから最後にグラウンドは石崎に明け渡す。フェアな勝負に勝つことに意味があるからだ。憎たらしいことをいろいろと言うが、勝負事にはまともなやつなのだ。スポーツで一番大事なことは公正。だから若林くんは敵だけど、強くてフェアだからかっこいいのである。
 このグラウンドの件だけど、こんなフェンスがあるようなサッカー場は市営か町営か、あるいは地元子供会のものだろうから、運営規則があるはずで、おまえら弱いからどけみたいな理屈が通るわけないから、この描写は変なのだ。でも、誰のものでもない空き地だったら、神社の境内とか、ドラえもんにでてくる空き地(ほんとは所有者がいるはずだが)とか、誰に遊ぶ権利があるかというとそれは早いもん勝ちだ。もめた場合は、子供同士で何かとりきめをすることになる。ときに不公平な結果になったしても。石崎と若林が最初にもめていたのはこれだ。
 私は、キャプテン翼を見始めたとき思ったのは「この作者は子供時代のことなんかをよく覚えてるなあ」だった。自分が大人になってすっかりあ忘れていたが、子供には子供同士の自治社会があるのだ。
 だからキャプテン翼の世界には、大人は口出ししない。翼のお父さんは普段家にいないし、翼はサッカー教室には行ってない。あとあと出てくるけど、若林君も両親は普段家にいない。
 そこで、ロベルト本郷。
 ブラジルナショナルチームに選抜されるような選手が、いきなり「ビバ!☆ツバサ」「オレを監督にしろ」と子供社会に割込んでくる。なぜ石崎と翼(子供)の承認だけで監督になれるのか?それは子供自治会なので、親や教師の承認は必要ないのである。
 コニタンのロベルト、ものすごくテンションたかーい(^_^;)「俺を信じろ!」とか言い出しそうな。あれ?こんな奴だったかな。原作どんなだったかもう全然忘れちゃったな(^_^;) 記憶にある田中秀幸ロベルトよりも、ちょっとやばいかも。来週ほんとに翼んちに来るのかしら?やばくない?ロベルトってたしかこの時28くらいのはずで、翼くんのお母さんはまだ30代でしょ。いくらやましいことがなくても、それはやっぱりだめな気がするわ。つづく。
 
(2018.4.9)
 第1話感想。第1話は、最初の土田プロ版と同じところで終わってる。完全リメイク?が狙いなのか? キャストも土田プロ版に寄せている印象だし。
 私がこのアニメを見る動機は、はっきりいってロベルト本郷(cv小西克幸)。コニタンが出演するアニメだから、最後までちゃんとは見ますよ。
 それで第1回を見て、自分の中でこだわっているC翼像がちょっとわかったような気がする。
 それは多分絵柄。私、思い出したんだけど、原作を知らないのにアニメの翼を見始めた動機は岡迫亘弘絵だった。ドカベンとか宇宙戦艦ヤマトとかで堪能した、あの絵。スポーツものって、意外に動かすのは難しいわけなのね。私が土田プロ版翼の小学生編DVDを買ったのは、4話に1回くらいのペースで岡迫絵が動くのが見られたからなのよ。
 私の中では、あの絵が翼絵の基準値になってしまっているので、リメイクは全部受け付けなかったのはあるかも。
 音楽も演出もなにかも、土田プロ版と比較して見てしまう。
 ちょっとつらい旅になりそうだけど、中の人についていくわ。配役は全体的に良いです。石崎とかびっくりするくらいよかった。他のキャラにも早く会いたい。つづく。

3D彼女 リアルガール

TVアニメ「3D彼女 リアルガール」2018年放送

 これも蒼井翔太の出演リストにあったので、予約録画。

 第1話感想。う〜ん。これはちょっとおばさんにはハードルが高い作品かも(^_^;)
 絵柄からいって、原作は女性向けのコミック? 高校生のお話だから、主な読者は高校生かそれ未満なのかな。男キャラが全然現実感がないので、やっぱり女の子の読む作品なのかな。男の子の一人称視点のお話だけど、誰にどこに共感すればいいのだ?
 素敵な髪形のヒロインちゃんかな???
 ださい外見の主人公男くんの誠意を受け止める、誠実な私。
 え〜でもこんなかわいくてオシャレなヒロインちゃんだと、私は感情移入しにくいな(^_^;) 美人は生まれつきで本人の責任じゃないけど、オシャレは本人の努力だからね。おしゃれに努力する女の子には、わし感情移入せんわ(^_^;)
 いやまて、主人公男くんにはこのようにかわいく見えてるだけで(恋の魔法)、実物はさほどでもないのかもしれない(^_^;)
 ま、深く考えずにとりあえず最後まで見ようぜ。
 蒼井翔太ボイスの役は、ケモミミの男の子。主人公くんのお友達。学校にケモミミってどういう子?(+_+)……やっぱりよくわからんのう。

 私、この登場人物、主人公男もケモミミくんも、全員女の子だったらしっくりくるかな、というのが第1話で感じた違和感の正体だと思う。そこが、若い人と年寄りの感じ方の違いなんだろう、つまり私にはわからないの(^_^;) とにかく見ましょう。つづく。

かくりよの宿飯

TVアニメ「かくりよの宿飯」2018年放送

 「デビルズライン」でも書いたけど、善良で平凡な女の子が非日常男にとらわれる、というのはわりとよくある形。なにしろ読者である女性のほとんどは、何も起きない日常を地道に暮しているのだ。学生だったらなおさら、学校の家の往復だけだ。そして世の中の大半の女子は、自分で自分をブスだとまで卑下しないけど、容姿には自信はない。その分、日々の努力で「心がけ」とか「勉学」とか「お料理」とか、自分磨きは怠らない。女主人公は、そんな一般的な読者像を反映していると思う。

 第1話感想。絵とかいろいろと不安。ヒロインはブスなのか美人なのか。育ちは幸せなのか不幸せなのか。あやかしたちは、怖いのか怖くないのか。恋愛ものなのか、グルメアニメなのか。
 私がこれを見る動機は、小西克幸ボイスの大旦那さまはあやかしの元締め?役、つまりボスキャラなので、どんな内容でも最後まで見るけど(^_^;) でもヒロインを怖がらせるほどに、怖い役でもないなあ。小西さんのこういう役をアニメで見るのは楽しみ。でも、わざわざ小西さんがやるのは、後々難しいシーンとか見せ場などがあるのかしら。
 第1回放送なので、怖すぎでホラーアニメ?と思われたら視聴者に逃げられそうだし、でもぬるめの絵なので、鬼のあやかしにさらわれて求婚されるインパクトが、いまいち弱い、のが残念な気持ちになる。うーん、若い人がみると、これで充分すぎるくらい怖いものなんでしょうか。あのキツネもふもふの若造は、主人公を怖がらせないためにこの姿にしたと言っていたが、最初のシーンだって全然怖くなかったですよ。予想だけどキツネもふもふ野郎は、実は大旦那様に命じられた身辺警護かな。つづく。

Caligula -カリギュラ-

TVアニメ「Caligula -カリギュラ-」2018年放送

 ゲーム原作のアニメ。ウィキでだいたいの設定とあらすじを読んだけど、内容が全然頭に入ってこない(^_^;) ペルソナのような異次元異世界バトル?みたいな作品、なんかもう食い飽きたかな〜。
 と思っていたんですが、第1話の感想。
 あれ?意外にいけるかも(^_^;) 設定や謎を少し見せつつ、まだ来週みないとわからないことも残していて、興味がひかれる。
 ゲームとアニメは違う。ゲームはどんなに話がつまらなくても、やって面白ければ(つまりシステムを遊ぶわけで)それは面白いゲーム。でもアニメは物語をみるものだから、先が見えてしまっても五里霧中てもつまらないし、何よりも見ているだけの人(私)の感情が動くか、だよね。

 それでこのアニメに留守録かけた動機だけど、蒼井翔太が出演するので。第1話でどこに出てきたか、一瞬わかりませんでした。おおおなんか上手くなったですね。ていうのはエクリプスのTVCMのナレーションでも思ったです。このあと、なんか大きい役がつくといいな。この声ならいいアニメになりそう。
(つづく)

デビルズライン

TVアニメ「デビルズライン」2018年放送

 主題歌が蒼井翔太なので見ることに。果たして面白いのか?
 私ももういい歳なんで、若い子と同じもの見て同じ感動はしません(^_^;) 何を見ても、ああ〜なんか大昔こういうの見たような……このあとこうなるだろう? 私ならこういう話が読みたかった、みたいなひねくれた見方してるかも。でもファンの義務として見るからね。

 放送第1回の感想。
 これ、少女マンガだったんだ(@o@)
 学校と家を往復するだけの生活をしている、ごくごく普通のヒロイン。誰にでもやさしく善良であること以外、特に変わったこともない普通の女の子が、突然巻き込まれる非日常。主人公は男の方かもしれないけど、お話は女の子目線で語られている。異性関係は、日常の隣人よりも、非日常の元凶男にひかれていく流れなのね。←突然キスシーンから入る。
 でも大事なのは設定よりも、誰に感情移入して共感できるかなのね。この後どうなるんだろう?という興味が最後まで続くといいな。
 
 作画がちょっとなんか不安かも……。原作絵は原作者にしか描けないものだから、それを下敷きにしたアニメ絵はいろいろと難しいものはあるんだろうなと想像するけど、キャラの見分け判別が覚えられるか私は自信がない。声がついてればだいじょうぶかな。
 OP絵は手書き感あって、私は好みのタイプだけど、蒼井翔太のMVの方がインパクトはあるかな(^_^;) もちろん主題歌CDは予約済み。
 OPは本編の設定や物語を暗示するような演出をするものなので、短いカットつなぎの中にいろいろと詰め込まれているんだろう。お話が進んでから見直すといろいろと気付かされることになるかも。(つづく)

ブログ内検索

カテゴリー

プロフィール

正岡

Author:正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ。
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

おともだちリンク

ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © 正岡